TOP建設中・計画中TOP東京都港区


白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)


白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)は、東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの5社が分譲する総戸数1247戸の超高層マンションです。 地上45階、地下1階、高さ156.1mの東棟と地上19階、地下1階の西棟で構成します。 建設地は東京都港区白金1丁目。 建築主は白金一丁目東部北地区市街地再開発組合、設計は梓設計、施工は大林組・長谷工コーポレーションJV。 2022年12月下旬に竣工し、2023年3月下旬に入居を開始する予定です。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

2021年9月5日撮影。



完成イメージ

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業

現地にて撮影。 再開発事業では東棟(地上45階)、西棟(地上19階)、低層棟(地上4階)を整備します。 全体の延べ面積は約134,941㎡。 東京建物など5社が住宅部分の一部を保留床として取得し分譲します。



配置図

SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

現地にて撮影。 東棟(地上45階)と西棟(地上19階)合わせて1247戸のうち770戸を一般に分譲します。 両棟の1~2階には、商業施設や子育て支援施設も整備します。 西側に配置する低層棟(地上4階)には医療施設などが入ります。 写真クリックで拡大画像を表示。



概要

名 称SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
事業名白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都港区白金一丁目1000番(地番)
東京都港区白金一丁目以下未定(住居表示)
最寄駅東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪」駅 徒歩3分
建築主白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
設計・監理株式会社 梓設計
施 工大林組・長谷工コーポレーション建設共同企業体
用 途共同住宅(1247戸)、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
区域面積地区計画区域面積:約1.8ha / 施行区域面積:約1.7ha
敷地面積11,087.01㎡
建築面積6,579.47㎡
延床面積134,997.82㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法直接基礎
階 数東棟:地上45階、地下1階/西棟:地上19階、地下1階/低層棟:地上4階、地下1階
高 さ東棟:156.10m(最高156.10m)/西棟:約70m/低層棟:約20m
着 工2019年8月1日(起工式:2019年7月26日)
竣 工2022年12月下旬予定
入 居2023年3月下旬予定
備 考 ◆事業関係者
参加組合員東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
コンサルタント佐藤不動産鑑定コンサルティング、上野計画事務所、嶋田公認会計士事務所、日本工営、イデア
事業協力者長谷工コーポレーション(事務局員の派遣、施設計画の企画・立案等)
◆事業経緯
2009年10月準備組合設立
2013年07月都市計画決定告示
2015年04月本組合設立認可
2018年03月権利変換計画認可
2019年08月着工
2023年03月竣工(予定)
◆SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)概要
売主東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
販売代理東京建物、長谷工アーベスト、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
販売復代理野村不動産ソリューションズ
総戸数1,247戸 (非分譲住戸477戸含む)
間取りstudio~4LDK
専有面積23.94㎡~147.10㎡
駐車場381台
管理会社長谷工コミュニティ、東京建物アメニティサポート
◆東京建物2019年7月29日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2021年9月14日

[再開発組合HPはこちら]  [マンションHPはこちら]



地図

建設地まで東京メトロ南北線と都営地下鉄三田線が共用する「白金高輪駅」から徒歩3分ほどです。



2021年9月撮影

SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

2021年9月5日撮影。白金高輪駅から都道415号線を北に進むと歩道橋があります。その歩道橋から古川橋方面を見ています。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その左手。かなり工事が進んでいました。まもなく上棟でしょうか。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

南西側から見た東棟(地上45階、高さ156.10m)。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

接近して見上げました。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その左手。建設地南側の様子。新設する遊歩道に面して商業施設が並ぶことになります。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

南側から見た東棟。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

「東京建物不動産販売」が2023年4月にオープンする予定とのこと。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

南西側から見た東棟。マンションの間取りはstudio~4LDK、専有面積は23.94㎡~147.10㎡を予定しています。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その左手。西棟と東棟の間の様子。ここには中央広場が出現します。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その左手。西棟(地上19階、高さ約70m)です。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その左手。こちらに進みます。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

南側から見た西棟。こちらの低層部にも商業施設が入ります。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その右手。東棟。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

左手。低層棟(地上4階、高さ約20m)です。医療施設などが入ります。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

南側から見た低層棟。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

南西側から見た建設地。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その右手。建設地南側。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

左手。低層棟。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

西側から見た建設地。「桜十字白金」のロゴが取り付けられていました。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

北西側から。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その右手。建設地西側の様子。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

建設地北側を古川が流れています。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その上方。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

北側から見た東棟と西棟。手前は首都高速2号目黒線の高架橋です。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

北東側からにある歩道橋から。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

古川橋から見た東棟。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

その右手。古川です。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)

東側から。2022年12月下旬に竣工し、2023年3月下旬に入居を開始する予定です。




SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)の建築計画のお知らせ

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ。完了予定が2023年3月31日から2023年1月31日に早まっていました。写真クリックで拡大画像を表示。



《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る