日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX神奈川県横浜市


神奈川県分庁舎


神奈川県は横浜市中区日本大通に所在する分庁舎を地上13階、地下1階、高さ59.92m、延べ面積12,053㎡の建物に建て替えます。 設計は石本建築事務所、施工は松尾・工藤・石井特定建設工事共同企業体。 2020年9月に完成する予定です。



神奈川県分庁舎

2019年4月28日撮影



完成イメージ

神奈川県庁分庁舎

現地にて2018年2月6日撮影。左が新分庁舎、右が本庁舎です。新分庁舎の12階には横浜三塔を見渡せるレストランが整備されます。横浜三塔とは、キングの塔(県庁本庁舎)、クイーンの塔(横浜税関)、ジャックの塔(横浜市開港記念会館)です。



立面図

神奈川県庁分庁舎

現地にて2018年2月6日撮影



配置図

神奈川県庁分庁舎

現地にて2018年2月6日撮影



概要

計画名神奈川県分庁舎
所在地神奈川県横浜市中区日本大通5-1
最寄駅みなとみらい線「日本大通り」駅
建築主神奈川県
設 計株式会社石本建築事務所
施 工松尾・工藤・石井特定建設工事共同企業体
用 途庁舎、店舗
敷地面積1,320.90㎡
建築面積1,001.18㎡
延床面積12,053.80㎡
構 造鉄骨造(CFT柱)、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
階 数地上13階、地下1階、塔屋1階 1棟
高 さ59.92m
着 工2017年5月
竣 工2020年9月予定

最終更新日:2019年5月12日



地図

建設地は、みなとみらい線・日本大通り駅の近くです。



2019年4月撮影

神奈川県分庁舎

2019年4月28日撮影。神奈川県本庁舎。1928(昭和3)年に竣工した建物を現在も使用しています。




神奈川県分庁舎

その向かい側に建設地があります。タワークレーンが設置されていました。




神奈川県分庁舎

ここには1955(昭和30)年に竣工した6階建ての分庁舎がありました。




神奈川県分庁舎

解体作業で想定外の問題があり、完成は当初計画より1年半ほど遅れる見込みです。




神奈川県分庁舎

仮囲いに透明な部分があります。




神奈川県分庁舎

内部の様子。現地の作業予定によれば、鉄骨工事や鉄筋型枠工事を進めています。




神奈川県分庁舎

仮囲いに掲示された完成イメージです。




神奈川県分庁舎

文字を加えました。




神奈川県分庁舎

分庁舎部分を拡大しました。




神奈川県分庁舎

低層部の完成イメージ。




神奈川県分庁舎の建築計画のお知らせ

前回撮影時に2019年3月31日だった完了予定が2020年9月30日に繰り延べられていました。建築面積も修正されています。写真クリックで拡大画像を表示。




神奈川県分庁舎

最後は、開港資料館前交差点付近(北側)から。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る