TOP建設中・計画中TOP神奈川県横浜市


神奈川県東庁舎(神奈川県分庁舎)


神奈川県は、横浜市中区日本大通に所在する分庁舎を地上13階、地下1階、高さ59.92m、延べ面積12,053㎡の高層ビルに建て替えました。 設計は石本建築事務所、施工は松尾・工藤・石井特定建設工事共同企業体。 2020年11月に竣工しました。 名称は2021年4月から「東庁舎」になります。




神奈川県分庁舎

2020年12月20日撮影。 県の福祉子どもみらい局と教育局の部署(職員約1,000人)が移転予定です。 一部は既に稼働しており、2021年4月から本格稼働します。 1階にはカフェ、12階には横浜港を一望できるレストランと一般利用ができるスペースが誕生します。



概要

名 称神奈川県東庁舎
計画名神奈川県分庁舎
所在地神奈川県横浜市中区日本大通5-1
最寄駅みなとみらい線「日本大通り」駅
建築主神奈川県
設 計株式会社石本建築事務所
施 工松尾・工藤・石井特定建設工事共同企業体
用 途庁舎、店舗
敷地面積1,320.90㎡
建築面積1,001.18㎡
延床面積12,053.80㎡
構 造鉄骨造(CFT柱)、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、免震構造
階 数地上13階、地下1階、塔屋1階
高 さ59.92m
着 工2017年5月
竣 工2020年11月

最終更新日:2021年2月26日



地図

みなとみらい線「日本大通り駅」の近くです。



2020年12月撮影

神奈川県分庁舎

2020年12月20日撮影。西側から見た建設地。2020年11月に竣工しました。




神奈川県分庁舎

向かい側に1928(昭和3)年10月に竣工した本庁舎があります。 規模は地上5階(塔屋は9階)、地下1階、軒高22.64m、塔高48.60mです。 このほか新庁舎(地上13階)や第2分庁舎(地上9階)もあります。




神奈川県分庁舎

北西側から。地震に備え、免震構造を採用しています。




神奈川県分庁舎

北側から。高層部のガラス張り部分は階段状になっています。




神奈川県分庁舎

離れると高層部の形状がよくわかります。




神奈川県分庁舎

象の鼻パークから。




神奈川県分庁舎

開港広場前交差点付近から。手前は開港広場公園です。北東側からになります。




神奈川県分庁舎

建設地の北側隣接地には横浜開港資料館があります。




神奈川県分庁舎

横浜開港資料館の前から見上げました。




神奈川県分庁舎

建設地東側には日本キリスト教会横浜海岸教会があります。




神奈川県分庁舎

その右手。




神奈川県分庁舎

日本キリスト教会横浜海岸教会と神奈川県分庁舎。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る