日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX神奈川県横浜市


神奈川県分庁舎


2018年7月撮影

神奈川県庁分庁舎

2018年7月21日撮影。神奈川県本庁舎は耐震補強工事が行われていてシートで覆われていました。




神奈川県庁分庁舎

その向かい側で分庁舎の建て替え工事が進められています。




神奈川県庁分庁舎

2019年3月完成にしては工事が進んでいないなと思っていたら…




神奈川県庁分庁舎

報道によれば、旧庁舎の取り壊し作業で想定外の問題が相次いだため、工事中断や工法変更を余儀なくされたそうです。 新築工事の着手が3カ月遅れの2017年6月中旬になり、完成は1年以上遅れ、2020年春以降になるとのこと。




神奈川県庁分庁舎

そんなわけで、現地では土工事が行われていました。




神奈川県庁分庁舎

その右手。




神奈川県庁分庁舎

その反対側です。少し歩けば海に出ます。




神奈川県庁分庁舎

建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。工期は変更されていませんでしたが、当サイトでは完成予定を2020年3月としています。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年2月撮影

神奈川県庁分庁舎

2018年2月6日撮影。神奈川県本庁舎。鉄骨鉄筋コンクリート造、地上5階(塔屋は9階)、地下1階、軒高22.64m、塔高48.60m。




神奈川県庁分庁舎

1928(昭和3)年10月に竣工した建物を現在も本庁舎として使用しています。愛称は「キングの塔」。このほか新庁舎(地上13階)や第2分庁舎(地上9階)もあります。




神奈川県庁分庁舎

その向かい側が建設地です。




神奈川県庁分庁舎

北西側から見た建設地。ここには1955(昭和30)年に竣工した6階建ての分庁舎がありました。築60年ほどで建て替えられることになりました。




神奈川県庁分庁舎

その右手の様子。




神奈川県庁分庁舎

南西側から見た建設地。現地の作業工程によれば仮設工事や障害撤去工事を行っています。




神奈川県庁分庁舎

その左手の様子。海方向です。




神奈川県庁分庁舎

建築計画のお知らせ。高さは59.92mです。写真クリックで拡大画像を表示。




神奈川県庁分庁舎

都市景観形成行為のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。




神奈川県庁分庁舎

現地で撮影した低層部の完成イメージです。




神奈川県庁分庁舎

現地で撮影した鳥瞰図。中央右に本庁舎が見えます。その右が新しい分庁舎です。そのほか本庁舎の左に新庁舎、そのさらに左に第2分庁舎が描かれています。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る