TOP建設中・計画中TOP東京都中央区


ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス


ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンスは、三菱地所レジデンスと鹿島建設が東京都中央区晴海2丁目に新設した地上49階、地下2階、高さ166.95m(最高高さ167.60m)、総戸数861戸の超高層分譲マンションです。 設計は三菱地所設計、施工は鹿島建設。 2016年4月に竣工しました。



ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

2016年11月26日撮影




ザ・パークハウス晴海タワーズ

「ザ・パークハウス晴海タワーズ」は、「クロノレジデンス」(左)と「ティアロレジデンス」(右)の2棟で構成されます。 先行して建設された「クロノレジデンス」は、地上49階、地下2階、高さ169.2m(最高高さ169.2m)、総戸数883戸。 2013年10月に竣工しました。 2棟合わせた総戸数は1744戸です。

◆「ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス」については→こちら



概要

名 称ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス
計画名(仮称)中央区晴海二丁目マンション計画(第2期/C2街区)
所在地東京都中央区晴海二丁目108、109番(地番)
最寄駅都営地下鉄 大江戸線「勝どき駅」徒歩13分
東京メトロ 有楽町線「月島駅」徒歩13分
建築主三菱地所レジデンス、鹿島建設
設 計三菱地所設計
施 工鹿島建設
用 途分譲住宅(861戸)
敷地面積14,956.52㎡
建築面積5,597.06㎡
延床面積98,325.90㎡
構 造鉄筋コンクリート造
階 数地上49階、地下2階、塔屋2階
高 さ166.95m(最高167.60m)
着 工2012年7月
竣 工2016年4月(2016年8月入居予定)
備 考 ◆売主:三菱地所レジデンス、鹿島建設
◆販売会社(取引態様):三菱地所レジデンス(売主・販売提携[代理])

最終更新日:2016年11月28日



地図



2016年11月撮影

ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

2016年11月26日撮影。「アーバンドックららぽーと豊洲」付近から。中央が「ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス」。右隣りには「パークタワー晴海」(地上48階・地下1階・高さ169.99m・最高高さ178.49m)が建設中です。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

「アーバンドックららぽーと豊洲」は、旧石川島播磨重工業(現・IHI)東京第一工場跡地に建設されました。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

造船所で使われていたクレーンなどがモニュメントとして残されています。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

モニュメントと「ティアロレジデンス」。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

「豊洲公園」付近から。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

「ガスの科学館」付近から。左端は「晴海大橋」。
「クロノレジデンス」は、地上49階、地下2階、高さ169.2m、最高169.2m。
「ティアロレジデンス」は、地上49階、地下2階、高さ166.95m、最高167.6m。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

ゆりかもめ「新豊洲駅」から。中央左はライブホール「豊洲PIT」。スタンディングで3103名、着席で1336名収容。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

「晴海大橋」から。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

ツインマンションですが外観は若干違います。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

右端に「アーバンドックららぽーと豊洲」が見えています。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

2棟合わせて1744戸。巨大ツインマンションです。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

「ティアロレジデンス」は、2016年4月に竣工し、2016年8月に入居が始まりました。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

南側から。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

「クロノレジデンス」と「ティアロレジデンス」。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

南東側から。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

東側から。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

北東側から。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

北東側から。




ザ・パークハウス晴海タワーズ・ティアロレジデンス

北側から。



《過去の写真はこちら》






ページの先頭へ戻る