TOP建設中・計画中INDEX神奈川県川崎市


川崎新!アリーナシティ・プロジェクト


DeNAと京浜急行電鉄は、京急川崎駅近くに、最大15,000人収容のメインアリーナと17階建て商業棟で構成する複合エンターテインメント施設を新設します。 商業棟にはライブホール(サブアリーナ)、フードホール、スパ、レストラン、ホテルなどを配置。 基本設計は久米設計。 2025年に着工し、2028年10月に開業する予定です。



完成イメージ

川崎新!アリーナシティ・プロジェクト

[DeNA2023年11月21日付ニュースリリースより引用]

メインアリーナでのイベント興行時の最大想定収容人数は15,000人規模となり、DeNA傘下のプロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」がホームアリーナとして2028-29シーズン(2028年10月開幕)より使用する際の最大収容可能人数については12,000人規模となる見込みです。

商業棟1~2階にはサブアリーナ兼ライブホールを設け、バスケットボール試合開催時の練習場としてだけでなく、最大2,000人規模の音楽ライブ等、様々なイベントを開催出来るスペースとする予定です。 商業棟およびメインアリーナの正面玄関(プラザ)は3階で、商業棟の4~6階もメインアリーナと接続する形式となり、3階のプラザを中心に、イベントや試合等の興行時にも利用可能なスペースとすることを計画しています。 3~8階にはスパ(温浴施設)やフードホールの設置も計画。10~17階がホテルおよびレストランとなり、屋上は様々な活用方法を検討しています。



概要

名 称川崎新!アリーナシティ・プロジェクト
所在地神奈川県川崎市川崎区駅前本町25-4ほか
最寄駅京急川崎駅
建築主株式会社ディー・エヌ・エー、京浜急行電鉄株式会社
設 計基本設計:株式会社久米設計
施 工
用 途アリーナ、マルチホール、フードホール、スパ、レストラン、ホテルなど
敷地面積約13,640㎡
建築面積
延床面積
構 造
基礎工法
階 数地上17階
高 さ
着 工2025年予定
竣 工
開 業2028年10月予定
備 考 ◆久米設計は、建築設計・監理、都市・地域計画、インテリアデザイン、土木・景観設計、環境設計、PM・CM・FM、企画支援、リノベーション、ソーシャルデザイン、各種コンサルティングほかを担当。
◆ボウルデザイン・UXデザイン:オーバーランド・パートナーズ(米)
◆外装デザイン:モロークスノキ建築設計(仏)
◆DeNA2023年11月21日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2023年11月22日

[公式サイトはこちら]



地図

建設地は「KANTOモータースクール川崎校」と「KDX川崎駅前本町ビル」の跡地です。 京急川崎駅側に商業棟、多摩川側にアリーナを配置します。






ページの先頭へ戻る