TOP建設中・計画中TOP神奈川県横須賀市


若松町1丁目地区第一種市街地再開発事業


若松町1丁目地区再開発準備組合(神奈川県横須賀市)は、京急・横須賀中央駅前において、店舗、ホテル、共同住宅(268戸)などで構成する地上33階、地下1階、高さ約127m、延べ面積46,915㎡の再開発ビルの建設を計画しています。 事業協力者は戸田建設。 2025年10月の着工、2028年7月の竣工を目指しています。

準備組合は2022年8月4日、神奈川県知事に本組合設立の認可を申請しました。 横須賀市役所などで2022年8月25日~9月8日の期間、事業計画書の縦覧を行い、順調に進めば秋ごろの本組合設立を見込んでいます。



概要

名 称若松町1丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地神奈川県横須賀市若松町1丁目地内
最寄駅京浜急行電鉄本線「横須賀中央」駅
建築主若松町1丁目地区再開発準備組合
設 計
施 工
用 途店舗、ホテル、共同住宅(268戸)など
敷地面積3,445㎡
建築面積2,950㎡
延床面積46,915㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
階 数地上33階、地下1階、塔屋1階
高 さ約127m
着 工2025年10月1日予定
竣 工2028年7月30日予定
備 考 ◆事業協力者:戸田建設
◆事業施工期間:2022年10月28日~2029年3月31日予定
◆日刊建設工業新聞2022年8月26日付記事は→こちら
◆横須賀市サイト(縦覧について)は→こちら
◆横須賀市サイト(若松町1丁目地区について)は→こちら

最終更新日:2022年8月26日



地図

事業地は横須賀中央駅の目の前に所在する商業施設「横須賀プライム」などが立つ区域です。 街区全体を再開発します。 「横須賀プライム」は横須賀中央駅とペデストリアンデッキで直結しています。 再開発ビルは地下に駐車場(157台)、1~4階に店舗など、5階に住宅共用室など、6~10階にホテル、11~33階に住宅(268戸)を配置する計画です。






ページの先頭へ戻る