TOP建設中・計画中TOP神奈川県川崎市


(仮称)京急川崎駅西口地区第一種市街地再開発事業


京急川崎駅西口市街地再開発準備組合(指定開発行為者:京浜急行電鉄)は、川崎市川崎区の京急川崎駅前西口地区に、オフィスや商業施設で構成する地上24階、地下1階、高さ約119m、延べ面積約83,000㎡の大規模複合施設を計画しています。 2025年度の着工、2028年度の完成を目指しています。

川崎市は、2022年10月28日から2022年12月12日まで、条例環境影響評価準備書及び要約書を縦覧します。→こちら



完成イメージ

(仮称)京急川崎駅西口地区第一種市街地再開発事業

[以下図面、川崎市HPより引用]

A-1街区(中央)に地上24階、地下1階、高さ約119m、延べ約83,000㎡の高層ビルを建設し、A-2街区(中央左)に地上11階、高さ約46m、延べ約2,170㎡の中層ビルを整備します。



配置図

(仮称)京急川崎駅西口地区第一種市街地再開発事業

A-1街区の建物は、ピット階に機械式駐車場、地下1階に駐車場、1~3階に店舗、4階にオフィススカイロビー、5~23階にオフィス、24階にラウンジや屋上テラスなどを計画しています。

A-2街区の建物は、ピット階に湧水槽、1階にエントランスや駐車場・駐輪場、2階に店舗、3~11階にオフィスを予定しています。

再開発事業では、歩道状空地(薄紅色)、通路・アプロ―チ・広場等(黄色)、通路・アプロ―チ(橙色)、車路(灰色)、緑地(緑色)も整備します。



概要

名 称(仮称)京急川崎駅西口地区第一種市街地再開発事業
所在地神奈川県川崎市川崎区駅前本町21番地ほか
最寄駅京急「京急川崎」駅
建築主京急川崎駅西口市街地再開発準備組合(指定開発行為者:京浜急行電鉄株式会社)
設 計
施 工
区域面積約13,460㎡
街区名A-1街区A-2街区合計
用 途業務、商業、駐車場等業務、商業、駐車場等合計
敷地面積約7,300㎡㎡約350㎡約7,650㎡
建築面積約4,290㎡約210㎡約4,500㎡
延床面積約83,000㎡約2,170㎡約85,170㎡
構 造鉄骨造(一部CFT造)、鉄筋コンクリート造
鉄骨鉄筋コンクリート造
鉄骨造
鉄筋コンクリート造
階 数地上24階、地下1階+機械式駐車場、塔屋1階地上11階、塔屋1階
高 さ約119m約46m
着 工2025年度予定
竣 工2028年度予定

最終更新日:2022年10月31日



地図

建設地は京急川崎駅隣接地です。JR川崎駅からは徒歩5分ほどです。








ページの先頭へ戻る