TOP建設中・計画中TOP神奈川県川崎市


(仮称)神奈川県川崎市多摩区登戸51街区計画


三井不動産レジデンシャルと小田急不動産は、向ヶ丘遊園駅前(川崎市多摩区登戸)に地上25階、高さ約79.98m(最高約89.98m)、総戸数241戸のタワーマンションを計画しています。 川崎市は2022年1月4日から同年2月17日までの期間、条例環境影響評価準備書を公開しました。 条例環境影響評価準備書は→こちら



位置図

(仮称)神奈川県川崎市多摩区登戸51街区計画

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

川崎市は向ヶ丘遊園駅や登戸駅の周囲で大規模な「登戸土地区画整理事業」を進めています。 その中の51街区に誕生します。



概要

名 称(仮称)神奈川県川崎市多摩区登戸51街区計画
所在地神奈川県川崎市多摩区登戸(登戸土地区画整理事業51街区)
最寄駅小田急「向ヶ丘遊園」駅
建築主三井不動産レジデンシャル株式会社、小田急不動産株式会社
設 計
施 工
用 途住宅、店舗等
敷地面積約3,450㎡
建築面積約1,460㎡
延床面積約25,290㎡
構 造RC造、一部S造
階 数地上25階
高 さ約79.98m(最高約89.98m)
着 工
竣 工

最終更新日:2022年2月14日



地図

向ヶ丘遊園駅北口前には2008年に完成した「アトラスタワー向ヶ丘遊園」があります。 同マンションは地上23階、高さ78.94m、総戸数241戸です。 その北西側に建設地があります。 ほぼ同じ高さのタワーマンションが並ぶことになりますね。 なお、「向ヶ丘遊園」は2002年に閉園していますが、駅名はそのまま残されています。 向ヶ丘遊園駅と遊園地はモノレールで結ばれていました。






ページの先頭へ戻る