TOP建設中・計画中INDEX埼玉県さいたま市


大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業


大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合(さいたま市)は2020年8月4日付で、東京建物、日本土地建物、大和ハウス工業の3社を参加組合員予定者に決定しました。 同組合はJR大宮駅西口近くに、商業、業務、住宅(約230戸)、駐車場からなる高さ約100m、延べ面積約85,000㎡のツインタワーを計画しています。 事業協力者は清水建設、総合コンサルタントは佐藤総合計画。 2020年度の組合設立認可、2021年度の権利変換計画認可を経て、2022年度の着工(解体工事含む)、2025年度の竣工を予定しています。



完成イメージ

大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

[以下2枚、2020年8月4日付ニュースリリース(PDF)より引用]

この完成イメージではオフィス棟は24階、住宅棟は26階ですが、まだ計画段階なので外観デザインも含め流動的です。



敷地イメージ

大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

低層部は商業施設となり、通り抜けができるようになります。



概要

事業名大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業
所在地さいたま市大宮区桜木町2丁目の一部
最寄駅JR・東武・埼玉新都市交通「大宮」駅
建築主大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
用 途商業、業務、住宅(約230戸)、駐車場
施工区域面積約1.5ha
敷地面積約9,500㎡
建築面積
延床面積約85,000㎡
構 造
階 数
高 さ約100m
着 工2022年度予定(解体工事含む)
竣 工2025年度予定
備 考 [事業関係者]
◆参加組合員予定者……東京建物(株)、日本土地建物(株)、大和ハウス工業(株)
◆総合コンサルタント…(株)佐藤総合計画
◆事業協力者……………清水建設(株)

◆2020年8月5日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年8月6日



地図

事業地東側では「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」が進行中です。 同事業については→こちら






ページの先頭へ戻る