TOP建設中・計画中TOP大阪府枚方市


枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業


大阪市枚方市において再開発を推進する枚方市駅周辺地区市街地再開発組合は、同地区第一種市街地再開発事業 第3工区に、店舗、事務所、ホテル、賃貸住宅(202戸)などで構成する地上29階、高さ126.65m、延べ面積約95,300㎡の超高層複合ビルを新設します。 特定業務代行者は大林組。 2024年度に竣工する予定です。

京阪ホールディングス、京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産の3社は2022年5月16日、第3工区の新築工事に着手したことを公表しました。 ニュースリリースは→こちら



完成イメージ

枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

[2022年5月16日付ニュースリリ-ス(PDF)より引用]

第3工区の完成イメージです。 中央左が地上26階、高さ126.65mの高層棟、右が地上29階、高さ109.00mの住宅棟になります。 両棟の左側に建設する地上10階、高さ46.20mの低層棟も見えます。 階高の関係から階数が少ない高層棟が住宅棟より高くなっています。 併せて駅前広場や区画道路、河川も整備します。 下記は京阪ホールディングス、京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産の3社が区分所有する第3工区の施設です。

◎1~4階の商業施設(約23,500㎡)/既存の鉄道高架施設と1~2階で接続
◎高層棟7~15階および低層棟5階のオフィス(約6,800㎡)
◎高層棟19~26階のホテル「カンデオホテルズ」(約5,800㎡)/客室139室
◎住宅棟5~29階の賃貸住宅(約10,600㎡)/1LDK(30㎡)~3LDK(80㎡)、202戸

「カンデオホテルズ」は客室139室のほか、宴会場、レストランを併設し、最上階には露天風呂付きの天空のスカイスパを設置します。 賃貸住宅には共用施設として、コンシェルジュが駐在するラウン」や、フィットネスルームを設ける予定です。



位置図

枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

[2021年2月10日付ニュースリリ-ス(PDF)より引用]

第1工区:地上_6階、高さ約25m、延べ約5,850㎡、店舗
第2工区:地上14階、高さ約45m、延べ約8,900㎡、店舗、住宅
第3工区:地上26階、高さ126.65m(高層棟)/地上29階、高さ109.00m(住宅棟)

商業施設が建つ第1工区は2022年2月に着工し、2023年12月末に竣工する予定です。 マンションと店舗が建つ第2工区は2022年4月に着工し、2024年1月末に竣工する予定です。 完成後に駅北側の駅前広場拡幅整備工事を進めます。

一般業務代行者はアール・アイ・エーと大和不動産鑑定コンソーシアム。 参加組合員は京阪ホールディングス、京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産、枚方信用金庫、北大阪商工会議所。 第1工区の設計は久米設計・イースペース設計共同企業体です。



現地の様子

枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

2021年10月4日撮影。東側から見た建設地。



概要

名 称枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業
所在地枚方市新町一丁目、岡本町及び岡東町 地内(地番)
最寄駅京阪「枚方市」駅
建築主枚方市駅周辺地区市街地再開発組合
開発区域面積22,276.37㎡
敷地面積22,266.90㎡
建築面積18,121.83㎡
工区名第1工区第2工区第3工区
設 計久米設計・イースペースJV
施 工コーナン建設・中道組JV大林組
用 途店舗店舗、住宅、駐車場店舗、事務所、ホテル、共同住宅(202戸)、駐車場
敷地面積約1,450㎡約4,950㎡約15,000㎡
建築面積
延床面積約5,850㎡約8,900㎡約95,300㎡
構 造S造RC造RC造、S造
階 数地上6階、地下1階地上14階地上29階
高 さ約25m約45m126.65m
着 工2022年2月予定2022年4月予定2021年9月下旬予定
竣 工2023年12月末予定2024年1月末予定2024年3月末予定
全体完成2025年度予定(再開発事業完了)
備 考 ※第3工区 地鎮祭:2022年1月

◆京阪ホールディングス2022年5月16日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆京阪ホールディングス2021年2月10日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆枚方市HPは→こちら
◆再開発組合HPは→こちら

最終更新日:2022年5月19日



地図

矢印は第3工区を示しています。 2018年12月に準備組合を設立し、2019年10月に都市計画決定しました。 2020年1月には枚方市駅周辺地域が都市再生緊急整備地域に指定されています。 同3月に再開発組合を設立し、2021年2月に権利変換計画が認可されています。



2021年10月撮影

枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

2021年10月4日撮影。枚方市駅東口から徒歩3分ほどの場所から見た建設地です。頭上は京阪交野線の高架橋です。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

高架橋を抜けたあたりから建設地を見ています。現地の標識によると、2021年9月下旬に着工しています。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

その右手。こちらに進みます。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

その先から建設地方面を見ると、遠くに完成間近の「関西医科大学タワー棟」が見えました。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

拡大しました。地上12階、高さ116.05mです。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

東側から見た建設地。 こちら側に地上29階、高さ109.00m、総戸数202戸の賃貸タワーマンションが建ちます。 間取りは1LDK(30㎡)~3LDK(80㎡)を予定しています。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

その奥に隣接して地上26階、高さ126.65mの高層棟が建ちます。 低層部に商業施設、中層部にオフィス、高層部にホテル(139室)を配置。 ホテル名は「カンデオホテルズ大阪枚方」でしょうか。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

その右手。天野川の土手です。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

その右手。天津橋があります。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

天津橋から北西方面を見ています。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

その左手。建設地方面です。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

建設地脇に戻りました。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

シートの低い場所から少しだけ内部が見えました。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

手を伸ばして撮った内部の様子。第3工区は2024年3月末に竣工する予定です。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

第3工区の開発事業及び予定建築物の概要標識です。影が入っていますね。写真クリックで拡大画像を表示。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

枚方市駅西口に移動しました。 駅前広場の北側で解体工事を進めていました。 このあたりは第2工区になります。 第2工区には地上14階、高さ約45m、延べ面積約8,900㎡の店舗付きマンションが建ちます。 第2工区は2022年4月に着工し、2024年1月末に竣工する予定です。




枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

その隣接地のこのあたりが第1工区になります。 第1工区には地上6階、高さ約25m、延べ面積約5,850㎡の商業施設が建ちます。 第1工区は2022年2月に着工し、2023年12月末に竣工する予定です。





ページの先頭へ戻る