TOP建設中・計画中TOP福岡県福岡市


(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画


ヒューリックは、福岡市中央区天神2丁目に所在するヒューリック福岡ビルを、ホテル、オフィス、商業施設などで構成する地上19階、地下1階、高さ約92m、延べ面積約20,963㎡の高層複合ビルに建て替えます。 設計は大成建設、施工は大成建設(予定)。 2022年8月に着工し、2024年9月に竣工する予定です。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

2021年11月4日撮影。北側から見た建設地。



完成イメージ

(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

[2021年10月1日付ニュースリリース(PDF)より引用]

北東側から見ています。 ヒューリックは、本計画に関して「天神ビッグバンボーナス」の認定を受けました。 「天神ビッグバンボーナス」とは、天神の魅力向上に資する一定の要件を満たす、魅力あるデザイン性に優れたビルへの建替えを認定し、それに応じてインセンティブを付与する制度です。



概要

名 称(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画
所在地福岡県福岡市中央区天神2丁目161(地番)
福岡県福岡市中央区天神2丁目8(住居表示)
最寄駅地下鉄空港線「天神」駅、西鉄「西鉄福岡(天神)」駅、地下鉄七隈線「天神南」駅
建築主ヒューリック株式会社
設 計大成建設株式会社
施 工大成建設株式会社(予定)
用 途ホテル、事務所、店舗、飲食店、駐車場
敷地面積1,451.74㎡
建築面積1,094.40㎡
延床面積20,963.07㎡
構 造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
階 数地上19階、地下3階、塔屋2階
高 さ約92m
着 工2022年8月1日予定
竣 工2024年9月予定
備 考 ◆2021年10月1日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2021年12月28日



地図

地下鉄空港線「天神駅」コンコース最寄りとなる箇所に立体広場を配置し、各交通機関や施設と立体的に結ぶ予定です。



2021年11月撮影

(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

2021年11月4日撮影。天神交差点から明治通りを西に進むと、左手に仮囲いが設置された建設地が姿を見せます。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

北側から見た建設地。「旧ヒューリック福岡ビル」は完全に姿を消し、地下躯体解体を進めていました。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

北西側から見た建設地。左側の白い建物は「福岡パルコ新館」です。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

「(仮称)ヒューリック福岡ビル解体工事」の工期は2020年10月1日~2021年8月31日でした。 「ヒューリック福岡ビル建替計画のうち既存建物地下解体工事」の工期は2021年8月31日~2022年9月30日です。 いずれも大成建設が施工しています。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

北東側から見た建設地。奥は「福岡朝日会館ビル」(地上14階)です。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

その右手。明治通り。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

左手。メルヘン通り。こちらに進みます。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

東側から見た建設地。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

メルヘン通りをさらに進むと新天町のアーケード商店街に吸い込まれます。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

南東側から。 ヒューリックは2021年10月1日、「(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画」の概要を発表しています。 新ビルは福岡市の再開発促進事業「天神ビッグバン」を活用し、地上19階、地下1階、高さ約92m、延べ面積約20,700㎡の高層ビルになります。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

発表された完成イメージを見ると、地下1階~地上2階が商業施設、3~8階がオフィス、9階より上がホテルになりそうですね。 ホテルのブランドは、ヒューリックが展開する高級路線の宿泊主体型直営ホテルブランド「THE GATE HOTEL(ザ・ゲートホテル)」になる見通しとのこと。 ホテル名は「THE GATE HOTEL 福岡」でしょうか。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

北東側から見た低層部のイメージです。新設する広場の天井は木質化する予定です。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

地上広場のイメージです。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

地下広場のイメージです。 地下鉄「天神駅」コンコース最寄りになる箇所に立体広場を配置し、天神の地下ネットワークと接続します。 博多駅や福岡空港からも地下鉄で雨に濡れずに来られるようになりますね。 2024年9月の完成を目指しています。




2020年10月撮影

(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

2020年10月1日撮影。 天神交差点から明治通りを西に進むと、左手に「ヒューリック福岡ビル」が姿を見せます。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

「ヒューリック福岡ビル」は地上9階、地下1階、高さ31m。1960年1月に「福岡富士ビル」として建設されました。




(仮称)ヒューリック福岡ビル建替計画

築60年ほどで解体されます。





ページの先頭へ戻る