TOP建設中・計画中TOP大阪府大阪市中央区


(仮称)御堂筋ダイビル建替計画


ダイビルは、御堂筋沿い(大阪市中央区南久宝寺町4丁目)に立地する御堂筋ダイビル(地上8階)を地上20階、地下1階、高さ97.32m、延べ面積約20,300㎡の店舗付きオフィスビルに建て替えます。 設計は日建設計、施工は大林組。 2021年12月中旬に着工し、2024年1月末に竣工する予定です。




御堂筋ダイビル建替計画

2021年3月23日撮影。2020年12月末で閉館した「御堂筋ダイビル」。2021年4月に解体工事に着手しています。



完成イメージ

御堂筋ダイビル建替計画

ダイビルHPより引用



概要

名 称(仮称)御堂筋ダイビル建替計画
所在地大阪府大阪市中央区南久宝寺町4丁目5番1(地番)
大阪府大阪市中央区南久宝寺町4丁目1-2(住居表示)
最寄駅Osaka Metro御堂筋線「本町」駅、Osaka Metro御堂筋線「心斎橋」駅
建築主ダイビル株式会社
設 計株式会社 日建設計
施 工株式会社 大林組
用 途事務所、物販店舗、飲食店舗、自動車車庫
敷地面積1,491.92㎡
建築面積1,101.88㎡
延床面積20,296.55㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
階 数地上20階、地下1階、塔屋1階
高 さ97.32m
着 工2021年12月中旬予定
竣 工2024年1月末予定

最終更新日:2021年8月11日



地図

建設地まで、Osaka Metro御堂筋線「本町駅」から徒歩3分、Osaka Metro御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩5分ほどです。



2021年3月撮影

御堂筋ダイビル建替計画

2021年3月23日撮影。 南東側から見た「御堂筋ダイビル」。 規模は鉄骨鉄筋コンクリート造、地上8階、地下3階、塔屋3階、延べ面積13,399㎡です。 自動車メーカー「マツダ」の前身「東洋工業」の大阪支社として、竹中工務店の設計・施工で1964年8月に建設されました。 その後、「ダイビル」のテナントビルとなり、2020年12月末で閉館しています。




御堂筋ダイビル建替計画

オフィスビル「イデア御堂筋」(地上9階)を挟み北側にホテル「ザ・ビー 大阪 御堂筋」(地上21階、高さ73.985m)が立っています。南側には「難波神社」があります。




御堂筋ダイビル建替計画

南東側から見上げました。2021年4月に大林組が解体工事に着手しています。




御堂筋ダイビル建替計画

その右手。新ビルの2階には「テナント専用ラウンジ」のほか、御堂筋の銀杏並木を臨む「緑化テラス」や「カフェ」を計画しています。




御堂筋ダイビル建替計画

北東側から。新ビルは2023年度に竣工する予定です。





ページの先頭へ戻る