TOP建設中・計画中TOP大阪府大阪市中央区


ブランズタワー大阪本町


ブランズタワー大阪本町は、東急不動産、大和ハウス工業、住友商事、コスモスイニシアの4社が大阪市中央区南本町2丁目に新設する地上43階、高さ144.11m、総戸数302戸の超高層分譲マンションです。 設計はIAO竹田設計、施工は竹中工務店。 2023年11月に竣工し、2024年3月下旬に入居を開始する予定です。




ブランズタワー大阪本町

2022年3月10日撮影。北東側から。



完成イメージ

ブランズタワー大阪本町

[2022年1月24日付ニュースリリース(PDF)より引用]
東急不動産とパナソニックは2022年1月24日、分譲マンション向けの冷凍・冷蔵宅配ボックスを開発し、本物件と「ブランズタワー谷町四丁目」に採用することを発表しました。日本初の取り組みとなります。 ニュースリリースは→こちら



立面図

ブランズタワー大阪本町

南立面図です。



配置図

ブランズタワー大阪本町

建設地南側が南本町通、西側が三休橋筋になります。



概要

名 称ブランズタワー大阪本町
計画名(仮称)大阪市中央区南本町2丁目集合住宅新築工事
所在地大阪府大阪市中央区南本町二丁目2番ほか(地番)
最寄駅Osaka Metro堺筋線・中央線「堺筋本町」駅
Osaka Metro御堂筋線・中央線「本町」駅
建築主東急不動産株式会社、大和ハウス工業株式会社、住友商事株式会社、株式会社コスモスイニシア
設計・監理株式会社 IAO竹田設計
施 工株式会社 竹中工務店
用 途共同住宅(分譲302戸)
敷地面積1,968.03㎡(HP:2,094.82㎡)
建築面積992.37㎡
延床面積32,681.45㎡
構 造鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、制振構造
基礎工法杭基礎
階 数地上43階
高 さ144.11m
着 工2021年1月31日予定
竣 工2023年11月予定
入 居2024年3月下旬予定
備 考 ◆売主……………東急不動産、大和ハウス工業、住友商事、コスモスイニシア
◆販売代理………東急不動産
◆総戸数…………302戸
◆間取り…………1LDK~3LDK+WIC
◆専有面積………40.57㎡~155.83㎡
◆駐車場…………124台(タワーパーキング)
◆管理会社………東急コミュニティー

最終更新日:2022年3月31日

[マンションHPはこちら]



地図

建設地は「ユーマンビルディング」(地上7階)や「GTC BUILDING」(地上6階)の跡地です。 Osaka Metro堺筋線・中央線「堺筋本町駅」から徒歩3分、Osaka Metro御堂筋線・中央線「本町駅」から徒歩4分ほどの場所になります。



2022年3月撮影

ブランズタワー大阪本町

2022年3月10日撮影。北西側から見ています。10階くらいまで立ち上がっているようです。これから43階まで成長します。




ブランズタワー大阪本町

建設地南側に「サンマリオンNBFタワー」(地上21階、高さ91.76m)があります。




ブランズタワー大阪本町

2ショット。




ブランズタワー大阪本町

南西側から。建物内に地震時のエネルギーを吸収する制振部材を配置した「制振構造」を採用しています。




ブランズタワー大阪本町

その左手。建設地西側。三休橋筋です。




ブランズタワー大阪本町

右手。建設地南側。南本町通です。




ブランズタワー大阪本町

南側から。共用施設として5階にフィットネスルーム、42階にバーカウンターを備えたスカイラウンジ、フォーカスルーム&ミーティングルーム、40㎡超のゲストルーム、スカイテラスを計画しています。なお、43階は設備スペースおよび避難用退避スペースとなります。




ブランズタワー大阪本町

南東側から。間取りは1LDK~3LDK、専有面積は40.57㎡~155.83㎡です。2022年3月28日の時点では、4,280万円~3億2,830万円で販売中でした。




ブランズタワー大阪本町

その左手。南本町通、西方面。




ブランズタワー大阪本町

東側から。手前はマンションとは無関係の駐車場です。




ブランズタワー大阪本町

北東側から。2023年11月に竣工し、2024年3月下旬に入居を開始する予定です。




ブランズタワー大阪本町の建築計画のお知らせ

「ブランズタワー大阪本町」の建築計画のお知らせ。 前回撮影時に145.00mだった高さが144.11mに変更されたほか、面積関係が修正されていました。 未定だった施工者は竹中工務店に決定しています。 写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る