TOP建設中・計画中INDEX兵庫県神戸市


ベイシティタワーズ神戸 EAST


ベイシティタワーズ神戸 EASTは、住友不動産と関電不動産開発が神戸市中央区新港町に新設する地上27階、地下1階、高さ99.99m、総戸数344戸の分譲タワーマンションです。 設計・施工は前田建設工業。 2025年2月中旬に竣工し、7月下旬に入居を開始する予定です。




ベイシティタワーズ神戸

2023年9月3日撮影。北東側より見た建設地。



「新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業」完成イメージ

ベイシティタワーズ神戸

[以下2枚、2020年11月26日付ニュースリリース(PDF)より引用]

名称棟名階数延床面積開業/入居
1神戸ポートミュージアム文化施設棟47,283㎡2021年10月29日開業
2STAGE FELISSIMO業務商業棟88,548㎡2021年01月18日開業
3GLION Awa-s Building業務商業棟1011,365㎡2021年04月16日開業
4ベイシティタワーズ神戸 WEST(図左)住宅棟2736,959㎡2023年4月下旬入居予定
4ベイシティタワーズ神戸 EAST(図右)住宅棟2736,970㎡2025年7月下旬入居予定
5神戸新港町駐車場(タイムズ神戸新港町)駐車場棟611,935㎡2021年2月完成



「新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業」配置図

ベイシティタワーズ神戸 WEST

①「神戸ポートミュージアム」はアクアリウム、フードホール、ブライダルデスクで構成する複合文化施設です。2021年10月29日に開業しました。

②「STAGE FELISSIMO」(ステージ・フェリシモ)はフェリシモの本社ビルで、一般利用可能なホールやミュージアム、飲食スペースなどの施設も備えます。2021年1月18日に供用を開始し、「フェリシモ チョコレート ミュージアム」は10月22日に一般公開を開始しました。

③「GLION Awa-s Building」(ジーライオンアワーズビル)はGLIONグループの新本社ビルです。BMW等のショールームやミュージアムも擁します。2021年4月16日に供用を開始しました。

④ 左が「ベイシティタワーズ神戸 WEST」(346戸)、右が「ベイシティタワーズ神戸 EAST」(344戸)です。全体計画戸数は690戸になります。低層階にはカフェなどを誘致する予定です。

⑤ 502台を収容する自走式駐車場で「タイムズ神戸新港町」の名称でオープンしています。




全体概要

事業名称新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業
事業期間2019年5月~2024年5月予定(当初)
所在地兵庫県神戸市中央区新港町71ほか
区域面積約35,000㎡
延床面積約112,000㎡
備 考 国土交通省は都市再生特別措置法の規定にもとづき、民間都市再生事業計画「新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業」について認定しています。 2018年10月23日付報道発表資料は→こちら



ベイシティタワーズ神戸 EAST 概要

名 称ベイシティタワーズ神戸 EAST
計画名(仮称)三宮新港町計画
新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業
所在地兵庫県神戸市中央区新港町71番1(地番)
兵庫県神戸市中央区新港町(住居表示)
最寄駅神戸地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前」駅、神戸新交通・ポートアイランド線「貿易センター」駅
建築主住友不動産株式会社、関電不動産開発株式会社
設 計前田建設工業株式会社 一級建築士事務所
施 工前田建設工業株式会社 関西支店
用 途共同住宅(344戸)、一部店舗
敷地面積5,300.01㎡
建築面積1,744.27㎡
延床面積36,970.23㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部 鉄骨造
基礎工法杭基礎
階 数地上27階、地下1階、塔屋1階
高 さ99.99m(神戸市資料:約101m)
着 工2020年5月15日
竣 工2025年2月中旬予定
入 居2025年7月下旬予定
備 考 ◆売主……………住友不動産株式会社、関電不動産開発株式会社
◆販売会社………住友不動産株式会社
◆総戸数…………353戸
◆間取り…………1LD・K~3LD・K
◆専有面積………38.61㎡~116.04㎡
◆駐車場…………134台、ほか3台
◆管理会社………住友不動産建物サービス株式会社

◆ベイシティタワーズ神戸 WESTについては→こちら
◆2020年11月26日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2023年9月21日

[公式サイトはこちら]



地図

「ベイシティタワーズ神戸 EAST」建設地まで、旧居留地・大丸前駅や貿易センター駅より徒歩12分、元町駅や三ノ宮駅などより徒歩14~17分ほどです。



2023年9月3日撮影(WEST/EAST共通)

ベイシティタワーズ神戸

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

①の地点(メリケンパーク)よりスタートします。




ベイシティタワーズ神戸

①の地点より「ベイシティタワーズ神戸 WEST」(以下、WEST)方面を見ています。




ベイシティタワーズ神戸

拡大しました。WESTは2023年1月10日に竣工しています。




ベイシティタワーズ神戸

②の地点に移動しました。




ベイシティタワーズ神戸

②の地点よりWESTを見ています。手前の高架道路は浜手バイパスです。




ベイシティタワーズ神戸

その右下。ここは京橋の上です。




ベイシティタワーズ神戸

その右手。メリケンパーク方面です。




ベイシティタワーズ神戸

WESTは地上27階、地下1階、高さ99.99m、総戸数346戸。1~2階には店舗が入る予定ですが、まだ空いているようです。




ベイシティタワーズ神戸

共用施設として、1階にラウンジ、2階にフィットネスルーム、3階にテレワークラウンジ、20階にスカイラウンジ・パーティルーム(集会室)及びゲストルームを設けています。




ベイシティタワーズ神戸

2023年9月20日の時点では、2LD・K~3LD・K(54.66㎡~104.45㎡)を5,500万円~27,000万円で販売中でした。




ベイシティタワーズ神戸

③の地点に移動しました。




ベイシティタワーズ神戸

③の地点より見たWEST。




ベイシティタワーズ神戸

その右手。2021年10月29日に開業した「神戸ポートミュージアム」があります。アクアリウム、フードホール、ブライダルデスクで構成しています。




ベイシティタワーズ神戸

その西側では「ラ スイート ルパンビル」の新築工事が進行中でした。地上4階、高さ約15mの店舗が建つもようです。




ベイシティタワーズ神戸

「神戸ポートミュージアム」の東側には、フェリシモの本社ビル「ステージ・フェリシモ」(STAGE FELISSIMO/地上8階)があります。2021年1月18日に供用を開始しています。




ベイシティタワーズ神戸

「ステージ・フェリシモ」内にある「フェリシモ チョコレート ミュージアム」は、2021年10月22日に一般公開を開始しています。




ベイシティタワーズ神戸

「ステージ・フェリシモ」前より見たWEST。歩行者デッキも出現しています。




ベイシティタワーズ神戸

その右手。WESTの東側には、GLIONグループの本社ビル「ジーライオンアワーズビル」(GLION Awa-s Building/地上10階)があります。




ベイシティタワーズ神戸

南東側より見たWEST。




ベイシティタワーズ神戸

その右手。「ジーライオンアワーズビル」は2021年4月16日に供用を開始しています。




ベイシティタワーズ神戸

その東側に「ベイシティタワーズ神戸 EAST」(以下、EAST)建設地があります。躯体が立ち上がり始めていました。




ベイシティタワーズ神戸

④の地点に移動しました。




ベイシティタワーズ神戸

④の地点より見たEAST建設地。地上27階、地下1階、高さ99.99m、総戸数344戸です。




ベイシティタワーズ神戸

その左手。建設地南側の様子。




ベイシティタワーズ神戸

右手。建設地東側になります。




ベイシティタワーズ神戸

④の地点の南側にある第2突堤では「(仮称)神戸アリーナプロジェクト」が進行中でした。約10,000人を収容するアリーナが、2025年4月に開業する予定です。




ベイシティタワーズ神戸

⑤の地点に移動しました。




ベイシティタワーズ神戸

⑤の地点より見たEAST建設地。間取りは1LD・K~3LD・K、専有面積は38.61㎡~116.04㎡です。




ベイシティタワーズ神戸

その左手。建設地東側。




ベイシティタワーズ神戸

右手。建設地北側。こちらに進みます。




ベイシティタワーズ神戸

北西側より見たEAST建設地。2023年12月上旬に販売を開始する予定です。




ベイシティタワーズ神戸

その左手。




ベイシティタワーズ神戸

右手。502台を収容する自走式駐車場「タイムズ神戸新港町」があります。




ベイシティタワーズ神戸

EASTは2025年2月中旬に竣工し、7月下旬に入居を開始する予定です。




ベイシティタワーズ神戸の建築計画のお知らせ

「ベイシティタワーズ神戸 EAST」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》

《ベイシティタワーズ神戸 WESTについてはこちら》




ページの先頭へ戻る