TOP建設中・計画中TOP北海道札幌市


D-LIFEPLACE 札幌(旧・札幌第一生命ビルディング建替計画)


D-LIFEPLACE札幌は、第一生命保険が札幌市中央区北3条西4丁目に所在した札幌第一生命ビルの跡地に新設する地上13階、地下1階、高さ58.39m、延べ面積約15,840㎡のオフィスビルです。 低層部には店舗も配置。 設計は竹中工務店、施工は竹中工務店・岩田地崎建設・伊藤組土建JV。 2021年12月に着工しました。 2023年5月に竣工する予定です。



完成イメージ

D-LIFEPLACE 札幌(旧・札幌第一生命ビルディング建替計画)

[以下図面、2021年12月6日付ニュースリリース(PDF)より引用]

本プロジェクトは、建築オーナーの「第一生命」、設計施工者の「竹中工務店」、エリアマネジメント組織の「札幌駅前通まちづくり株式会社」が一体となって推進しています。




D-LIFEPLACE 札幌(旧・札幌第一生命ビルディング建替計画)

冬季の外観イメージです。 地下1階~地上1階に店舗3区画を設け、2階~13階に総貸室面積約3,300坪のオフィスを整備します。 基準階1フロア当り貸室面積は約280坪(3階~13階)とし、天井高は2.8mを確保。 高層階の共用部にはオープンな設えの階段と一体となった明るく開放的なリフレッシュスペースを用意します。




D-LIFEPLACE 札幌(旧・札幌第一生命ビルディング建替計画)

チ・カ・ホ(札幌駅前通地下歩行空間)接続部側のオープンスペース内観イメージです。 地下(チ・カ・ホ)と地上(札幌駅前通)をつなぎ、自然の温もりと人々の活力が感じられる、地域に開かれたオープンスペース(屋内広場)を創出し、活用していきます。



現地の様子

D-LIFEPLACE 札幌(旧・札幌第一生命ビルディング建替計画)

2021年6月27日撮影。北東側から見た建設地。既存建物を解体していました。



概要

計画名D-LIFEPLACE 札幌(旧・札幌第一生命ビルディング建替計画)
所在地北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-4(地番)
北海道札幌市中央区北3条西4丁目(住居表示)
最寄駅地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ」駅、JR「札幌」駅
建築主第一生命保険株式会社
設 計株式会社 竹中工務店
施 工竹中・岩田地崎・伊藤共同企業体
用 途事務所、店舗
敷地面積1,265.64㎡(1,254㎡)
建築面積1,166.48㎡
延床面積15,761.40㎡(約15,840㎡)
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート、鉄筋コンクリート造
階 数地上13階、地下1階
高 さ58.39m(軒高:57.69m)
着 工2021年11月
竣 工2023年5月31日予定
備 考 ◆2021年12月6日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2021年12月7日



地図

建設地までJR「札幌駅」より徒歩4分、地下鉄「さっぽろ駅」より徒歩1分ほどです。



2021年6月撮影

札幌第一生命ビル計画

2021年6月27~28日撮影。北西側から見た建設地。旧「札幌第一生命ビル」は地上9階、地下1階、延べ面積11,500㎡でした。




札幌第一生命ビル計画

北側から。1957年竣工なので、築60数年で姿を消しています。




札幌第一生命ビル計画

その右手。「日本生命札幌ビル」(地上23階、高さ99.879m)があります。




札幌第一生命ビル計画

左手。札幌駅前通方面。




札幌第一生命ビル計画

北東側から見た建設地。竹中・岩田地崎・伊藤解体工事共同企業体が解体撤去を進めていました。労災保険関係成立票の事業の期間は2020年12月1日~2021年12月31日です。




札幌第一生命ビル計画

その右手。建設地北側。




札幌第一生命ビル計画

左手。建設地東側。札幌駅前通です。道路下には札幌駅前通地下広場「チ・カ・ホ」があります。当然、接続することになるでしょう。




札幌第一生命ビル計画

東側から見た建設地。2021年11月中旬に着工し、2023年5月末に竣工する予定です。




札幌第一生命ビル計画

最後はJRタワーから。矢印の場所です。





ページの先頭へ戻る