TOP建設中・計画中TOP神奈川県横浜市


ドレッセタワー新綱島(新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業)


ドレッセタワー新綱島は、東急が分譲する地上29階、地下2階、高さ99.90m、総戸数252戸のタワーマンションです。 建設地は横浜市港北区綱島東1丁目。 2022年度下期開業予定の東急新横浜線「新綱島駅」(仮称)と地下で直結します。 建築主は新綱島駅前地区市街地再開発組合、設計は東急設計コンサルタント、施工は東急建設。 マンションは2023年10月下旬に竣工し、2024年1月下旬に入居を開始する予定です。




ドレッセタワー新綱島

2021年7月25日撮影。西側から見た建設地。



完成イメージ

ドレッセタワー新綱島/新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

現地にて撮影。 新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業ではSouth棟(住宅)とNorth棟(商業)を建設します。 South棟は住宅主体で一部に商業施設も入ります。 North棟は1~3階が商業施設、4~5階が港北区の区民文化センター(約400人収容)になります。



位置図

ドレッセタワー新綱島/新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

現地にて撮影。 ピンク色の部分が再開発事業区域です。 再開発事業は、市が施行する新綱島駅周辺地区土地区画整理事業(施工面積約2.7ha)と一体的に進めています。 事業地内には相鉄・東急直通線の「新綱島駅」(仮称)も誕生します。

相鉄・東急直通線は、JR東海道貨物線「横浜羽沢駅」付近と東急東横線・目黒線「日吉駅」間に連絡線約10.0kmを新設し、この連絡線を利用して相鉄線と東急線が相互直通運転を行うものです。 新線区間には「羽沢駅」、「新横浜駅」、「新綱島駅」の3駅を設置します(新駅名は仮称)。 相鉄・東急直通線は2022年度下期の開業を目指しています。



全体概要

住宅名ドレッセタワー新綱島
事業名新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地神奈川県横浜市港北区綱島東1丁目813番1他(地番)
最寄駅東急東横線「綱島」駅 徒歩3分、東急新横浜線「新綱島」駅 徒歩1分
建築主新綱島駅前地区市街地再開発組合
設計・監理株式会社東急設計コンサルタント
施 工東急建設株式会社
用 途共同住宅(252戸)、商業・業務施設、公益施設(区民文化センター)、駐車場
施工面積0.6ha
敷地面積3,889.59㎡
建築面積2,712.77㎡
延床面積37,562.36㎡
構 造鉄筋コンクリート、一部鉄骨造
基礎工法杭基礎
階 数地上29階、地下2階
高 さ99.90m
着 工2020年10月初旬予定
竣 工2023年12月末日予定
備 考 [ドレッセタワー新綱島]
◆売主……………東急株式会社
◆販売代理………東急リバブル株式会社、東急ライフィア株式会社
◆総戸数…………252戸(非分譲住戸73戸含む)
◆総戸数…………他、店舗(区画未定)、事務所(区画未定)、公益施設1区画
◆間取り…………1LDK~4LDK
◆専有面積………44.88㎡~113.45㎡
◆駐車場…………South棟(住宅):機械式駐車場72台、平置1台(来客用)
◆竣工予定………2023年10月下旬予定
◆入居予定………2024年1月下旬予定

最終更新日:2021年9月29日

[マンションHPはこちら]



地図

建設地は東急東横線「綱島駅」から徒歩3分ほどの場所です。 2022年度下期開業予定の東急新横浜線「新綱島駅」とは地下で接続する予定です。



2021年7月撮影

ドレッセタワー新綱島

2021年7月25日撮影。綱島駅東口の様子です。




ドレッセタワー新綱島

駅から徒歩3分ほどで建設地に着きます。西側から見ています。




ドレッセタワー新綱島

その左手。綱島街道、日吉方面。




ドレッセタワー新綱島

右手。綱島交差点方面。




ドレッセタワー新綱島

「ドレッセタワー新綱島」建設地の北側では「(仮称)新水ビル新築工事」が進行中でした。 規模は地上12階、地下1階、高さ44.99m、延べ面積13,591㎡です。 建築主は新水、設計は板倉建築研究所、施工は西松建設。 1~4階は生活利便施設となり、4~12階には東急不動産と東急イーライフデザインが住宅型有料老人ホーム「グランクレール綱島」(104室)を設置します。 「グランクレール綱島」は2023年秋に開業する予定です。




ドレッセタワー新綱島

「ドレッセタワー新綱島」建設地では、杭工事や地盤改良工事、土工事を進めています。




ドレッセタワー新綱島

その左手。




ドレッセタワー新綱島

右手。こちらに進みます。




ドレッセタワー新綱島

現地の案内。写真クリックで拡大画像を表示。




ドレッセタワー新綱島

綱島交差点の北東角には「リビオ綱島」があります。この奥が建設地になります。




ドレッセタワー新綱島

その左手。建設地西側。




ドレッセタワー新綱島

右手。建設地南側。こちらに進みます。




ドレッセタワー新綱島

南側から見た建設地。 間取りは1LDK~4LDK、専有面積は44.88㎡~113.45㎡を予定。 共有施設としてロビーラウンジやコモンラウンジ、キッズスクエア、ゲストルーム(2室)、スカイラウンジ(21階)を計画しています。




ドレッセタワー新綱島

その左手。綱島交差点方面。




ドレッセタワー新綱島

右手。このあたりの地下に新綱島駅がつくられています。「ドレッセタワー新綱島」地下1階の「ステーションエントランス」からNorth棟(商業)を通り、駅の地下通路と接続することになります。




ドレッセタワー新綱島

建設地から100メートルほど南側を鶴見川が流れています。




ドレッセタワー新綱島

その左手。土手や河川敷には遊歩道が整備されています。




ドレッセタワー新綱島

右手。大綱橋方面。




ドレッセタワー新綱島

土手から見た建設地。「ドレッセタワー新綱島」は、2023年10月下旬に竣工し、2024年1月下旬に入居を開始する予定です。




ドレッセタワー新綱島の建築計画のお知らせ

「ドレッセタワー新綱島」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る