TOP建設中・計画中TOP大阪府大阪市北区


大阪梅田ツインタワーズ・サウス(阪神梅田本店)


大阪梅田ツインタワーズ・サウスは、阪神電気鉄道と阪急電鉄が大阪市北区梅田1丁目に新設する地上38階、地下3階、高さ188.9mの超高層複合ビルです。 開発業務は阪急阪神不動産が担当します。 設計・施工は竹中工務店。 2018年4月に地上13階、地下3階、高さ85mのⅠ期棟が竣工し、同年6月に阪神梅田本店が移転開業しました。 その後、大阪神ビルディング西側の解体を進め、2019年6月にⅡ期棟新築工事に着手。 百貨店ゾーンは2021年10月に先行開業し、2022年春に全体が開業する予定です。

エイチ・ツー・オー リテイリングは2021年9月22日、同年10月8日に阪神梅田本店建て替え先行オープンすることを発表しました。
プレスリリース①(PDF)は→こちら/ プレスリリース②(PDF)は→こちら



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

2021年4月20日撮影。Ⅰ期棟は2018年4月27日に竣工し、同年6月1日に阪神梅田本店が移転開業しています。



阪神梅田本店 配置図

大阪梅田ツインタワーズ・サウス

[エイチ・ツー・オー リテイリング2021年9月22日付ニュースリリースより引用]

2021年10月8日にⅡ期が先行開業し、同年12月に5階、7階、8階の残りが開業。2022年春には地下1階の阪神食品館が完成し、全館グランドオープンします。



完成イメージ

[阪神電気鉄道2018年4月9日付ニュースリリースより引用]

阪神百貨店梅田本店が入居していた「大阪神ビルディング」とオフィスビルの「新阪急ビル」を一体的に建て替えています。 全体が完成する2022年春には、阪急百貨店うめだ本店やオフィスが入る「梅田阪急ビル」を「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改称し、近接する両ビルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定です。



立面図

大阪梅田ツインタワーズ・サウス

東立面図。



配置図

大阪梅田ツインタワーズ・サウス

右下がⅠ期棟、左上がⅡ期棟になります。



フロア構成

[阪神電気鉄道2018年4月9日付ニュースリリースより引用]


11F-38Fオフィスゾーン(2022年春開業)
11Fカンファレンスゾーン(2022年春開業)
10F機械室
B2F-9F百貨店ゾーン(2018年6月1日部分開業/2021年10月8日Ⅱ期先行開業/2022年春全面開業)

オフィスゾーンは11~38階。 12階にはオフィスワーカーのための専用フロア「WELLCO」(ウェルコ)を設置し、11階のカンファレンスゾーンには多目的ホール「梅田サウスホール」を設けます。

13階には医療フロアを設けます。 その核施設として「兵庫医科大学 梅田健康医学クリニック」(約350坪/1,150㎡)を誘致し、「人間ドックエリア」のほか、「クリニックエリア」において保険診療を実施。 2022年秋頃に開設する予定です。 また、本クリニック以外にも、専門外来及び調剤薬局を設けます。 2021年3月24日付ニュースリリースは→こちら



概要

名 称大阪梅田ツインタワーズ・サウス
計画名梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画
所在地大阪市北区梅田1丁目1ほか(地番)
最寄駅阪神「梅田」駅、阪急「梅田」駅、JR「大阪」駅
地下鉄「梅田」駅、「東梅田」駅、「西梅田」駅
事業主阪神電気鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社
事業主代行阪急阪神不動産株式会社
設 計基本設計:株式会社日本設計/実施設計:株式会社竹中工務店
施 工株式会社竹中工務店
用 途百貨店、集会場、事務所、駐車場
敷地面積12,192.83㎡
建築面積10,348.95㎡
延床面積258,856.89㎡(容積対象面積:240,785.57㎡)
構 造鉄骨造(地下部:鉄骨鉄筋コンクリート造)、制震構造
基礎工法直接基礎(Ⅰ期棟の一部)、場所打ちコンクリート杭
階 数Ⅰ期棟:地上13階、地下3階  Ⅱ期棟:地上38階、地下3階
高 さⅠ期棟:85m  Ⅱ期棟:188.9m
着 工Ⅰ期棟:2015年7月21日  Ⅱ期棟:2019年6月1日
竣 工Ⅰ期棟:2018年4月27日  Ⅱ期棟:2022年3月下旬予定
開 業Ⅰ期棟:2018年6月1日(阪神百貨店一部開業)
Ⅱ期棟:2021年秋頃(阪神百貨店全面開業)/2022年春頃(オフィス部分開業)
備 考 [工程]
2014年10月1日………Ⅰ期工事 「新阪急ビル」解体工事着手
2015年2月18日………Ⅰ期工事 「大阪神ビルディング」東側解体工事着手
2015年7月21日………Ⅰ期工事着工
2018年4月27日………Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)

※※※ 新百貨店の部分開業(2018年6月1日) ※※※

2018年6月……………Ⅱ期工事 「大阪神ビルディング」西側解体工事着手
2019年6月1日………Ⅱ期工事着工
2021年秋頃……………Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)

※※※ 新百貨店の全面開業 ※※※

2022年春頃……………全体竣工

※※※ オフィス部分の開業 ※※※

◆公式HPは→こちら

最終更新日:2021年9月23日



地図



2021年4月撮影

大阪梅田ツインタワーズ・サウス

2021年4月20日撮影。まもなく最上部に到達するでしょうか。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

「梅田阪急ビル」(地上41階・高さ186.95m)。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」(地上38階・高さ188.9m)の完成と同時に「梅田阪急ビル」は「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改名することになります。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

低層部は「阪神梅田本店」です。右半分が2021年秋に開業するⅡ期部分となります。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

その上方。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

JR大阪駅の駅ビル「サウスゲートビルディング」(地上27階、高さ122.3m)。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」と「サウスゲートビルディング」。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

2022年春に全面開業します。




2021年3月撮影

大阪梅田ツインタワーズ・サウス

2021年3月23日撮影。南東側から見ています。手前はⅠ期棟(地上13階)です。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

東側から見たⅠ期棟です。地下2階~地上9階の百貨店ゾーンには「阪神梅田本店」が入っています。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

Ⅱ期棟はまもなく上棟でしょうか。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」(地上38階・高さ188.9m)と「梅田阪急ビル」(地上41階・高さ186.95m)。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

北東側から。 概ね低層部は左2/3がⅠ期棟、右1/3がⅡ期棟です。 阪神百貨店のⅡ期棟部分は2021年秋頃の開業を予定しています。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

その右上方。Ⅰ期棟上部(11階)のカンファレンスゾーンも工事中ですね。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

Ⅱ期棟の11~38階がオフィスゾーンとなります。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

北側から。オフィスエントランスを地下1階と地上1階に設け、オフィスロビーがある11階とは80人乗りのシャトルエレベータで結びます。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

北西側から。 12階にはオフィスワーカー専用フロア「WELLCO」(ウェルコ)が出現します。 カフェ、ラウンジ&ワークスペース、ウェルネスゾーン(フィットネスジム)を備え、コンシェルジュサービスを利用できる予定です。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

少し離れた場所から。Ⅰ期棟部分の11階にはカンファレンスゾーン「梅田サウスホール」がオープンし、12階には屋上広場を配置します。 「梅田サウスホール」は、大ホール(882㎡)と小ホール(180㎡)を持ち、MICEイベントやセミナー、商談会、展示会、パーティなど様々な用途に使用できる施設となります。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

西側からです。オフィスフロアは、ワンフロア約3,500㎡の無柱空間を実現。天井高は2.9mを確保します。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

南西側から。地震対策としては、揺れの低減を実現する先進の制震構造を採用します。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

南面の様子。オフィスフロアには、ダイキン工業本社、東洋紡本社、 Synfomix(日本触媒と三洋化成の統合会社)大阪本社、コンピューターマネージメント大阪本社の入居が明らかになっています。




大阪梅田ツインタワーズ・サウス

南側から。2022年春に全体が竣工し、オフィスゾーンやカンファレンスゾーンが稼働することになります。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る