TOP建設中・計画中INDEX神奈川県横浜市


横浜日本大通りプロジェクト


NTT都市開発は、横浜市中区日本大通のアーバンネット横浜ビル跡地に地上17階、地下2階、高さ60m、客室242室のホテルを新設します。 ホテルブランドはアスコット社(本社:シンガポール)がグローバルに展開する「Citadines(シタディーン)」に決定しました。 設計・施工は大成建設。 2020年3月に着工しました。 2023年4月に竣工し、同年夏に開業する予定です。




(仮称)アーバンネット横浜建替計画

2020年1月5日撮影。東側から見た建設地。



完成イメージ

(仮称)アーバンネット横浜建替計画

[NTT都市開発2020年3月19日付ニュースリリースより引用]


アスコット社は150施設以上の「Citadines(シタディーン)」をアジアパシフィック、中央アジア、ヨーロッパ、中東の80以上の都市で展開し、客室は27,000室以上を用意しています。 日本では、東京(新宿)に2施設、京都(烏丸五条)に1施設、大阪(なんば)に1施設を運営しています。



概要

計画名横浜日本大通りプロジェクト
所在地神奈川県横浜市中区日本大通5番2(地番)
最寄駅みなとみらい線「日本大通り」駅
建築主NTT都市開発株式会社
設 計大成建設株式会社
施 工大成建設株式会社
用 途ホテル(242室)、店舗(2区画)予定
敷地面積1,593.17㎡
建築面積1,202.06㎡
延床面積13,793.83㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
階 数地上17階、地下2階
高 さ60.0m
着 工2020年3月
竣 工2023年4月30日予定
開 業2023年夏予定
備 考 NTT都市開発2020年3月19日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2020年3月19日



地図

みなとみらい線・日本大通り駅と地下で直結する予定です。



2020年1月撮影

(仮称)アーバンネット横浜建替計画

2020年1月5日撮影。南西側から見た建設地。「アーバンネット横浜ビル」の地上部分は既に解体されています。




(仮称)アーバンネット横浜建替計画

南側から。現地の作業工程によれば、大成建設が地下部分の解体工事を進めています。左奥に、建設中の「神奈川県分庁舎」のタワークレーンが見えます。




(仮称)アーバンネット横浜建替計画

東側から。当初構想にあった住宅はなくなり、ホテルや店舗、駐車場で構成するビルが建ちます。




(仮称)アーバンネット横浜建替計画

北東側から。2020年3月に着工し、2023年4月に竣工する予定です。




(仮称)アーバンネット横浜建替計画の建築計画のお知らせ

横浜 日本大通りプロジェクト((仮称)アーバンネット横浜ビル建替え計画新築工事)の建築計画のお知らせ。高さは60.0mです。写真クリックで拡大画像を表示。



《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る