TOP建設中・計画中TOP福岡県福岡市


福岡大名プロジェクト(ザ・リッツ・カールトン福岡)


2021年11月撮影

福岡大名プロジェクト

2021年11月4日撮影。天神交差点から明治通りを西に進むと、前方に建設中のオフィス・ホテル棟が姿を見せます。




福岡大名プロジェクト

13~14階くらいまで立ち上がっているでしょうか。




福岡大名プロジェクト

25階建てなのでまだまだ成長します。




福岡大名プロジェクト

その左手。東側隣接地には「西鉄グランドホテル」があります。




福岡大名プロジェクト

北側から。単純な箱型ではない凝ったデザインのビルです。




福岡大名プロジェクト

北西側から。




福岡大名プロジェクト

その左手。明治通り、天神交差点方面。




福岡大名プロジェクト

右手。 「旧オンワード樫山福岡支店ビル」(地上6階、地下1階)の解体工事を安藤ハザマが進めていました。 工期は2021年3月9日~2021年12月28日です。 同ビルを取得している西日本鉄道(西鉄)は跡地利用について「福岡大名プロジェクト」とは切り離して考えていくそうです。




福岡大名プロジェクト

建設中のオフィス・ホテル棟と解体中の旧オンワード樫山福岡支店ビルです。




福岡大名プロジェクト

建設地南側に移動しました。スタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」として活用されている南校舎があります。




福岡大名プロジェクト

旧大名小学校のレンガ塀と門が保存されています。




福岡大名プロジェクト

案内板がありました。 鉄筋コンクリート造の南校舎が竣工した1929年(昭和4年)からあるレンガ塀と門を、移設し再整備を行ったそうです。 写真クリックで拡大画像を表示。




福岡大名プロジェクト

南校舎。




福岡大名プロジェクト

南校舎の奥に、建設中のコミュニティ棟を確認できました。




福岡大名プロジェクト

オフィス・ホテル棟は少しだけ見えました。

福岡大名プロジェクトの公共施設は2022年1月から順次供用を開始する予定で、2022年12月の竣工・全体供用開始、2022年度末のホテル開業を目指しています。







2020年9月撮影

旧大名小学校跡地活用事業

2020年9月30日撮影。天神駅から明治通りを西に進むと、左手に建設地が姿を見せます。




旧大名小学校跡地活用事業

北東側から。2019年7月に準備工事に着手し、同年12月に着工しています。




旧大名小学校跡地活用事業

北側から。躯体が立ち上がるまでもう少し時間がかかりそうですね。




旧大名小学校跡地活用事業

その左手。東側隣接地に「西鉄グランドホテル」があります。




旧大名小学校跡地活用事業

右手。「オンワード樫山福岡支店」があります。




旧大名小学校跡地活用事業

北西側から。目玉は、マリオット・インターナショナルの数あるブランドの中でも最高級クラスの「ザ・リッツ・カールトン」の進出ですね。




旧大名小学校跡地活用事業

福岡市が推進する「天神ビッグバン」の西のゲートとなります。




旧大名小学校跡地活用事業の福岡市旅館等設置規制指導要綱による標識

「(仮称)旧大名小学校跡地活用事業」の福岡市旅館等設置規制指導要綱による標識です。 ホテルの客室の配置などがわかります。 公共施設は2021年10月から順次供用を開始し、2022年12月の竣工・全体供用開始を目指しています。 写真クリックで拡大画像を表示。




旧大名小学校跡地活用事業

裏手にまわりました。「旧大名小学校」の南校舎は残されています。




旧大名小学校跡地活用事業

移設し再整備を行ったレンガ塀と門。




旧大名小学校跡地活用事業の建築計画のお知らせ

案内板です。写真クリックで拡大画像を表示。




旧大名小学校跡地活用事業

南校舎は改修され、2020年4月12日に官民共働型スタートアップ支援施設「FUKUOKA GROWTH NEXT(福岡グロースネクスト)」として蘇っています。




旧大名小学校跡地活用事業

略称は「FUKUOKA GROWTH NEXT」の頭文字をとって「fgn.」です。




旧大名小学校跡地活用事業

チームルームやシェアオフィス、コワーキングスペースを用意しています。HPは→こちら







2019年4月撮影

旧大名小学校跡地活用事業

2019年4月11日撮影。天神交差点から明治通りを西に進むと左手に「西鉄グランドホテル」が姿を見せます。




旧大名小学校跡地活用事業

その西側が建設地です。




旧大名小学校跡地活用事業

明治通りに面して立っていた「中央消防署大名出張所・大名公民館・老人いこいの家」や「福岡市立青年センター」は姿を消していました。




旧大名小学校跡地活用事業

その左手。




旧大名小学校跡地活用事業

右手。




旧大名小学校跡地活用事業

旧大名小学校の校舎が姿を現していました。オフィス・ホテル棟(地上24階・高さ約110m)は手前に建設されます。




旧大名小学校跡地活用事業

北西側から。




旧大名小学校跡地活用事業

建設地西側に大名公民館の出入口がありました。大名公民館は旧大名小学校講堂の跡地に仮設で造られています。




旧大名小学校跡地活用事業

出入口付近から見た内部の様子。解体工事はほぼ終わっているようです。




旧大名小学校跡地活用事業

仮囲いに福岡市が推進する「天神ビッグバン」の装飾がありました。




旧大名小学校跡地活用事業

移動しました。敷地南東側からです。旧大名小学校の校舎が残されています。




旧大名小学校跡地活用事業の建築計画のお知らせ

古賀工業が「旧大名小学校南棟校舎外壁改修その他工事」を進めていました。工期は2019年1月23日~2019年8月6日です。写真クリックで拡大画像を表示。




旧大名小学校跡地活用事業

南側から。校舎は大名小学校の歴史や文化の継承・記憶をとどめるギャラリーなどに活用される予定です。




旧大名小学校跡地活用事業

その右手。




旧大名小学校跡地活用事業

左手。




旧大名小学校跡地活用事業

南東側から。 旧大名小学校跡地活用事業は2022年12月頃の全体開業を目指しています。 なお、公共施設については2021年10月頃から順次、供用開始する予定です。 敷地西側に建つコミュニティ棟(地上11階・高さ約46m)が先に完成するものと思われます。







2018年1月撮影

2018年1月20日撮影。 「旧大名小学校講堂兼体育館及び福岡市立青年センターその他解体工事」を、まつい・大東和建設工事共同企業体が施工中でした。 左は「地下鉄換気塔」です。




その左手の様子。 「大名小学校」の門柱が残されていました。 「大名小学校」は1873年(明治6年)開校。 福岡市内で最も古い小学校のうちの一つだそうです。 2014年3月に児童数減少により閉校しました。 左側の建物は「中央消防署大名出張所・大名公民館・老人いこいの家」です。 この施設は事業地内の広場予定地に仮移転し、再開発ビル内に復活する予定です。




左側の門柱には「舞鶴小学校」とありました。 調べてみると、2011年度から2013年度までは統合校舎建設のため「大名小学校」に仮移転していたのでした。 その3年間は「大名小学校」と「舞鶴小学校」が同居していたということですね。 2014年度に「大名小学校、簀子小学校、舞鶴小学校、舞鶴中学校」が統合再編し「福岡市立舞鶴小中学校」が開校。 「舞鶴小学校」も閉校しています。




上の写真を拡大しました。存続する南校舎(地上3階・高さ16.648m)が見えます。


天神地区の航空法の高さ制限は長らく67mでした。 2014年11月及び2017年9月に高さ制限が緩和され、進行中の「天神ビジネスセンタープロジェクト」では高さ90mのビルが可能になりました。 「旧大名小学校跡地」は福岡空港からさらに遠いので、高さ制限はNTTコム福岡天神ビル屋上の鉄塔と同じ約115mです。 公募により高さ約110mの提案が選ばれました。


《福岡大名ガーデンシティ(ザ・リッツ・カールトン福岡)のトップページに戻る》







ページの先頭へ戻る