TOP建設中・計画中TOP熊本県熊本市


JR熊本駅ビル(アミュプラザくまもと/THE BLOSSOM KUMAMOTO)


JR熊本駅ビルは、JR九州が熊本駅隣接地(熊本市西区春日3丁目)に新設した地上12階、地下1階、高さ59.416m、延べ面積86,292㎡の駅ビルです。 商業施設「アミュプラザくまもと」とホテル「THE BLOSSOM KUMAMOTO」(ザ ブラッサム 熊本)で構成します。 設計は日建設計、施工は大林組。 2021年4月23日に開業しました。




熊本駅ビル(仮称)

2020年8月4日撮影




完成イメージ

熊本駅ビル

[JR九州2019年3月25日付ニュースリリース(PDF)より引用]
JR熊本駅ビルの1~8階(一部9階)に「アミュプラザくまもと」、9~12階にホテル「THE BLOSSOM KUMAMOTO」(ザ ブラッサム 熊本)を配置しています。 なお、熊本駅周囲にあるJR熊本白川ビル1~3階(ビックカメラ)や肥後よかモン市場(60店舗)、JR春日南ビル(8店舗)、JR熊本駅高架下北(6店舗)も「アミュプラザくまもと」の一部になります。

JR春日南ビルの8店舗のうち7店舗の飲食店については「駅から百八歩横丁」の名称で、2021年4月21日に開業しました。 2021年2月25日付ニュースリリース(PDF)は→こちら




フロア構成イメージ

熊本駅ビル

[JR九州2017年11月8日付ニュースリリース(PDF)より引用]

JR熊本駅ビルの「アミュプラザ」には、松竹マルチプレックスシアターズが運営するシネコン「熊本ピカデリー」や、ザ・フォレストテラスが運営する結婚式場「ザ・フォレストテラス熊本」など186テナントが出店します。

「THE BLOSSOM KUMAMOTO」は、客室203室のほか、レストラン・バー、大浴場、フィットネスルーム、駐車場を備えます。 「THE BLOSSOM」はJR九州ホテルズが展開する最上級ブランドで、熊本は東京、福岡に続き3か所目になります。




位置図&熊本駅白川口 外観イメージ

熊本駅ビル

[JR九州2018年12月21日付ニュースリリース(PDF)より引用]

(仮称)熊本駅ビル=JR熊本駅ビル、(仮称)熊本駅北ビル=JR熊本白川駅ビルです。 以下の順番に開業しました。

2018年3月17日:肥後よかモン市場
2019年2月01日:北立体駐車場(正式名:熊本駅第3駐車場/530台)
2020年3月10日:西立体駐車場(正式名:熊本駅第2駐車場/810台)
2021年3月05日:JR熊本白川ビル(ビックカメラ)
2021年4月21日:JR春日南ビル(駅から百八歩横丁)
2021年4月23日:JR熊本駅ビル/南立体駐車場(正式名:熊本駅第1駐車場/800台)




概要

名 称JR熊本駅ビル
計画名熊本駅ビル(仮称)
商業施設名アミュプラザくまもと
ホテル名THE BLOSSOM KUMAMOTO(ザ ブラッサム クマモト)
所在地熊本県熊本市西区春日3丁目
最寄駅JR「熊本」駅
建築主九州旅客鉄道株式会社
設計・監理株式会社日建設計
施 工株式会社大林組
用 途ホテル(203室)、結婚式場(多目的バンケット)、商業(シマネコンプレックス含む)
敷地面積19,945.97㎡(熊本駅周辺開発敷地面積:約70,000㎡)
建築面積13,869.09㎡
延床面積86,292.46㎡
構 造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
階 数地上12階、地下1階
高 さ59.416m(軒高55.566m)
着 工2019年4月(安全祈願祭:2019年3月28日)
竣 工2021年2月
開 業2021年4月23日
備 考 ◆駐車場台数:800台(駅周辺で全2,100台を確保)
◆店舗面積:39,000㎡
◆アミュプラザくまもと公式HPは→こちら

最終更新日:2021年9月23日




地図

2018年3月に、熊本駅周辺の豊肥本線及び鹿児島本線下り線の鉄道高架化が完了し、九州新幹線も含めて熊本駅は完全に高架駅になっています。




2020年8月撮影

熊本駅ビル(仮称)

2020年8月5日撮影。 JR熊本駅 白川口(東口)。 かなりシックな外観です。 熊本城の「武者返し」と呼ばれる石垣をイメージしたとのこと。 駅前広場はまだ工事中でした。




熊本駅ビル(仮称)

その目の前に「熊本駅ビル(仮称)」が姿を現していました。




熊本駅ビル(仮称)

駅前の歩行者デッキから見た「熊本駅ビル(仮称)」です。中央左下に路面電車(熊本市交通局)の「熊本駅前電停」が見えます。




熊本駅ビル(仮称)

その右手。 熊本駅です。 駅前広場整備工事の工期は2021年3月17日まで。 「熊本駅ビル(仮称)」の開業と同時期に完成しますね。




熊本駅ビル(仮称)

その右手。 左は建設中の「熊本駅北ビル(仮称)」(地上12階)です。ほぼ外観は完成しています。 右は「ザ・ニューホテル熊本」です。




熊本駅ビル(仮称)

その右手。「ザ・熊本タワー」(地上36階・高さ126.83m)がそびえています。熊本県で最も高い建物です。




熊本駅ビル(仮称)

その右手。左側の道路を進むと白川橋に至ります。




熊本駅ビル(仮称)

その右手。右奥は「東横イン熊本駅前」(地上27階、高さ88.15m)です。




熊本駅ビル(仮称)

北東側から見た「熊本駅ビル(仮称)」。




熊本駅ビル(仮称)

東側から。南北に細長い建物です。上部はホテル客室になります。




熊本駅ビル(仮称)

接近しました。左側はシートが外されています。




熊本駅ビル(仮称)

その右手。商業ゾーンが「アミュプラザくまもと」、ホテルが「THE BLOSSOM KUMAMOTO」(ザ ブラッサム クマモト)になります。




熊本駅ビル(仮称)

左手。10スクリーン約1,400席を備える「熊本ピカデリー」は、松竹マルチプレックスシアターズとして九州初となるシネコンになります。




熊本駅ビル(仮称)

「熊本駅ビル(仮称)」北側部分。2つの異なったデザインのバンケットを持つウェディング&レストラン「ザ・フォレストテラス熊本」も誕生します。




熊本駅ビル(仮称)

「熊本駅ビル(仮称)」南側部分。




熊本駅ビル(仮称)

その南側に「南立体駐車場」(熊本駅第1駐車場)を建設中でした。800台を収容します。




熊本駅ビル(仮称)

建設中の「南立体駐車場」と「熊本駅ビル(仮称)」




熊本駅ビル(仮称)

最後は「東横イン熊本駅前」からです。




熊本駅ビル(仮称)

ホテルの客室部分がよくわかります。「アミュプラザくまもと」や「THE BLOSSOM KUMAMOTO」(ザ ブラッサム クマモト)は、2021年春に開業する予定です。




熊本駅ビル(仮称)の建築計画のお知らせ

工事概要です。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る