TOP建設中・計画中TOP神奈川県横浜市


横濱ゲートタワー


横濱ゲートタワーは、鹿島建設、住友生命、三井住友海上の3社が横浜市西区の「みなとみらい21地区58街区」に新設する地上21階、地下1階、高さ108.01m(最高109.56m)、延べ面積83,730㎡の超高層ビルです。 賃貸オフィスを主体に、貸会議室、クリニック、保育所、プラネタリウムなどで構成します。 設計は鹿島建設、施工は鹿島・鉄建・小俣JV。 2021年9月末に竣工し、2022年3月にグランドオープンする予定です。




横濱ゲートタワー

2021年8月22日撮影



完成イメージ

(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト

[鹿島建設2019年4月3日付ニュースリリースより引用]

鹿島建設、住友生命、三井住友海上の3社で土地と建物を共有し、オフィスの一部は三井住友海上が自社利用します。 その他のオフィスフロアは賃貸します。 いすゞ自動車の本社が入ることが明らかになっています。

鹿島建設など3社は2021年7月14日、当プロジェクトにおいて横浜市と連携協定を締結し、横浜市の取組みを協働で推進することを発表しました。 横浜市が2018年1月に開設した、SDGsに取り組む中間支援組織「ヨコハマSDGsデザインセンター」を当ビルに移設する予定です。 ニュースリリース(PDF)は→こちら




立面図(南側)

横濱ゲートタワーの建築計画のお知らせ

以下3枚、現地にて撮影。軒高が97.110m、建物高さが108.010m、最高高さが109.560mであることがわかります。




立面図(西側)

横濱ゲートタワーの建築計画のお知らせ

建物の南西部にプラネタリウムを設けています。




配置図

横濱ゲートタワーの建築計画のお知らせ

上(北)が高層部、下(南)が低層部です。




概要図

(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト

[国土交通省2018年9月11日付記者発表資料(PDF)より引用]

国土交通省は2018年9月11日、都市再生特別措置法の規定に基づき、同年8月20日付けで鹿島建設、住友生命、三井住友海上から申請のあった民間都市再生事業計画((仮称)横濱ゲートタワープロジェクト)について認定しました。




概要

名 称横濱ゲートタワー
計画名(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト
所在地横浜市西区高島一丁目2番50ほか12筆(地番)
(みなとみらい21地区58街区)
最寄駅みなとみらい線「新高島」駅 徒歩1分、JR・私鉄等「横浜」駅 徒歩6分
建築主鹿島建設株式会社、住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険株式会社
設 計鹿島建設株式会社
施 工鹿島・鉄建・小俣建設共同企業体
用 途事務所、にぎわい施設、店舗、駐車場(196台)
敷地面積9,308.92㎡
建築面積6,153.08㎡
延床面積83,730.30㎡
構 造鉄骨造(制震構造)
階 数地上22階、地下1階、塔屋1階(ニュースリリースでは地上21階、地下1階)
高 さ108.01m(最高109.56m/軒高97.11m)
着 工2019年4月3日
竣 工2021年9月30日予定
開 業2022年3月グランドオープン予定
備 考 ◆鹿島建設2019年4月3日付ニュースリリースは→こちら
◆国土交通省2018年9月11日付記者発表は→こちら
◆横浜市2017年10月20日付記者発表資料(PDF)は→こちら
◆みなとみらいエリアマネジメントHPは→こちら

最終更新日:2021年8月25日




地図

建設地は、みなとみらい線・新高島駅(地下駅)に近接しています。




2021年8月撮影

横濱ゲートタワー

2021年8月22日撮影。「日産グローバル本社」の前から見ています。完成間近なので仕上げの段階ですね。




横濱ゲートタワー

北東側から。地震対策として制振構造を採用しています。




横濱ゲートタワー

北側から。横浜市は本ビルのオフィス賃貸事業を「企業立地促進条例」に基づき2021年3月31日付で認定しています。支援予定額は、助成金と税軽減額を合わせて39億6,084万円(概算)とのこと。




横濱ゲートタワー

写真左の「横浜三井ビルディング」(地上30階、高さ152.2m)と向き合っています。




横濱ゲートタワー

北西側から。1階に飲食・物販店舗、2階にプラネタリウムや保育所、3階にイノベーターズコミュニティラウンジ、インキュベートオフィス、カンファレンススクエア、アーバンテラス、4階にクリニック等、5~21階にオフィスを配置します。




横濱ゲートタワー

接近しました。5~15階に2022年5月頃、いすゞ自動車の本社が東京都品川区から移転する予定です。




横濱ゲートタワー

その左手。建設地北側の様子。




横濱ゲートタワー

右手。広場をつくっていました。奥に円形の施設があります。




横濱ゲートタワー

この施設の目玉となるプラネタリウムですね。




横濱ゲートタワー

西側から。賃貸オフィスの一部は三井住友海上が自社利用するほか、「ヨコハマSDGsデザインセンター」も入ります。




横濱ゲートタワー

西側低層部の様子。




横濱ゲートタワー

その左手。




横濱ゲートタワー

右手。プラネタリウム部分です。




横濱ゲートタワー

南西側から。




横濱ゲートタワー

低層部の様子。




横濱ゲートタワー

その左手。建設地西側の様子。




横濱ゲートタワー

右手。建設地南側の様子。




横濱ゲートタワー

南側から。2021年9月末に竣工し、2022年3月にグランドオープンする予定です。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る