日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX大阪府大阪市浪速区


星野リゾート OMO7 大阪新今宮


星野リゾートOMO7(おもせぶん)大阪新今宮は、星野リゾートが大阪市浪速区の新今宮駅隣接地に新設する地上14階、高さ70m、客室436室の都市観光ホテルです。 設計は日本設計、東環境・建築研究所、オンサイト計画設計事務所、岩田尚樹建築研究所、施工は竹中工務店・南海辰村建設JV。 2019年6月1日に着工し、2021年11月に竣工する予定で、2022年4月の開業を目指しています。



(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

2019年1月4日撮影。JR新今宮駅のホームから見た建設地。




立面図

(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

2019年1月4日撮影。 客室は個性的な7タイプを用意。 パブリックスペースとして、レストラン、カフェテリア、ショップ、ガーデンエリア、温浴棟が設けられます。




配置図

(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

2019年1月4日撮影。 「OMO」は、星のや、リゾナーレ、界に次ぐ星野リゾートの第4のブランドです。 コンセプトは「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」。 ビジネス客向けのサービスが中心だった従来の都市部のホテルではなく、観光客向けに特化したホテルとして誕生します。

OMO7大阪新今宮は、OMO7旭川(2018年4月開業)、OMO5東京大塚(2018年5月開業)に続くOMOブランド3施設目となります。




完成イメージ(当初)

浪速区恵美須西3丁目16番街区

[大阪市HPより引用]

大阪市は「浪速区恵美須西3丁目16番街区用地」の開発事業者プロポーザルにおける価格提案審査を実施し、2017年3月8日、事業予定者をミナミホテルマネジメント(ホテル運営・星野リゾート)に決定しました。 当初計画では地上20階、高さ約90m、延床面積48,160㎡、客室608室。 予定工期は2019年6月頃~2021年6月頃で、2022年3月頃の開業予定でした。




概要

名 称星野リゾート OMO7 大阪新今宮
計画名(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト
所在地大阪市浪速区恵美須西三丁目38番2(地番)
大阪市浪速区恵美須西三丁目16番以下未定(住居表示)
最寄駅JR・南海「新今宮」駅、地下鉄「動物園前」駅、阪堺電軌「新今宮駅前」駅
建築主株式会社ミナミホテルマネジメント
ホテル運営株式会社星野リゾート
設 計株式会社日本設計、東 環境・建築研究所、オンサイト計画設計事務所、岩田尚樹建築研究所
施 工竹中工務店・南海辰村建設共同企業体
用 途ホテル(436室)
敷地面積13,907.34㎡
建築面積7,648.33㎡
延床面積37,922.06㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法
階 数地上14階、塔屋2階
高 さ70.0m
着 工2019年6月1日(起工式:2019年5月28日)
竣 工2021年11月予定
開 業2022年4月予定
備 考◆2019年5月28日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年5月29日




地図

建設地はJR新今宮駅の北側です。通天閣や天王寺動物園が徒歩圏内にあります。




2019年1月撮影

(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

2019年1月4日撮影。南東側から見た建設地。更地です。




(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

北東側から。




(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

建設地南側の様子です。左はJR新今宮駅。




(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

南西側から。




(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

JR新今宮駅のホームから全景が見えます。




(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

その左手。




(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト

右手。中央左に通天閣が見えます。




(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクトの建築計画のお知らせ

写真クリックで拡大画像を表示。


当初計画と比較すると、地上階数が20階から14階に、高さが90mから70mに、延べ面積が48,160㎡から37,922㎡に縮小されました。 開業は当初計画とほぼ同じ2022年4月の予定です。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る