TOP建設中・計画中TOP北海道札幌市


ONE札幌ステーションタワー(札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業)


ONE札幌ステーションタワーは、札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合がJR札幌駅北口(札幌市北区北8条西1丁目)に新設する地上48階、地下2階、高さ175.2m、総戸数624戸の超高層分譲マンションです。 売主は大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPOの4社、設計は大成建設、施工は大成建設・伊藤組土建・スターツCAM共同企業体。 2023年12月に竣工し、2024年3月に入居を開始する予定です。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

2021年6月27日撮影。南西側から見た建設地。2021年8月3日にマンション名が発表されています。



完成イメージ

札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

[以下2枚、札幌市HPより引用]

札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業では、マンション主体のA棟(左)とホテル主体のB棟(右)を整備します。

A棟:地上48階、地下2階、高さ175.2m、住宅624戸、店舗、多目的ホール、事務所
B棟:地上14階、地下1階、高さ_50.7m、ホテル、店舗

A棟はJRタワー(地上38階、高さ173m)を抜き、北海道でもっとも高層の建物になります。



配置図

札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

[以下2枚、札幌市HPより引用]

宿泊部分がB棟、その他がA棟になります。 参加組合員は、住宅が大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPO、ホテルがスターツコーポレーション、事務所が東京建物です。



全体概要

事業名札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業
住宅名ONE札幌ステーションタワー
所在地札幌市北区北8条西1丁目1番1ほか(地番)
最寄駅JR「札幌」駅、札幌市営地下鉄「さっぽろ」駅
建築主札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合
設 計基本設計:株式会社 日本設計・株式会社ドーコン
実施設計:大成建設株式会社
監 理株式会社ドーコン
施 工大成建設・伊藤組土建・スターツCAM共同企業体
棟 名A棟B棟
用 途住宅、店舗、事務所、駐車場、多目的ホールホテル、店舗
敷地面積9,712.88㎡1,967.25㎡
建築面積6,982.88㎡1,419.77㎡
延床面積99,602.37㎡14,431.95㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
階 数地上48階、地下2階、塔屋2階地上14階、地下1階
高 さ175.20m(軒高166.20m)50.70m(軒高50.20m)
着 工2020年7月1日(起工式:2020年7月3日)
竣 工2023年12月31日予定
備 考 [ONE札幌ステーションタワー] 概要
◆売主……………大和ハウス工業(株)、住友不動産(株)、東急不動産(株)、(株)NIPPO
◆販売会社………大和ハウス工業(株)、住友不動産(株)、東急不動産(株)
◆所在地…………北海道札幌市北区北8条西1丁目3番
◆交通……………地下鉄東豊線「さっぽろ」駅16番出入口から徒歩2分
◆総戸数…………624戸(一般分譲対象外住戸82戸含む)
◆間取り…………1LDK~4LDK
◆専有面積………44.81㎡~227.99㎡
◆駐車場…………タワーパーキング368台、別途来客用2台
◆竣工予定………2023年12月
◆入居予定………2024年3月、2024年5月

◆再開発組合HPは→こちら
◆札幌市HPは→こちら

最終更新日:2021年8月5日

[マンションHPはこちら]



地図

建設地は札幌駅の北東側です。 地下通路で地下鉄東豊線「さっぽろ駅」と直結します。



2021年6月撮影

札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

2021年6月27日撮影。札幌第1合同庁舎(地上18階、高さ74m)。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その西側に建設中です。南東側から見ています。A棟の躯体が立ち上がり始めていました。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その右手。建設地南側、北8条通。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

左手。建設地西側、西2丁目通。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

西側から。A棟は高層棟(地上48階)、業務棟(地上4階)、駐車場(地上5階)で構成します。ここには高層棟が出現します。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

高層棟の1~3階に小劇場(約200席)を核とした商業・サービス施設を設け、4~48階に住宅624戸を配置します。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

北西側から。手前は業務棟建設地です。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その右手。建設地西側、西2丁目通。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

左手。建設地北側、北9条通。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

北側から見た業務棟建設地。事務所の参加組合員は東京建物です。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その左手。駐車場も立ち上がっていました。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

駐車場は5層6段です。早めに完成しそうですね。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その右手。業務棟建設地方面。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

仮囲いにマンションの案内がありました。写真クリックで拡大画像を表示。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

北東側から見た駐車場建設地。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その右手。建設地北側、北9条通。右は札幌市立北九条小学校です。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

左手。建設地東側は創成川通です。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

道路中央を創成川が流れています。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

東側から見た建設地。右が建設中の駐車場、左手前がB棟建設地です。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

建設地南東側に歩道橋があります。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

歩道橋から見た建設地。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

ホテルが入るB棟(地上14階)の工事はまだこれからですね。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その右手。建設地東側、創成川通。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

左手。建設地南側、北8条通。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

南側から見たB棟建設地。ホテルの参加組合員として参画するスターツコーポレーションは、2021年7月10日時点で、国内外でエミオン、ルミエールなど8軒のホテルを運営しています。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その左手。高層棟建設地。大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPOが分譲するマンションの総戸数は、一般分譲対象外住戸82戸を含み624戸です。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

南側から見た高層棟建設地。間取りは1LDK~4LDK、専有面積は44.81㎡~227.99㎡を予定しています。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

最後はJRタワーから。中央左より、

D'グラフォート札幌ステーションタワー(地上40階、高さ143.15m)
札幌第1合同庁舎(地上18階、高さ74m)
A棟建設地(地上48階、高さ175.20m)
B棟建設地(地上14階、高さ50.70m)

になります。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

その右手。右は、プレミスト札幌ターミナルタワー(地上38階、高さ128.1m)です




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業

2023年12月に竣工し、マンションの入居は2024年3月と5月に分けて行う予定です。




札幌駅北口8・1地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

A棟の建築計画のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る