TOP建設中・計画中TOP宮城県仙台市


(仮称)東北学院大学五橋キャンパス新築工事


学校法人東北学院は、仙台市若林区の仙台市立病院跡地に延べ面積65,077㎡の五橋アーバンキャンパスを新設します。 新キャンパスは高層棟、ホール棟、講義棟、研究棟、駐車場棟で構成。 高層棟の規模は地上16階、地下1階、高さ73.45m、延べ面積18,052㎡です。 設計は佐藤総合計画、施工は竹中・銭高・橋本・仙建JV。 2020年9月4日に起工式を開き、本格着工しました。 2022年9月の竣工、2023年4月の供用開始を目指しています。




東北学院大学 五橋キャンパス

2020年6月21日撮影。西側から見た建設地。既存建物を解体していました。



完成イメージ

東北学院大学 五橋アーバンキャンパス

[東北学院大学HPより引用]

・高層棟……地上16階、地下1階、塔屋1階、延べ18,053㎡、S造
・講義棟……地上_7階、地下1階、塔屋1階、延べ18,493㎡、S造
・研究棟……地上_8階、地下1階、塔屋1階、延べ20,168㎡、S造
・ホール棟…地上_5階、地下1階、延べ6,114㎡、RC造
・駐車場棟…地下_2階、地下1階、延べ2,247㎡、S造



全体概要

名 称(仮称)東北学院大学五橋キャンパス新築工事
所在地宮城県仙台市若林区清水小路3番1、東七番丁6番1(地番)
最寄駅地下鉄南北線「五橋」駅
建築主学校法人 東北学院
設計・監理株式会社 佐藤総合計画
施 工竹中工務店・銭高組・橋本店・仙建工業 特定建設工事共同企業体
用 途学校
敷地面積17,557.15㎡
建築面積(9,150㎡)
延床面積65,077㎡
構 造鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法ベタ基礎
階 数地上16階、地下1階
高 さ73.45m
着 工2020年9月(起工式:2020年9月4日)
竣 工2022年9月30日予定
供用開始2023年4月予定
備 考◆建設通信新聞2020年9月7日付記事は→こちら

最終更新日:2020年9月7日



地図

建設地は「仙台市立病院」の跡地です。 地下鉄南北線・五橋駅と直結する予定です。



2020年6月撮影

東北学院大学 五橋キャンパス

2020年6月21日撮影。北西側から見た建設地。竹中工務店が「旧仙台市立病院」の解体工事を進めています。




東北学院大学 五橋キャンパス

西側から。手前は愛宕上杉通です。この地下に地下鉄南北線「五橋駅」があります。




東北学院大学 五橋キャンパス

南西側から。 愛宕上杉通側に建つ高層棟(16階)には実験室や研究室、ライブラリーコモンズなどが入ります。 このほか、講義棟(7階)、研究棟(8階)、ホール棟(5階)、駐車場棟(2階)を設け、中央に配置する駐車場棟の2層屋根付き廊下「TGUリング」が、4棟を結び回遊性を高めます。




東北学院大学 五橋キャンパス

現地の作業工程によれば敷地南東部では山留工事も進めています。




東北学院大学 五橋キャンパス

五橋駅の出入口が隣接しています。地下鉄直結のキャンパスとなり便利ですね。




東北学院大学 五橋キャンパス

経済学部、経営学部、法学部の1~2年生及び教養学部の全学年が学ぶ泉キャンパスと、工学部全学年が学ぶ多賀城キャンパスを、五橋キャンパス及び土樋キャンパスに集約します。




東北学院大学 五橋キャンパス

約11,000人の学生が(近くの土樋キャンパスを含めた)「一つのキャンパス」に集うとのこと。賑やかになりますね。




東北学院大学 五橋キャンパス

2022年9月の竣工、2023年4月の供用開始を目指しています。




東北学院大学 五橋キャンパスの建築計画のお知らせ

高さは73.45mです。写真クリックで拡大画像を表示。







2019年6月撮影

東北学院大学アーバンキャンパス計画

2019年6月26日撮影。北西側から見た建設地。仙台市立病院は2014年に太白区あすと長町へ移転しています。




東北学院大学アーバンキャンパス計画

解体工事には2019年12月に着手する予定です。




東北学院大学アーバンキャンパス計画

2022年9月の竣工、2023年4月の供用開始を目指しています。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る