TOP建設中・計画中TOP大阪府東大阪市


(仮称)東横イン東大阪新築工事


東横インは、大阪府東大阪市荒川3丁目に地上19階、高さ59.55m、客室873室のビジネスホテルを新設します。 設計は日創アーキテクト。 2020年6月に着工し、2021年9月に竣工する予定でしたが、遅れています。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

2021年3月23日撮影。南東側から見た建設地。



完成イメージ

旧荒川庁舎及び旧教育センター敷地活用事業

[東大阪市HPより引用]

東横インが提案したイメージ図です。 東大阪市は2019年10月10日、東横インを代表とするグループと宿泊施設の整備に向けた「旧荒川庁舎及び旧教育センター敷地活用に関する基本協定」を締結しています。



概要

名 称(仮称)東横イン東大阪新築工事(ビジネスホテル)
事業名旧荒川庁舎及び旧教育センター敷地活用事業
所在地大阪府東大阪市荒川3丁目25番1(地番)
最寄駅JRおおさか東線「河内永和」駅、近鉄奈良線「河内永和」駅
建築主株式会社 東横イン
設 計株式会社 日創アーキテクト
施 工
用 途ビジネスホテル(客室873室)、自走式駐車場(234台)
敷地面積3,852.81㎡
建築面積2,435.54㎡
延床面積20,179.22㎡
構 造鉄筋コンクリート造
階 数地上19階、地下0階
高 さ59.55m(軒高59.05m)
着 工2020年6月上旬予定(当初計画)
竣 工2021年9月下旬予定(当初計画)
開 業2021年10月頃予定(当初計画)
備 考 ◆東大阪市HPは→こちら

最終更新日:2021年4月6日



地図

建設地は4棟の建物からなる旧荒川庁舎(地上3階~地上1階)及び旧教育センター(地上2階)の跡地です。 JR「おおさか東線」と「近鉄奈良線」がクロスする「河内永和駅」(かわちえいわえき)が近接しています。



2021年3月撮影

(仮称)東横イン東大阪新築工事

2021年3月23日撮影。北東側から見た建設地。仮囲いが設置されていました。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

東側から見た建設地。松下建設が2021年2月1日~同5月31日の工期で既存建物の解体工事を進めています。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

南東側から見た建設地。駅に近く利便性の高い場所です。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

その右手。建設地東側。奥は近鉄奈良線の高架橋です。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

左手。建設地南側。こちらに進みます。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

ここには東大阪市の旧荒川庁舎(地上3階~地上1階)及び旧教育センター(地上2階)がありました。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

南側から見た建設地。ここに客室873室の大規模ビジネスホテルが出現することになります。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

その右手。河内永和駅方面。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

左手。旧荒川庁舎の解体はこれからです。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

その南側は住宅街です。




(仮称)東横イン東大阪新築工事

南西側から見た建設地。 着工予定は2020年6月上旬でした。 コロナ禍のため着工を延期したものと思われます。 解体工事が終わる2021年6月以降、コロナ禍の状況を見て着工することになりそうです。




(仮称)東横イン東大阪新築工事の建築計画のお知らせ

「(仮称)東横イン東大阪新築工事」の建築計画のお知らせ。写真クリックで拡大画像を表示。




2020年3月撮影

旧荒川庁舎及び旧教育センター敷地活用事業

2020年3月24日撮影。南東側から見た旧荒川庁舎。




旧荒川庁舎及び旧教育センター敷地活用事業

南西側から。





ページの先頭へ戻る