TOP建設中・計画中TOP神奈川県横浜市


神奈川大学みなとみらいキャンパス


神奈川大学は、横浜市西区の「みなとみらい21中央地区43街区」に地上21階(建築基準法上:22階)、地下1階、高さ99.9m、延べ面積50,568㎡の新キャンパスを新設しました。 設計は三菱地所設計、施工は竹中工務店。 2021年4月1日にオープンしました。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

2020年12月20日撮影。 神奈川大学のグローバル系3学部(経営学部、外国語学部、国際日本学部)を「みなとみらいキャンパス」に集約しています。 約5,000人の学生が新キャンパスで学ぶ予定です。




立面図(南西側)

神奈川大学 みなとみらいキャンパス

1~3階にソーシャルコモンズ、講義室、事務室、礼拝所、4~10階に講義室、学生ラウンジ(学食)、ラーニングコモンズ、体育施設(アリーナ)、中・小ホール、米田吉盛記念講堂、11~20階に研究室、演習室、研究所、プレゼンフィールド、21階にトップラウンジを配置しています。




立面図(北西側)

神奈川大学 みなとみらいキャンパス

1~3階のソーシャルコモンズエリアには、グローバルラウンジ、カフェ、レストラン、観光ラボ、ラボ(体験教室・ファブラボ)、体験・展示エリア、エクステンションセンター : KUポートスクエア、図書館を設置しています。




配置図

神奈川大学 みなとみらいキャンパス

1階のカフェ「NORTH LINK Coffee & Tea KANAGAWA Univ.」(128席/1階各施設と共有)とレストラン「The Voyage」(ザ ボヤージュ)は、一般の利用もできます。 レストランは2021年夏にオープンする予定です。




概要

名 称神奈川大学みなとみらいキャンパス
計画名神奈川大学みなとみらいキャンパス
所在地 みなとみらい21中央地区43街区
神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目5-1ほか(地番)
神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目5-3(住居表示)
最寄駅横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島」駅、「みなとみらい」駅
横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町」駅
建築主学校法人 神奈川大学
設 計株式会社 三菱地所設計
施 工株式会社 竹中工務店
C M日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社
用 途大学、店舗、駐車場(91台)
敷地面積7,848.31㎡
建築面積5,427.06㎡
延床面積50,568.28㎡
構 造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(制震構造)
階 数地上21階、地下1階(建築基準法上:地上22階)
高 さ99.90m
着 工2018年10月12日(起工式:2018年7月30日)
竣 工2020年11月30日予定
開 設2021年4月1日
備 考 ◆神奈川大学2021年4月1日付プレスリリースは→こちら

最終更新日:2021年4月1日




地図

みなとみらい線「新高島駅」や「みなとみらい駅」より徒歩5分の場所に誕生しました。 大学キャンパスの開設は「みなとみらい21中央地区」で初めてとなります。




2020年12月撮影

神奈川大学 みなとみらいキャンパス

2020年12月20日撮影。美術館北交差点付近から見ています。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

南東側から。外観は完成しています。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

低層部の様子。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

かわいらしい作業予定がありました。内装工事や外構工事を進めています。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

北東側から。労災保険関係成立票の事業の期間は2020年12月31日までです。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

北東側低層部の様子。地震に備えて制震構造を採用しています。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

その左手。建設地東側の様子。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

右手。建設地北側。看板も設置されていました。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

北西側から。 神奈川大学は1928年(昭和3年)創立の私立大学です。 8学部・8研究科があり、学生数は17,885人(2020年5月1日現在)です。 現在、「横浜キャンパス」(横浜市神奈川区六角橋)と「湘南ひらつかキャンパス」(神奈川県平塚市土屋)を展開しています。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

2021年春からは、神奈川大学のグローバル系3学部(外国語学部、国際日本学部、経営学部)をここ「みなとみらいキャンパス」に集約し、約5,000名の学生が学ぶことになります。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

西側から。1~3階は交流拠点「ソーシャルコモンズ」となり、地域や社会とつながる、さまざまな機能を持つ空間が配置されます。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

その左手。建設地北側には「横浜野村ビル」(地上17階・高さ89m)があります。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

右手。低層棟の様子。「ソーシャルコモンズ」には、図書施設、エクステンションセンター、グローバルラウンジ、オープンイノベーションセンター、観光ラウンジ、ファブラボ、体験展示コーナー、託児施設、ブックカフェが誕生します。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

南西側から。このほか1~3階には階段ホールや講義室、飲食施設、コンビニも入ります。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

いちょう通り西交差点から。4~10階には講義室、学生ラウンジ(学生食堂)、ラーニングコモンズ、体育施設(アリーナなど)、中・小ホールを設けます。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

接近しました。建設地西側の様子です。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

その左手。みなとみらい大通り。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

11~20階には研究室、研究所、ゼミ室、プレゼンテーションフィールドを配し、21階にはトップラウンジを設けます。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

その低層部。開放的ですね。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

その右手。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

左手。




神奈川大学 みなとみらいキャンパス

北西側から見た低層部。2021年4月に開設する予定です。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る