TOP建設中・計画中TOP静岡県浜松市


一条タワー


2019年12月撮影

一条タワー

2019年12月27日撮影。JR浜松駅。




一条タワー

その左手にお馴染みの「アクトタワー」(地上45階・高さ212.77m)がそびえています。




一条タワー

その左手。浜松駅に向かい合う位置に「一条タワー」は誕生しました。その手前は2019年7月1日に開業したホテル「北の庭 THE KURETAKESO」です。




一条タワー

南東側から見上げました。内外装工事や外構工事を進めています。




一条タワー

免震構造と制振構造を併用しています。




一条タワー

南側から見た「北の庭 THE KURETAKESO」と「一条タワー」。




一条タワー

「北の庭 THE KURETAKESO」は、(株)呉竹荘(本社・浜松市)が運営する「くれたけホテルチェーン」のビジネスホテルです。




一条タワー

スタンダードシングルからジュニアスイートルームまで9タイプ全250室を用意しています。




一条タワー

男女別浴場やエクゼクティブラウンジも備えています。




一条タワー

東側から見た「一条タワー」。




一条タワー

北西面の様子。「一条タワー」には共用施設として、ラウンジ、ライブラリー+スタディコーナー、デッキテラス、パーティルーム+キッズルーム、ゲストルーム2室、スカイラウンジ(25階)などを備えています。




一条タワー

北東側から。




一条タワー

既に全戸完売しています。




一条タワー

東側から。




一条タワー

南東側から。




一条タワー

浜松駅側から。2020年3月に竣工し、同6月に入居を開始する予定です。







2019年1月撮影

一条タワー

2019年1月2日撮影。JR浜松駅。




一条タワー

浜松のシンボル「アクトタワー」(地上45階・高さ212.77m)。




一条タワー

駅とアクトシティを結ぶデッキから建設地方面を見ています。上にあった完成イメージとほぼ同じ角度です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

ということで、完成イメージふたたび。




一条タワー

南東側から。手前は旭町交差点です。




一条タワー

東側から。左側で施工中のA-1地区のホテル(地上13階・高さ44.71m)は、2019年3月の竣工に向けて仕上の段階です。




一条タワー

「一条タワー」については1階躯体工事が始まったばかりです。




一条タワー

建設地の北側には「ホテルアセントプラザ浜松」(客室60室)を挟み、「シティタワー浜松」(地上32階・高さ113.6m)が立っています。




一条タワー

北東側から見た建設地。




一条タワー

接近。




一条タワー

北側から。浜松市では「アクトタワー」に次ぐ高さとなります。




一条タワー

建設地西側には「D'グラフォート浜松 D's Tower」(地上34階・高さ116.5m)があります。




一条タワー

北西側から。1~2階には商業・業務フロアも設けられます。




一条タワー

その右手。A-1地区。




一条タワー

西側から見た「一条タワー」建設地。3~4階は住宅共用部となり、5階以上に住宅246戸が配置されます。




一条タワー

南西側から。ゲストルーム2室、スカイラウンジ1室も設けられます。




一条タワー

西側から見たA-1地区。




一条タワー

A-1地区の南側の様子。




一条タワー

A-1地区の完成イメージ。呉竹荘(浜松市)が運営するビジネスホテルになります。




一条タワー

南西側から見たA-1地区。ホテルは2019年7月に開業する予定です。




くれたけインプレミアム浜松駅北口の建築計画のお知らせ

A-1地区の標識。A-2地区の標識はありませんでした。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年2月撮影

2018年2月3日撮影。南東側から見た建設地。杭工事を行っています。左奥が「D'グラフォート浜松 D's Tower」、右奥が「シティタワー浜松」です。




その左手の様子。左側は13階建てホテルの建設工事が始まったA-1地区です。




右手。こちらに進みます。




C地区の様子。手前は「ホテルアセントプラザ浜松」(客室60室)です。




同じC地区に誕生した「シティタワー浜松」は、地上32階、高さ113.6m、総戸数194戸です。2010年に竣工しています。




「ホテルアセントプラザ浜松」と「シティタワー浜松」。




その左手。工事中のA地区。




接近しました。




その左手の様子。




右手の様子。こちらに進みます。




B地区に建設された「D'グラフォート浜松 D's Tower」は、地上34階、高さ116.5m、総戸数210戸です。2006年に竣工しました。




北西側から見た建設地。




その左手。




右手。この方向に進みます。




南西側から見た建設地。手前のA-1地区では杭工事を進めています。




東に進みます。左がA-1地区、右がA-2地区です。仮囲いは一体化しています。




同じ場所から見た浜松駅。




東方向を見ると、浜松のシンボル「アクトタワー」(地上45階・高さ212.77m)が聳えていました。




の建築計画のお知らせ

A-2地区(超高層マンション)の標識です。高さは122.328m。写真クリックで拡大画像を表示。




の建築計画のお知らせ

A-2地区(超高層マンション)の配置図。写真クリックで拡大画像を表示。




の建築計画のお知らせ

A-1地区(ホテル)の標識です。高さは44.71m。施工はアサヒハウス工業です。写真クリックで拡大画像を表示。




浜松夜景




















































2013年9月撮影

旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

2013年9月20日撮影。「アクトシティ浜松」側から見たJR浜松駅。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

その右手の様子。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

そのさらに右手の様子。中央が建設地です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

接近しました。中央付近がA-1地区、その奥がA-2地区です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

「D'グラフォート浜松 D's Tower」。地上34階、高さ116.5m、2006年竣工。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

「シティタワー浜松」。地上32階、高さ113.6m、2010年竣工。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

A-2地区は左手前です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

撮影時は平置き駐車場として利用されていました。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

浜松市のシンボル「アクトタワー」。地上45階、高さ212.77m、1994年竣工。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

45階の展望回廊から。建設地は中央です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

2020年にはほぼ同じ高さのタワーマンションが3棟並ぶことになります。


《一条タワーのトップページに戻る》





ページの先頭へ戻る