日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX大阪府高石市


ブランズタワー羽衣


ブランズタワー羽衣は、羽衣駅前地区市街地再開発組合が大阪府高石市東羽衣3丁目に新設した地上23階、高さ78.79m、総戸数145戸の分譲タワーマンションです。 低層部には店舗などが入ります。 売主は東急不動産と南海電気鉄道、設計はアール・アイ・エー、施工は戸田建設。 2019年7月に竣工しました。



ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

2019年6月17日撮影



完成イメージ(北東側から)

羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業

[東急不動産2016年10月12日付ニュースリリース(PDF)より引用]

1~2階に権利者の店舗や住宅のエントランスを設置。1階には子育て支援センターも整備されます。3階以上が住戸で、2LDKから4LDKまで145戸が設けられます。



概要

名 称ブランズタワー羽衣(はごろも)
事業名南部大阪都市計画 羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地大阪府高石市東羽衣3丁目973番(地番)
最寄駅 南海電鉄南海本線「羽衣」駅 徒歩1分、JR阪和線東羽衣支線「東羽衣」駅 徒歩1分
建築主羽衣駅前地区市街地再開発組合
参加組合員東急不動産株式会社、南海電気鉄道株式会社
設計・監理株式会社アール・アイ・エー
施 工戸田建設株式会社 大阪支店
用 途共同住宅(145戸)、商業施設、駐車場、駐輪場
敷地面積2,151.51㎡
建築面積1,495.10㎡
延床面積17,965.55㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造 / 中間免震構造
基礎工法ベタ基礎
階 数地上23階、塔屋2階
高 さ78.79m(軒高78.04m)
着 工2017年3月(既存解体2017年1月~)
竣 工2019年7月(パンフレット:2019年8月)
入 居2019年8月下旬予定
備 考 ◆売主…………………………………東急不動産株式会社、南海電気鉄道株式会社
◆販売会社(販売提携(代理))…東急不動産株式会社、東急リバブル株式会社
◆総戸数………………………………145戸(うち非分譲住戸11戸含む、店舗等除く)
◆間取り………………………………2LDK~4LDK
◆専有面積……………………………53.46㎡~100.81㎡(※TR1.14㎡含む)
◆駐車場………………………………92台(機械式)
◆ビル管理……………………………東急コミュニティー株式会社
※2016年10月12日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2019年9月1日



地図

駅前広場などを含めた全体の完成は2020年度の予定です。



2019年6月撮影

ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

2019年6月16日撮影。南側から。竣工間近のため最後の仕上げの段階です。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

「羽衣テラス」の文字が見えます。1~2階の商業施設の名称でしょうか。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

南東側から。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

南西側から。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

その右手。 南海「羽衣駅」とJR「東羽衣駅」を結ぶ歩行者デッキが建設中でした。 両駅は駅名は違いますが近接しています。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

北側から。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

その右手。歩行者デッキです。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

南海本線・高師浜線の連続立体交差事業が進行中です。羽衣駅は本線下りのみ高架化が完了しています。連続立体交差事業は2022年3月に完成する予定です。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

北西側から。2018年10月に確認した時点で全戸完売していました。人気がありますね。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

西側から。




ブランズタワー羽衣(羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業)

最後はJR「東羽衣駅」のホームから。2019年8月下旬に入居が始まる予定です。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る