日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX神奈川県横浜市


(仮称)京急グループ本社ビル


2018年7月撮影

(仮称)京急グループ本社ビル

2018年7月21日撮影。南東側から見た建設地。中央左は「横浜三井ビルディング」(地上30階・高さ152.5m)、右は「日産自動車グローバル本社」(地上22階・高さ99.4m)です。




(仮称)京急グループ本社ビル

東側から。左は外観がほぼ完成した「資生堂グローバルイノベーションセンター」(地上16階・高さ77.96m)です。2018年末に稼働する予定です。




(仮称)京急グループ本社ビル

北東側から。




(仮称)京急グループ本社ビル

現地の作業工程によれば「基礎配筋工事・基礎型枠工事」を施工中です。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)京急グループ本社ビル

北側から。奥の「資生堂グローバルイノベーションセンター」より7~8mほど高いビルが誕生します。




(仮称)京急グループ本社ビル

北西側から。




(仮称)京急グループ本社ビル

西側から。左奥の4基のタワークレーンがある場所ではオフィスビル「横浜グランゲート」(地上18階・高さ98.5m)が建設中です。手前の空き地では「(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト」により地上21階、高さ114mのオフィスビルが建設されます。新高島駅付近はオフィス街になりますね。




(仮称)京急グループ本社ビル

仮囲いの様子。京急らしく街並みや自然が描かれています。




(仮称)京急グループ本社ビル

新高島駅の出入口が目の前にあります。なお、みなとみらい線は全線が地下区間です。




(仮称)京急グループ本社ビル

前回撮影時と比べると、建築面積と延べ面積が修正されたほか、棟数が1棟から2棟に変更されています。写真クリックで拡大画像を表示。




2018年2月撮影

2018年2月6日撮影。南東側から見た建設地。




東側から。現地の作業工程によれば基礎配筋工事と基礎型枠工事を行っています。




北側から見た建設地。南側隣接地で建設中の「(仮称)資生堂グローバルイノベーションセンター」(地上16階・高さ77.96m)が建ち上がってきました。




北西側から見た建設地。




(仮称)京急グループ本社ビル

「作業工程」と「建築計画のお知らせ」。標識の内容は前回撮影時と同じ。2019年6月末に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




建設地の北側に建つ「日産自動車グローバル本社」(地上22階・高さ99.4m)。




その隣りは「横浜三井ビルディング」(地上30階・高さ152.5m)です。




2017年9月撮影

2017年9月29日撮影。東側から見た建設地。クレーンが稼働しています。現地の作業工程によれば仮設工事と杭工事を行っています。




北東側から。建設地の南側隣接地(写真左奥)では「(仮称)資生堂グローバルイノベーションセンター」(地上16階・高さ77.96m)の建設が進められています。




北側から。




建設地の西側は空き地です。




北西側から見た建設地。




その右手の様子。空き地の奥では「みなとみらい本町小学校」が建設されていました。2018年4月に開校する予定です。




仮囲いには京急の電車が描かれていました。




(仮称)京急グループ本社ビル

前回撮影時(2017年2月16日)に未定だった施工者は大成建設と京急建設に決まりました。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年2月撮影

2017年2月16日撮影。建設地の北東側にある歩行者用デッキから見ました。中央が建設地です。まだ更地の状態です。南側隣接地(写真左奥)では「(仮称)資生堂グローバルイノベーションセンター」(地上16階・高さ77.96m)の建設が始まっています。




南東側から。建設地の北側には「横浜三井ビルディング」(地上30階・高さ152.5m)や「日産自動車グローバル本社」(地上22階・高さ99.4m)があります。




(仮称)京急グループ本社ビル

2017年2月16日撮影。高さは85.55mです。写真クリックで拡大画像を表示。




2016年8月撮影

2016年8月7日撮影。建設地北東側にある歩行者用デッキから。このデッキは横浜駅まで繋がっています。




東側から見た建設地。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る