TOP建設中・計画中TOP千葉県松戸市


北小金駅南口東地区第一種市街地再開発事業


北小金駅南口東地区再開発準備組合(千葉県松戸市)は、JR北小金駅前に下記施設を計画しています。 事業協力者は野村不動産と長谷工コーポレーションです。

北側敷地:地上20階、延べ20,500㎡、住宅(220戸)、商業施設
南側敷地:地上14階、延べ_9,400㎡、住宅(_80戸)、商業施設

2022年8月頃の都市計画決定、2023年度の組合設立認可、2024年度の権利変換計画認可を経て、2025年度の着工、2027年度の完成を目指しています。



位置図

北小金駅南口東地区第一種市街地再開発事業

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

事業地は駅に近く利便性の高い場所です。 事業地の西側に「イオン北小金店」があります。 敷地北側に地上20階、220戸、南側に地上14階、80戸のマンションを予定。 両棟の低層部には店舗も設けます。 地権者は2法人含む29人です。 事業費は約120億円で、うち市は約20億円を負担します。



全体概要

名 称北小金駅南口東地区第一種市街地再開発事業
所在地千葉県松戸市小金字天王脇、東平賀字向台の一部ほか
最寄駅JR「北小金」駅
建築主北小金駅南口東地区再開発準備組合
設 計
施 工
事業区域0.9ha
敷地名北側敷地南側敷地
用 途住宅(220戸)、商業施設、駐車場住宅(80戸)、商業施設、駐車場
敷地面積4,300㎡4,300㎡
建築面積1,500㎡1,200㎡
延床面積20,500㎡9,400㎡
構 造
階 数地上20階地上14階
高 さ
着 工2025年度予定
竣 工2027年度予定
備 考 ◆日刊建設タイムズ社2022年8月5日付記事は→こちら

最終更新日:2022年8月5日



地図

北小金駅(きたこがねえき)には常磐線緩行線が停車します。 東京メトロ千代田線との直通運転により、北小金駅と大手町駅を40分前後で結んでいます。






ページの先頭へ戻る