TOP建設中・計画中TOP香川県高松市


サンポート高松B2街区活用事業


四国電力は、香川県高松市の「サンポート高松B2街区」に地上19階、延べ面積約21,700㎡、客室約100室の高級ホテルを開発します。 運営は国際的なホテル格付け機関から最高の評価を得ている外資系ホテルグループが担当。 2025年9月頃の開業を目指しています。



完成イメージ

サンポート高松B2街区活用事業

[四国電力2022年3月31日付ニュースリリース(PDF)より引用]

北側から見た提案イメージです。 上層部の意匠が凝っていますね。 標準面積50㎡以上の客室約100室のほか、ラウンジ、レストラン、バー、バンケット・会議室、スパ・フィットネスを計画しています。 瀬戸内海を望むオーシャンビューのホテルが誕生することになりますね。



概要

名 称サンポート高松B2街区活用事業
所在地香川県高松市サンポート1番3(地番)
最寄駅JR「高松」駅、ことでん琴平線「高松築港」駅
建築主四国電力株式会社
設 計
施 工
用 途ホテル(客室約100室)
敷地面積5,034.49㎡
建築面積
延床面積約21,700㎡
構 造
階 数地上19階
高 さ
着 工
竣 工
開 業2025年9月頃予定
備 考 ◆香川県2022年3月31日付ニュースリリースは→こちら
◆四国電力2022年3月31日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2022年4月1日



地図

香川県は、高松市のサンポート地区で唯一活用方法が決まっていなかった県有地「B2街区」を、四国電力に売却します。 高松港旅客ターミナルビルの北側にある「B2街区」まで、JR「高松駅」から徒歩4分、ことでん「高松築港駅」から徒歩5分ほどです。

発表では「国際的に高い評価を得ている外資系ホテルグループが運営するホテル」としています。 どのホテルグループが進出するのか注目されます。






ページの先頭へ戻る