TOP建設中・計画中TOP兵庫県神戸市


JR三ノ宮新駅ビル


神戸市、JR西日本、都市再生機構の3者は2021年10月5日、相互の連携・協力のもと、JR三ノ宮新駅ビル及び三宮周辺地区の再整備を進めていくことに合意し、協定を締結したことを発表しました。 新駅ビルは、にぎわい、事務所、滞在機能を有する高さ約160m、延べ面積10万㎡の超高層ビルを想定しています。 2022年度に事業に着手し、2023年度に着工する予定で、2029年度の開業を目指しています。



完成イメージ

JR三ノ宮新駅ビル構想

[2021年10月5日付ニュースリリース(PDF)より引用]

協定の名称は「JR三ノ宮新駅ビル及び三宮周辺地区再整備の推進にかかる連携・協力に関する協定」です。 神戸市が事業実施に必要な行政手続き及び公共施設を整備し、JR西日本がJR三ノ宮駅新駅ビルの開発計画を実現し、独立行政法人都市再生機構西日本支社が公共空間の整備や民間開発等に対するコーディネートにより事業を推進します。



現地の様子

JR三ノ宮新駅ビル構想

2021年10月3日撮影。既存建物の解体工事が終わり、イベントなどに使われていました。



概要

名 称JR三ノ宮新駅ビル
所在地兵庫県神戸市中央区雲井通8丁目
最寄駅JR「三ノ宮」駅
建築主西日本旅客鉄道株式会社
設 計
施 工
用 途にぎわい、事務所、滞在機能
敷地面積
建築面積
延床面積約100,000㎡
構 造
階 数
高 さ約160m
着 工2023年度目標(事業着手:2022年度目標)
竣 工
開 業2029年度目標
備 考 ◆2021年10月5日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2021年10月6日




地図

建設地は「三宮ターミナルビル」の跡地です。同ビルには「三宮ターミナルホテル」や商業施設「三宮OPA」などが入っていました。



2021年10月撮影

JR三ノ宮新駅ビル構想

2021年10月3日撮影。JR三ノ宮駅の南西側出入口。




JR三ノ宮新駅ビル構想

その右手。「三宮ターミナルビル」地上部の解体工事が終わり、イベント会場などに使われていました。




JR三ノ宮新駅ビル構想

その右下。一部は解体されたまま残されています。




JR三ノ宮新駅ビル構想

その右上方。駅前の様子。中央に見える歩行者デッキに移動します。




JR三ノ宮新駅ビル構想

歩行者デッキから見た建設地。 広くアスファルト舗装されています。 左が解体されたまま残された部分で、その右側はイベント会場などに使われていました。




JR三ノ宮新駅ビル構想

撮影時は、2021年9月11日から11月23日まで神戸市内各所で開催中の「六甲ミーツ・アート芸術散歩」の特別展示を行っていました。写真クリックで拡大画像を表示。




JR三ノ宮新駅ビル構想

展示物。




JR三ノ宮新駅ビル構想

展示物。




JR三ノ宮新駅ビル構想

展示物。




JR三ノ宮新駅ビル構想

簡易的な駅入口があります。




JR三ノ宮新駅ビル構想

その東側では期間限定のアウトドアホール「ストリートテーブル」を開催中でした。




JR三ノ宮新駅ビル構想

開催期間は2020年12月19日~2021年11月28日です。




JR三ノ宮新駅ビル構想

内部の様子。JR三ノ宮駅の新駅ビルは、2022年度の事業着手、2023年度の着工、2029年度の開業を目指しています。







2021年4月撮影

三ノ宮駅ビル

2021年4月11日撮影。駅前の歩行者デッキから見た建設地の様子です。大鉄工業が「三宮ターミナルビル」を解体していました。




三ノ宮駅ビル

その左手。解体工事の工期は2021年5月末までです。




三ノ宮駅ビル

その左手。 2021年4月26日に開業した「神戸三宮阪急ビル」(地上29階、高さ約120m)がそびえています。 同ビルは商業施設「EKIZO神戸三宮」やオフィス、ホテル「レムプラス神戸三宮」などで構成。 JR西日本の新駅ビルは同ビルを上回る高さになりますね。




2013年5月撮影

三ノ宮駅ビル

営業中の「三宮ターミナルビル」です。 1981年3月に開業しています。 建物所有者は西日本旅客鉄道(株)、三宮ターミナルビル(株)、(株)ジェイアール西日本ホテル開発です。

「三宮ターミナルホテル」は1階(ベーカリーカフェ)、4階(フロント、レストラン)、6階~10階(客室190)に展開。 商業施設「三宮OPA」は地下2階~地上3階で営業していました。

このほか三井住友銀行ATM(1階・2階)、医院、調剤薬局(4階)、テナントレストラン(1階、11階)、雑貨店(1階)が入っていました。

「三宮ターミナルホテル」は2017年12月末で営業を終了し、2018年3月末に全館閉館となりました。





ページの先頭へ戻る