TOP建設中・計画中TOP兵庫県神戸市


神戸市役所本庁舎2号館再整備


神戸市は2022年8月31日、神戸市役所本庁舎2号館再整備事業の落札者について、オリックス不動産(代表企業)、阪急阪神不動産、関電不動産開発、大和ハウス工業、芙蓉総合リース、竹中工務店、安田不動産、日建設計(協力企業)で構成するグループに決定したと発表しました。 同グループは地上24階、地下2階、高さ約125m、延べ面積約73,000㎡の複合庁舎を提案しています。 2025年の着工、2028年の竣工、2029年の開業を目指しています。



完成イメージ

神戸市役所本庁舎2号館再整備

[オリックス2022年8月31日付ニュースリリースより引用]

行政機能として、市庁舎を地下1階~地上5階(約15,400㎡)に配置するほか、市民利用空間(約570㎡)を1階に設けます。

民間機能として、商業施設(約2,700㎡)を地下1階~地上2階、オフィス(約22,300㎡)を6~14階、国際的ラグジュアリーホテル(約18,100㎡)を8階の一部および16~24階に計画しています。

地震に備えて中間階免震構造を採用します。 2022年12月頃に事業契約の締結をし、2022年度~2024年度に基本設計及び実施設計を進める予定です。



概要

事業名神戸市役所本庁舎2号館再整備
所在地兵庫県神戸市中央区加納町6丁目5番1号
最寄駅JR「三ノ宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅、市営地下鉄山手線「三宮」駅 徒歩約6分、市営地下鉄海岸線「三宮・花時計」駅 徒歩約3分
建築主神戸市
事業者 オリックス不動産株式会社(代表企業)
阪急阪神不動産株式会社
関電不動産開発株式会社
大和ハウス工業株式会社
芙蓉総合リース株式会社
株式会社竹中工務店
安田不動産株式会社
株式会社日建設計(協力企業)
設 計
施 工
用 途 行政機能:市庁舎、市民利用空間
民間機能:ホテル、オフィス、商業施設
敷地面積9,512.87㎡のうち本庁舎旧2号館跡地部分(約4,889㎡)
建築面積約4,300㎡(1号館等、同一敷地の施設を含む)
延床面積約73,000㎡(1号館等、同一敷地の施設を含む)
構 造鉄骨造、鉄筋コンクリート造(中間階免震構造)
階 数地上24階、地下2階
高 さ約125m
着 工2025年予定
竣 工2028年予定
開 業2029年予定
備 考 ◆神戸市2022年8月31日付資料は→こちら
◆オリックス2022年8月31日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2022年9月1日



地図

神戸市役所までJR「三ノ宮駅」、阪急・阪神「神戸三宮駅」、市営地下鉄山手線「三宮駅」から徒歩約6分、市営地下鉄海岸線「三宮・花時計駅」から徒歩約3分です。



2021年10月撮影

神戸市役所本庁舎2号館再整備

2021年10月3日撮影。 地上5階、高さ24.2mの旧2号館を解体中でした。 左は地上30階、高さ132mの1号館です。 中央右奥には隣接地(市役所3号館跡地)で建設中の「新中央区総合庁舎」(地上13階、高さ52.78m)のタワークレーンが見えます。







2021年6月撮影

神戸市役所本庁舎2号館再整備

2021年6月13日撮影。解体中の旧2号館です。2号館は地上5階、地下1階、高さ24.20m、延べ面積15,856㎡でした。




神戸市役所本庁舎2号館再整備

1957年に竣工し、1995年の兵庫県南部地震後に改修工事が行われ、1996年に竣工しています。なお、この奥で旧2号館別館も解体中です。




神戸市役所本庁舎2号館再整備

その左手。1989年に竣工した1号館です。規模は地上30階、地下3階、高さ132.00m、延べ面積52,288㎡です。




神戸市役所本庁舎2号館再整備

2号館の奥には電気・機械室棟もあります。同館は地上2階、地下2階、高さ7.90m、延べ面積2,033㎡。1989年に竣工しています。 同館を解体する前に「連絡ロビー・エネルギー施設」を1号館隣接地に建設します。







ページの先頭へ戻る