TOP建設中・計画中INDEX埼玉県川口市


(仮称)東川口駅前計画


埼玉建興(本社:埼玉県川口市)とタカラレーベン(本社:東京都千代田区)は2020年10月26日、東川口駅南口駅前公共用地の利活用事業に参画する基本協定を2020年9月29日に川口市と締結したことを発表しました。 同事業では東川口駅前に共同住宅(144戸)、行政センター、交番などからなる地上18階、地下2階、高さ59.95mの複合ビルを整備します。 設計はGA建築設計社が担当します。



完成イメージ

(仮称)東川口駅前計画

[以下2枚、埼玉建興2020年10月26日付ニュースリリースより引用]

JR東川口駅方面から見ています。 官と民がパートナーを組んで進めるPPP(パブリックプライベートパートナーシップ)事業で整備します。



概要図

(仮称)東川口駅前計画

1~2階に行政センターや交番、3~18階に2~3LDKの住宅144戸を計画しています。 このほか住宅用および公共用の駐車場や駐輪場を整備します。



概要

名 称(仮称)東川口駅前計画
事業名東川口駅南口駅前公共用地の利活用事業
所在地埼玉県川口市戸塚2丁目1番1,2,3,4(地名地番)
最寄駅東川口駅
建築主埼玉建興株式会社、株式会社タカラレーベン
設 計株式会社GA建築設計社
施 工
用 途共同住宅(144戸)、行政センター、交番、駐車場(住宅・公共)、駐輪場(住宅・公共)
敷地面積2,110.11㎡(公簿地積合計)
建築面積
延床面積
構 造鉄筋コンクリート造
基礎工法
階 数地上18階、地下2階
高 さ59.95m
着 工
竣 工
備 考 ◆埼玉建興2020年10月26日付ニュースリリースは→こちら
◆タカラレーベン2020年10月26日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年10月26日



地図

建設地は、JR武蔵野線と埼玉高速鉄道が交差する「東川口駅」南口南側の駐輪場や駐車場、交番などがある場所です。 交番については新設する建物に組み込む形で敷地北西側に移転することになります。






ページの先頭へ戻る