TOP建設中・計画中TOP山口県周南市


(仮称)徳山駅前再開発マンションプロジェクト
(徳山駅前地区第一種市街地再開発事業)


徳山駅前地区市街地再開発組合は、JR徳山駅前(山口県周南市銀座1丁目)に地上18階、高さ約60m、総戸数100戸の分譲マンションを新設します。 売主は大和ハウス工業、設計は東畑建築事務所、施工はフジタ・澤田建設・洋林建設JV。 2023年12月に竣工し、入居を開始する予定です。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

2021年12月21日撮影。マンション建設地の様子。



完成イメージ

徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

[以下2枚、再開発組合HPより引用]

駅上空付近からのイメージです。大和ハウス工業は住宅棟の住宅部分(権利床部分除く)の保留床を取得し販売します。



配置図

徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

徳山駅前地区第一種市街地再開発事業では山口県周南市みなみ銀座1丁目・銀座1丁目に以下の施設を整備します。

住宅棟……地上18階、高さ約60m、分譲マンション(100戸)、店舗
ホテル棟…地上12階、高さ約44m、ホテル(117室)、店舗
駅前棟……地上_6階、高さ約30m、店舗、オフィス、商工会議所
駐車場棟…地上_4層、高さ約15m、駐車場88台
商業棟……地上_3階、高さ約19m、店舗約9,220㎡、屋上駐車場102台

商業棟には食品スーパーやライフスタイルショップ、飲食店などが出店します。 駅前棟は2022年春に供用開始し、施設全体は2023年秋以降にオープンする予定です。



全体概要

事業名徳山駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地山口県周南市みなみ銀座1丁目、銀座1丁目
最寄駅JR「徳山」駅
建築主徳山駅前地区市街地再開発組合
設計・監理株式会社 東畑建築事務所
施 工フジタ・澤田建設・洋林建設特定建設工事共同企業体
事業区域約12,300㎡
敷地面積約8,350㎡(分譲住宅:1,241.76㎡)
棟 名住宅棟ホテル棟駅前棟駐車場棟商業棟
用 途分譲住宅(100戸)
店舗
ホテル(117室)
店舗
生活支援施設
店舗
オフィス
商工会議所
駐車場店舗
駐車場
延床面積約10,230㎡
約200㎡
約4,120㎡約2,530㎡約3,260㎡約9,220㎡
約3,890㎡
構 造RC造、一部S造S造S造S造S造
階 数地上18階地上12階地上6階4層地上3階
高 さ約60m約44m約30m約15m約19m
着 工2021年7月下旬(安全祈願祭:2021年8月24日)
竣 工2023年12月予定
開 業2023年12月予定2023年秋以降2022年春2023年秋以降2023年秋以降
備 考 [保留床処分予定者]
商業施設(商業棟、ホテル棟、駐車場):(株)周南パークタウン開発
住宅棟住宅部分(権利床部分除く):大和ハウス工業(株)
駅前棟4階~6階:徳山商工会議所

[特定業務代行者]
フジタ・澤田建設・洋林建設JV

[分譲住宅概要]
◆名称……………(仮称)徳山駅前再開発マンションプロジェクト
◆売主……………大和ハウス工業(株)
◆販売会社………大和ハウス工業(株)
◆総戸数…………100戸(一般分譲対象外住戸4戸含む。別途管理事務室1戸、店舗4戸)
◆間取り…………3LDK
◆専有面積………70.96㎡~84.35㎡
◆竣工予定………2023年12月予定
◆入居予定………2023年12月予定
◆管理会社………大和ライフネクスト株式会社

◆再開発組合HPは→こちら

最終更新日:2022年1月12日

[マンションHPはこちら]



地図

2003年4月21日に徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町が新設合併し周南市(しゅうなんし)が発足しました。 2021年8月1日現在の推計人口は136,394人です。 周南市の中心駅で、山陽新幹線、山陽本線、岩徳線が乗り入れるJR徳山駅前に誕生します。



2021年12月撮影

徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

2021年12月21日撮影。徳山駅から見た建設地です。駅前棟(地上6階)が立ち上がっていました。住宅棟(地上18階)建設地はその右側です。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

その右手。右は山陽新幹線の高架橋です。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

東に移動しました。手前に建つ駐輪場には屋上庭園や通路が整備され、この地点から駅前棟や住宅棟などに直接行けるようになります。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

北西側から見た事業地。手前に駐輪場が建ちます。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

駅前棟は店舗やオフィス、商工会議所で構成します。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

駅前棟は2022年春に供用開始する予定です。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

その右手。ここが18階建て住宅棟の建設地です。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

住宅棟は工事が始まったばかりです。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

奥の商業棟(地上3階)建設地では、旧「近鉄松下百貨店」の解体工事を進めていました。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

その左手。駅前棟。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

南側から見た事業地です。手前には88台を収容する駐車場棟(4層)が建ちます。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

その右手。こちらに進みます。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

左は解体中の旧「近鉄松下百貨店」本館(地上8階)です。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

徳山銀座通り側から見た解体中の本館。「近鉄松下百貨店」は1962年9月に開業し、2013年2月に閉店しました。その後、2015年10月から2018年7月まで、本館1~5階を周南市役所の仮庁舎として使用しています。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

跡地に建つ商業棟(地上3階)には、食品スーパーやライフスタイルショップ、飲食店などが出店。店舗面積約9,220㎡、屋上駐車場102台を予定しています。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

徳山駅側に進んだ地点から見た解体中の本館。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

その右手。このあたりがホテル棟(地上12階)建設地です。




徳山駅前地区第一種市街地再開発事業

今は駐輪場として使われています。施設全体は2023年秋以降にオープンする予定です。





ページの先頭へ戻る