TOP建設中・計画中TOP秋田県秋田市


市立秋田総合病院新病院


地方独立行政法人 市立秋田総合病院は、現病院隣接地(秋田市川元松丘町)に地上13階、高さ63.20m、延べ面積35,427㎡の新病院を新設しました。 設計は久米・村田JV、施工は清水・佐々木・長谷駒・羽後・ヌノタニJV。 2022年7月末に竣工しました。 同年10月1日に開院する予定です。




市立秋田総合病院新病院建設工事

2021年11月29日撮影。 南西側から。 2022年9月10日に完成記念式典と内覧会を開く予定で、外来診療は9月28日から休診し、10月5日に再開する予定です。



完成イメージ

市立秋田総合病院新病院建設工事

[以下2枚、資料(PDF)より引用]

東側から見ています。左が医療棟(地上13階)、右が医療支援棟(地上4階)です。



配置図

市立秋田総合病院新病院建設工事

既存病院は敷地北西側に立地しています。新病院完成後に解体され、平面駐車場になります。



概要

名 称地方独立行政法人 市立秋田総合病院
工事名市立秋田総合病院新病院建設工事
所在地秋田県秋田市川元松丘町
最寄駅JR「秋田」駅 車10分
建築主地方独立行政法人 市立秋田総合病院
設計・監理久米・村田設計共同企業体
施 工医療棟・医療支援棟:清水・佐々木・長谷駒・羽後・ヌノタニ建設工事共同企業体
(立体駐車場:中田・中山・栗野建設工事共同企業体)
用 途病院(396床)、駐車場(186台)
敷地面積19,002.23㎡(全体)
建築面積6,735.79㎡(全体)
延床面積35,427.15㎡
(医療棟:27,540.75㎡、医療支援棟:3,805.16㎡、立体駐車場:3,859.27㎡)
構 造医療棟:鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)、医療支援棟:鉄骨鉄筋コンクリート造(耐震構造)、立体駐車場:鉄骨造(耐震構造)
基礎工法直接基礎
階 数医療棟:地上13階、医療支援棟:地上4階、立体駐車場:2層3段
高 さ63.20m
契約工期2019年11月7日~2022年6月30日
着 工2020年3月1日(安全祈願祭:2020年2月17日)
竣 工2022年7月末(完成記念式典:2022年9月10日予定)

最終更新日:2022年8月21日



地図

建設地までJR秋田駅から車で10分ほどです。 周囲に川尻割山線「市立病院前バス停」と新屋西線「市立病院西口バス停」があります。



2021年11月撮影

市立秋田総合病院新病院建設工事

2021年11月29日撮影。市立秋田総合病院の病棟です。




市立秋田総合病院新病院建設工事

その左手。診察棟です。




市立秋田総合病院新病院建設工事

その南東側に新病院の医療棟が姿を現していました。まもなく上棟でしょうか。




市立秋田総合病院新病院建設工事

手前で建設中の建物は病院とは別でした。 きららホールディングスが「きらら医療福祉プラザ」と「きらら調剤薬局」が入る地上3階、地下1階、延べ面積1,010㎡の建物を開発しているのでした。 「きらら医療福祉プラザ」は2022年春、「きらら調剤薬局」は2022年夏にオープンする予定とのこと。




市立秋田総合病院新病院建設工事

その左手。現病棟。診察棟も含め、新病院完成後に解体され平面駐車場となります。




市立秋田総合病院新病院建設工事

南西側から見た新病院医療棟。免震構造を採用。病床は396床を予定しています。




市立秋田総合病院新病院建設工事

その左手。現病棟。




市立秋田総合病院新病院建設工事の建築計画のお知らせ

「地方独立行政法人 市立秋田総合病院」の建築計画のお知らせ。高さは63.20mです。写真クリックで拡大画像を表示。




市立秋田総合病院新病院建設工事

工事期間は2022年6月30日までです。





ページの先頭へ戻る