TOP建設中・計画中TOP兵庫県姫路市


はりま姫路総合医療センター(仮称)


はりま姫路総合医療センター(仮称)は、兵庫県が姫路市神屋町に整備する総合病院です。 3棟で構成し、病院棟の規模は地上12階、高さ57.5m、延べ面積5万8945㎡になります。 設計は梓設計、施工(建築)は大林・阿比野・北村JV。 2021年11月末に竣工し、2022年度上期に開院する予定です。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

2020年8月14日撮影。建設中の病院棟。



完成イメージ

はりま姫路総合医療センター(仮称)

[以下3枚、整備計画の概要(PDF)より引用]

東側から見ています。 左が教育研修棟(地上5階・高さ26.3m)、右が病院棟(地上12階・高さ57.5m)です。 県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編により、診療科目34科、病床数736床を有する総合病院が誕生します。



断面図

はりま姫路総合医療センター(仮称)

放射線治療棟は地上2階、高さ10.3mです。



配置図

はりま姫路総合医療センター(仮称)

敷地内には自走式立体駐車場も出現します。



概要

名 称はりま姫路総合医療センター(仮称)
計画名県立はりま姫路総合医療センター(仮称)
所在地兵庫県姫路市神屋町(キャスティ21 イベントゾーン「高等教育・研究エリア」内)
最寄駅JR「姫路」駅、山陽電気鉄道「山陽姫路」駅
建築主兵庫県
設計・監理株式会社 梓設計
施 工 建築…………………………………大林・阿比野・北村特別共同企業体
電気設備……………………………関電工・銭屋電機・サン電設特別共同企業体
特高受変電・自家発電設備………藤井電機・東和電気工事特別共同企業体
衛生設備……………………………ダイダン・三神・ハリマ特別共同企業体
空調設備……………………………大成温調・鳳・美樹特別共同企業体
ガス設備……………………………大阪ガス株式会社
昇降機設備…………………………フジテック株式会社
用 途病院
敷地面積30,000㎡
棟 名病院棟放射線治療棟教育研修棟
延床面積58,945㎡1,757㎡8,041㎡
構 造鉄骨(CFT)造(免震構造) RC造(耐震構造)RC造(耐震構造)
階 数地上12階、塔屋2階地上2階地上5階
高 さ57.5m10.3m26.3m
着 工2019年9月(起工式:2019年9月6日)
竣 工2021年11月末予定
開 院2022年度上期予定
備 考 ◆病床数 736床(一般病床720床、精神病床16床)
◆診療科目 34科目

最終更新日:2020年9月2日



地図

建設地はJR姫路駅から約700m東にある姫路市所有の再開発地域「キャスティ21イベントゾーン」(高等教育・研究エリア)です。 市が敷地6.6haのうち約3haを県に無償貸与します。



2020年8月撮影

姫路市文化コンベンションセンター

2020年8月14日撮影。姫路市の再開発地域「キャスティ21イベントゾーン」で「アクリエひめじ」(姫路市文化コンベンションセンター)の建設が進められていました。




姫路市文化コンベンションセンター

現地で撮影した「アクリエひめじ」の完成イメージです。




姫路市文化コンベンションセンター

「アクリエひめじ」の全体概要です。




姫路市文化コンベンションセンター

「アクリエひめじ」の施設概要。大中小のホール、約4,000㎡の展示場、合計10室の会議室などを併せ持つ施設です。




姫路市文化コンベンションセンター

「アクリエひめじ」の配置図。姫路駅側には「キャスティ21公園」も誕生します。




姫路市文化コンベンションセンター

「アクリエひめじ」のフロアガイド。




姫路市文化コンベンションセンター

「アクリエひめじ」の設計は日建設計、施工は竹中・神崎・平錦JVです。「アクリエひめじ」は2021年9月に開館する予定です。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

「アクリエひめじ」の東側隣接地が「はりま姫路総合医療センター(仮称)」の建設地です。病院棟(地上12階・高さ57.5m)の躯体が立ち上がり始めていました。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

北から見ています。左が「はりま姫路総合医療センター(仮称)」建設地、右が「アクリエひめじ」建設地です。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

南東側から見た「はりま姫路総合医療センター(仮称)」建設地。こちら側では教育研修棟(地上5階・高さ26.3m)が建設中です。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

その右手。建設地東側です。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

建設地南側にはJR神戸線や山陽新幹線の高架橋があります。空いていたJR神戸線の電車から撮影してみました。姫路駅を発車してすぐに播但線が分岐します。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

建設中の「キャスティ21公園」です。公園中央を歩行者デッキが貫いています。歩行者デッキは、姫路駅と「アクリエひめじ」をダイレクトに結びます。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

「アクリエひめじ」です。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

「アクリエひめじ」。線路側が展示場になります。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

奥に建設中の「はりま姫路総合医療センター(仮称)」が見えます。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

「はりま姫路総合医療センター(仮称)」の病院棟(地上12階・高さ57.5m)です。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

写真では見えませんが、病院棟の左奥に、放射線治療棟(地上2階・高さ10.3m)が建設されます。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

手前の空き地には841台を収容する立体駐車場が建設されます。このほか86台分の平面駐車場も確保されます。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

右から教育研修棟(地上5階・高さ26.3m)建設地が現れました。教育研修棟は鉄筋コンクリート造です。




はりま姫路総合医療センター(仮称)

教育研修棟は、獨協学園や県立大学、病院研修部門・院内保育、エネルギーセンターで構成します。 「はりま姫路総合医療センター(仮称)」は、2021年11月に竣工し、2022年度上期に開院する予定です。






ページの先頭へ戻る