日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX兵庫県神戸市


ザ・パークハウス 神戸タワー


2018年10月撮影

ザ・パークハウス 神戸タワー

2018年10月22日撮影。地下駅である西元町駅の南側出入口を出て周囲を見渡すと、タワークレーンが立つ建設地が視認できました。




ザ・パークハウス 神戸タワー

躯体が建ち上がり始めていました。




ザ・パークハウス 神戸タワー

北西側から。9~10階くらいまで建ち上がっているでしょうか。33階まで成長します。




ザ・パークハウス 神戸タワー

北側から。地震対策として、大林組独自のデュアル・フレーム・システム(DPS)を採用しています。




ザ・パークハウス 神戸タワー

その左手。「パークホームズ神戸ザ・レジデンス」(地上20階・高さ59.99m)。




ザ・パークハウス 神戸タワー

マンションが並びます。




ザ・パークハウス 神戸タワー

北東側から。手前は神戸中央郵便局前交差点です。




ザ・パークハウス 神戸タワー

その左手。建設地東側の様子。




ザ・パークハウス 神戸タワー

右手。建設地西側の様子。




ザ・パークハウス 神戸タワー

ちなみに、神戸中央郵便局前交差点の北西角には「ザ・レジデンス神戸元町通」(地上24階・高さ75.65m)が立ち、




ザ・パークハウス 神戸タワー

北東角には「神戸中央郵便局」があります。




ザ・パークハウス 神戸タワー

建設地東側の歩道の様子。




ザ・パークハウス 神戸タワー

南東側から。2019年11月下旬に完成し、2020年2月下旬に入居が始まる予定です。




ザ・パークハウス 神戸タワーの建築計画のお知らせ

前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




2017年11月撮影

(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

2017年11月24日撮影。JR神戸駅から徒歩5分ほどで建設地南東側に到着します。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

東側から。解体工事は終わり、新築工事に着手しています。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

その右手。建設地北側の街路の様子。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

その右手。「ザ・レジデンス神戸元町通」(地上24階・高さ75.65m)。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

その東側には「神戸中央郵便局」があります。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

「神戸中央郵便局」側(北東)から見た建設地。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

建設地東側には「パークホームズ神戸ザ・レジデンス」(地上20階・高さ59.99m)が立っています。2017年2月に完成したばかりです。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

北側から見た建設地。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

北西側から。2019年11月下旬に完成し、2020年2月下旬に入居が始まる予定です。




ザ・パークハウス 神戸タワー

前回撮影時に120.15mだった高さは116.95mに変更されました。このほか延べ面積が修正され、容積対象面積が追加されました。写真クリックで拡大画像を表示。




2016年11月撮影

(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

2016年11月29日撮影。阪神神戸高速線「西元町駅」側(北西)から見た建設地。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

「旧ファミリアホール」の解体工事が進められていました。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

「旧ファミリアホール」の一部分が残されています。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

解体工事は大林組が2016年6月1日~2017年3月31日の工期で行っています。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

建設地の東側には、三井不動産レジデンシャルが「パークホームズ神戸ザ・レジデンス」を建設中です。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

「パークホームズ神戸ザ・レジデンス」は地上20階、高さ59.99m、総戸数357戸。設計・施工は熊谷組。2017年2月下旬に竣工し、同3月下旬に入居が始まる予定です。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

本題に戻ります。「神戸中央郵便局」側(北東)から見た建設地。完成イメージに近い角度です。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

東側から。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

南東側から。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

「旧ファミリアホール」の南側では地上6階建ての「旧ファミリア本社ビル」の解体も進められています。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

南東側から見た解体中の「旧ファミリア本社ビル」。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

解体中の「旧ファミリア本社ビル」と「旧ファミリアホール」。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

解体中の「旧ファミリア本社ビル」と、建設中の「パークホームズ神戸ザ・レジデンス」。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

「旧ファミリアホール」の北側には「ザ・レジデンス神戸元町通」(地上24階・高さ75.65m・総戸数137戸)が立っています。「ホテルシェレナ」跡地に建設されました。建築主は住友商事と近鉄不動産。設計・施工は大林組。2014年3月竣工。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

その北側には「ジ・アーバネックスタワー神戸元町通」(地上27階・高さ90m・総戸数200戸)もあります。建築主は大阪ガス都市開発、新星和不動産、大和ハウス工業。設計は意匠・設備がIAO竹田設計、構造が大林組。施工は大林組。2016年1月に竣工しています。この付近は高層マンションだらけですね。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

「(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画」の建築計画のお知らせは2種類ありました。1枚目は2016年8月1日設置。地上33階、地下1階、高さは約120m。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画

2枚目は2016年8月19日設置。高さは120.15m。写真クリックで拡大画像を表示。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告













ページの先頭へ戻る