TOP建設中・計画中TOP北海道札幌市


ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))


ライオンズタワー札幌は、札幌市中央区南2条西3丁目において大京が分譲する地上28階、地下2階、高さ111.55m、総戸数133戸のタワーマンションです。 南2西3南西地区市街地再開発組合が整備する複合施設「moyuk SAPPORO」(モユクサッポロ)の住宅部分になります。 設計はNTTファシリティーズ・プランテックJV、施工は佐藤工業・岩田地崎建設・岩倉建設JV。 2023年4月に竣工し、5月に入居を開始する予定です。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

2022年9月25日撮影。北西側から。事業名は「南2条西3丁目西地区第一種市街地再開発事業」です。参加組合員として大京、ユニホー、札幌市が参画しています。



完成イメージ

南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

[以下図面、大京2021年11月25日付ニュースリリースより引用]

地下2階~地上3階が物販・飲食などの商業店舗や公共駐輪場、4階~6階が都市型水族館「札幌大通水族館(仮称)」、7階が屋上庭園および「ライオンズタワー札幌」の住宅共用施設、9~28階が権利者住戸などを含む全133戸の住宅になります。

「moyuk SAPPORO」(モユクサッポロ)の「モユク」はアイヌ語で「たぬき」を意味するそうです。 立地する狸小路商店街のシンボルを名前に入れ、ビルが新たな賑わいの拠点となるよう願いを込めています。 商業施設フロア核テナントには「ロフト」と「ソニーストア」が入る見通しです。



断面イメージ

南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

「ライオンズタワー札幌」の間取りは2LDK~4LDK、専有面積は53.67㎡~149.65㎡です。 居住者の共用施設として、7階にラウンジ、ゲストルーム、コミュニティルーム、スタディルームなどを用意します。



概要

名 称moyuk SAPPORO(モユクサッポロ)
住宅名ライオンズタワー札幌
事業名南2条西3丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地北海道札幌市中央区南2条西3丁目20番
最寄駅札幌市電「狸小路」電停 徒歩1分、地下鉄南北線・東西線「大通」駅 徒歩3分
建築主南2西3南西地区市街地再開発組合
設 計NTTファシリティーズ・プランテック共同企業体
監 理プランテック・NTTファシリティーズ共同企業体
施 工佐藤工業・岩田地崎建設・岩倉建設共同企業体
用 途共同住宅(133戸)、物品販売業を営む店舗、飲食店、サービス業を営む店舗、銀行の支店、自動車車庫、自転車駐車場
敷地面積3,698.76㎡
建築面積3,281.18㎡
延床面積約43,610㎡
構 造鉄骨・鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造(制震構造)
基 礎直接基礎
階 数地上28階、地下2階
高 さ111.55m(軒高109.95m)(※117m)
着 工2019年7月(解体・除去工事着手:2018年4月/安全祈願祭:2019年10月1日)
竣 工2023年4月28日予定(労災保険関係成立票より)
開 業2023年春予定
備 考 [事業関係者]
◆参加組合員……………(株)大京、(株)ユニホー、札幌市
◆特定業務代行者………佐藤工業・岩田地崎建設・岩倉建設共同企業体
◆事業コンサルタント…(株)都市設計連合
◆設計コンサルタント…(株)ブランテック総合計画事務所・(株)NTTファシリティース゛
◆商業コンサルタント…(株)AUC計画研究所

[事業経緯]
◆2013年12月06日………都市計画決定告示
◆2015年11月12日………事業着手(施行認可)
◆2018年03月23日………権利変換認可

[ライオンズタワー札幌] 概要
◆売主……………株式会社 大京
◆販売提携………株式会社 穴吹工務店
◆総戸数…………133戸(一般分譲対象戸数51戸)
◆間取り…………2LDK~4LDK
◆専有面積………53.67㎡~149.65㎡
◆駐車場…………46台(機械式)
◆竣工予定………2023年4月予定
◆入居予定………2023年5月予定(2022年6月20日以降契約は2023年6月予定)
◆管理会社………株式会社大京アステージ

◆札幌市HPは→こちら
◆再開発組合HPは→こちら
◆大京2021年11月25日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2022年10月19日

[マンションHPはこちら]



地図

建物はJR「札幌駅」から続く地下街と直結する予定です。 地下鉄「大通駅」からは徒歩3分ほどになります。 札幌市電「狸小路電停」は施設の目の前にあります。



2022年9月撮影

ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

2022年9月25-26日撮影。北東側から見ています。上棟したようですね。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

北側から。施設名が「moyuk SAPPORO」(モユクサッポロ)、住宅名が「ライオンズタワー札幌」になります。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

その左手。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

右手。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

地下2階~地上3階に物販・飲食などの商業店舗や公共駐輪場がオープンし、4階~6階に都市型水族館「札幌大通水族館(仮称)」が誕生します。 7階には屋上庭園に面した店舗のほか、住宅施設を配置します。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

北西側から。 「ライオンズタワー札幌」の施設として、地下街「ポールタウン」に接続する地下2階にサブエントランス、1階にメインエントランス、7階に屋上庭園サブエントランス、ラウンジ、コミュニティルーム、ゲストルーム1室、スタディルーム3区画などを設けます。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

西側から。9階~28階が住宅(133戸)になります。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

南西側から。地震に備えて、建物の構造体に揺れを抑える制震装置を組み込み、構造体の損傷を回避・低減する制震構造を採用します。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

建設地の南側は狸小路商店街です。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

完成時には商店街に面して店舗が並ぶことでしょう。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

すすきの交差点付近から見ています。2022年10月1日の時点では、78.11㎡~80.21㎡を13,800万円~15,180万円で販売中でした。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

電車が通過していきました。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

「さっぽろテレビ塔」(高さ147.2m)の高さ90.38mの位置にある展望台から建設地方面を見ています。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

「moyuk SAPPORO」の左奥では「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」(地上18階、高さ77.8m)が進行中です。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

「moyuk SAPPORO」の塔屋も確認できました。もう少し建物が高ければ藻岩山の山頂部が隠れていましたね。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

今度は、「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の高さ160mの位置にある展望室から建設地方面を見ています。 建設中の2棟のビルが並んでいました。




ライオンズタワー札幌(moyuk SAPPORO (モユクサッポロ))

「moyuk SAPPORO」は2023年4月に竣工する予定で、「ライオンズタワー札幌」は2023年5月に入居を開始する予定です。


《過去の写真はこちら》






ページの先頭へ戻る