TOP建設中・計画中TOP広島県広島市


新広島ビルディング


新広島ビルディングは、三菱地所が広島市中区幟町(のぼりちょう)に新設した地上14階、高さ59.2m、延べ面積11,479㎡のオフィスビルです。 設計は三菱地所設計・フジタJV、施工はフジタ。 2017年12月に着工し、2019年10月に竣工しました。




新広島ビルディング

2019年11月13日撮影



概要

名 称新広島ビルディング
計画名新広島ビルディング建替計画
所在地広島県広島市中区幟町13番13,14,15(地番)
広島県広島市中区幟町13番15号(住居表示)
最寄駅広島電鉄「胡町」電停 徒歩1分
建築主三菱地所株式会社
設計・監理三菱地所設計・フジタ設計監理共同企業体
施 工株式会社フジタ
用 途事務所、駐車場(68台)
敷地面積1,090.35㎡
建築面積(約970㎡) ※当初
延床面積11,480.09㎡
構 造鉄骨造(CFT造)
基 礎場所打ち鋼管コンクリート杭
階 数地上14階、塔屋1階
高 さ59.2m(軒高57.7m)
着 工2017年12月1日
竣 工2019年10月31日
備 考 ◆三菱地所2019年10月31日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年11月24日



地図

広島電鉄の胡町電停のすぐそばに誕生しました。広島駅から電車で10分です。



2019年11月撮影

新広島ビルディング

2019年11月12~13日撮影。南東側から見た「新広島ビルディング」。広島市中心部の相生通り(あいおいどおり)に面しています。




新広島ビルディング

南側から。目の前に路面電車の胡町(えびすちょう)電停があります。




新広島ビルディング

基準階床面積571.50㎡(172.88坪)、天井高2.8mを確保。 竣工時点で三菱商事など13テナントの入居が決定し、満室で稼働しています。




新広島ビルディング

南西側から。 百十四銀行広島支店は、2019年12月9日に3階に移転入居します。




新広島ビルディング

南面の様子です。 1~2階にはレンタルオフィス・コワーキングスペースの「リージャス新広島ビルディングビジネスセンター」が入ります。 このため、当初の計画にあった店舗は設けられていません。




新広島ビルディング

エントランスの様子。 搬入のための養生がほどこされていました。




新広島ビルディング

西側から。




新広島ビルディング

北西側から。建物北側に立体駐車場が設けられています。




新広島ビルディング

その右手。広島三越やヤマダ電機LAVI広島があります。




新広島ビルディング

三菱地所の広島市内におけるオフィスビル開発は、

広島パークビル(1989年竣工)
NHK広島放送センタービル(1994年竣工)
広島鉄砲町ビルディング(2009年竣工)

に続き、4棟目となるそうです。




新広島ビルディング

「新広島ビルディング」は、2020年2月に全面開業します。


《過去の写真はこちら》






ページの先頭へ戻る