日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX広島県広島市


hitoto 広島 The Tower


2017年12月撮影

2017年12月12日撮影。日赤病院前電停方面から東千田公園に足を踏み入れます。




「旧広島大学理学部1号館」が見えてきました。




広島市により保存・活用される方針です。




その右手の様子。「hitoto 広島 The Tower」の建設が始まっていました。




現地の作業予定によれば、基礎躯体工事を行っています。




北西側から見た建設地。




その右手の様子。「hitoto広島ナレッジスクエア」が完成していました。全145戸の単身者向け賃貸マンションです。1階のローソンは2017年4月にオープンしたようです。




「hitoto広島ナレッジスクエア」の案内板。




「hitoto 広島 The Tower」建設地と「hitoto広島ナレッジスクエア」の間の通路。




そこに貼られたお知らせ。地図があります。




それぞれの建物の位置がわかりやすく描かれていました。左上が北です。




仮設通路を進みます。




南側から見た建設地。




建設地南側の道路を進んでいくと「ケアハウス ラポーレ東千田」が現れます。




その左手。南東側から見た建設地。




建設地東側に移動。「スポーツクラブ ルネサンス広島東千田」があります。




その北側には「翠清会梶川病院」があります。




スポーツクラブと病院の間に「hitoto 広島 The Tower」の工事用車両出入口が造られていました。




「梶川病院」の北側に自動車ショールーム「CLiP HIROSHIMA」があります。




ショールームの北側を歩いていくと…




元の位置に戻りました。『広島大学跡地「知の拠点」再生プロジェクト』も残すは「hitoto 広島 The Tower」だけになりました。中国・四国・九州地方で最高階数(53階)となる免震タワーマンションは、2020年4月下旬に完成し、同年8月下旬に入居が始まる予定です。




2016年12月撮影

2016年12月18日撮影。東千田公園。日赤病院前電停の目の前です。




東千田公園の様子。




東千田公園の様子。




東千田公園の様子。撮影は日曜日。フリーマーケットを開催していました。




その奥に建つ「旧広島大学理学部1号館」。




改修されることもなく、そのままです。




「旧広島大学理学部1号館」の北側。東千田公園の様子。




そして、「旧広島大学理学部1号館」の南側が建設地です。




仮設フェンスが設置されています。




フェンスの上から。




東側に移動。マンションに通じる道路が確保されていました。




南側に移動。




(仮称)広島大学跡地「知の拠点」再生プロジェクト 分譲マンション新築工事

建築計画のお知らせ。最高高さ178.96m、軒の高さ178.36mです(注:高さや面積は撮影後に微妙に修正されています)。広島のみならず、中国地方、四国地方、九州地方で2番目に高いビル(マンション)になります。写真クリックで拡大画像を表示。




「hitoto広島」内のほかの建物も見ておきましょう。写真の建物は、敷地西側に建設中の「ナレッジシェアファーム」。地上4階、145戸。ワンルーム形式の賃貸マンションです。2017年3月末の竣工を予定しています。 奥に「広島ガーデンガーデンサウスタワー」(地上24階・高さ74.25m)や「広島ガーデンガーデンノースタワー」(地上32階・高さ100.2m)が見えます。




「ナレッジシェアファーム」を北側から。




ナレッジシェアファーム

「歩行者仮設通路」通行止めに関するお知らせ看板です。「hitoto広島」の敷地の形状がわかります。Eの形をした建物は「旧広島大学理学部1号館」です。




「ケアハウス ラポーレ東千田」。敷地南東側に2016年10月1日にオープンしています。




「スポーツクラブ ルネサンス 広島東千田」。敷地北東側に2016年8月2日にオープンしました。




「翠清会梶川病院」。「ルネサンス」の北側に2016年10月1日に移転開院しました。




「CLiP HIROSHIMA」。「梶川病院」の北側に建設されました。広島トヨペットのショールームです。2016年10月8日グランドオープンしました。 以上、「hitoto広島」内の建物でした。




2016年3月撮影

2016年3月8日撮影。前回撮影時に建設中だった「広島赤十字・原爆病院」の新棟は2015年9月に完成していました。現在は「東棟」と呼ばれているようです。




「広島赤十字・原爆病院 東棟」と日赤病院前電停。




東千田公園に入っていきます。




正面は「旧広島大学理学部1号館」。




その南側に建設地があります。




建設地です。




フェンスの上から見ています。まだ着工はしていないようです。




分譲マンション建設予定地の西側では「(仮称)広島大学本部跡地ナレッジシェアファーム」の工事が始まっていました。。




ナレッジシェアファーム

「ナレッジシェアファーム」の建築計画のお知らせ。 「ナレッジシェアファーム」は地上4階、最高高さ13.91m。ワンルーム形式の賃貸マンション(145戸)です。 事業主は分譲マンションと同じ。 設計は夢工房建築設計室。施工は菱重ファシリティ&プロパティーズ・広電建設共同企業体。 2017年3月31日完成予定です。 写真クリックで拡大画像を表示。




分譲マンション建設予定地の東側では「スポーツクラブ ルネサンス 広島東千田(仮称)」の工事が行われていました。事業主は三井住友ファイナンス&リース、運営はルネサンス。




東側から見た建設中の「スポーツクラブ ルネサンス 広島東千田(仮称)」。設計・施工は戸田建設。2016年夏にオープンする予定です。




その北側では地上6階建ての「翠清会梶川病院」の移転新築工事が行われていました。




事業主は医療法人翠清会、設計は大旗連合建築設計、施工は大林組。2016年10月1日に開院する予定です。




その北側では「(仮称)広島トヨペット・カーライフパーク」を建設中でした。事業主は広島トヨペット、設計は感性舎、施工は竹中工務店。事業期間は2016年9月1日までなので秋には開業するものと思われます。




敷地の南東側では地上5階建ての「ラポーレ東千田」が建設中でした。ケアハウスと呼ばれる、食事や相談サービス付きのシニア向け住宅です。




「ラポーレ東千田」の事業主は社会福祉法人広島常光福祉会、設計は大旗連合建築設計、施工は西松建設。事業期間は2016年9月1日まで。今年中にオープンする予定です。




分譲マンション建設予定地を南側から見ています。青いシートで覆われているあたりが建設地でしょうか。左側で「(仮称)広島大学本部跡地ナレッジシェアファーム」を建設中。




2014年10月撮影

最寄り駅は広電「日赤病院前」電停。後ろのタワークレーンは「広島赤十字・原爆病院 新棟」建築工事のものです。




クレーンにつられてその方向に行ってみました。左奥が現在の「広島赤十字・原爆病院」です。その手前に「新棟」を建設していました。現病院も「新棟」完成後に改修され存続するようです。




先ほどの地点に戻り東に進みます。東千田公園に入っていきます。広島大学時代の門柱が残っています。




東千田公園に面して建つ「被爆建物旧理学部1号館」。1931年(昭和6年)6月に「広島文理科大学本館」として竣工した建物です。現在広島市が所有し保存・活用策を検討しています。




東千田公園から南側を見ています。この方向に超高層マンションが聳えることになります。




中は見えませんが何か作業をしていました。




後ろを振り返るとツインマンションが目に入ります。右から、
広島ガーデンガーデンノースタワー
地上32階、高さ100.2m、257戸、2009年6月竣工
広島ガーデンガーデンサウスタワー
地上24階、高さ74.25m、194戸、2008年6月竣工




広島大学の一部は「広島大学 東千田キャンパス」として残されています。




事業地西側の通路。南から見ています。発表された配置図によればちょうどこの右側あたりに超高層マンションが建つようです。




事業地南側。




東側から見た「旧広島大学理学部1号館」。配置図ではこの敷地の右側に「カーライフパーク」、左側に病院が計画されています。




北側から見た「旧広島大学理学部1号館」。




その北側には東千田公園の芝生の広場が広がっていました。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る