日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都千代田区


東京駅前常盤橋プロジェクト A棟


東京駅前常盤橋プロジェクトA棟は、三菱地所が千代田区大手町2丁目及び中央区八重洲1丁目に建設する地上40階、地下5階、高さ212m、延べ146,000㎡のオフィスビルです。 設計は三菱地所設計、施工は戸田建設。 2018年2月20日、A棟及びC棟1期の起工式が執り行われました。 2021年4月末に竣工する予定です。


◆三菱地所2018年2月20日付ニュースリリースは→こちら
◆東京駅前常盤橋プロジェクトについて(当HP)は→こちら



完成イメージ

[三菱地所2018年2月20日付ニュースリリースより引用]

東側上空からです。 この完成イメージにはB棟(地上61階・高さ390m)などは描かれていません。 A棟完成時点では「グラントウキョウ サウスタワー」(地上42階・高さ205m)を抜き、東京駅周辺で最も高いビルになります。




[三菱地所2018年2月20日付ニュースリリースより引用]

左が東京駅付近(南西側)から見たイメージ、右が呉服橋交差点付近(南東側)から見たイメージです。



断面イメージ(南側から)

[三菱地所2018年2月20日付ニュースリリースより引用]

3階と8階の共用サービススペースが目を引きます。 3階には共用カフェテリアやイベント・ミーティングスペースなどが設けられとのこと。 オフィスは9~37階に配置されています。 約8,000人の就業者が集うそうです。



概要

計画名大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
所在地東京都千代田区大手町二丁目8番1ほか(地番)
東京都中央区八重洲一丁目2番1ほか(地番)
最寄駅JR「東京」駅、地下鉄「大手町」駅、地下鉄「三越前」駅
建築主三菱地所株式会社
設 計株式会社三菱地所設計
施 工戸田建設株式会社
用 途事務所、店舗、駐車場等
敷地面積全体:31,400㎡
建築面積4,000㎡(全体:20,400㎡)
延床面積146,000㎡(全体:686,000㎡)
構 造S造、一部SRC、RC造
基礎工法
階 数地上40階、地下5階
高 さ212m
着 工2018年1月(起工式:2018年2月20日)
竣 工2021年4月末予定

更新日:2018年2月22日

[航空写真はこちら]



地図

建設地は東京駅の北東側です。東京メトロ東西線「大手町駅」のコンコースと地下で直結される予定です。



2018年1月撮影

東京駅側(南)から見ています。「旧JXビル」(地上20階・高さ84m)と「大和呉服橋ビル」(地上9階・高さ38.5m)は姿を消していました。ここにA棟(地上40階・高さ212m)が建設されます。




南東側から見たA棟建設地。




北東側から見たA棟建設地。奥は東京駅付近の超高層ビル群です。




北側から見たA棟建設地。




A棟建設地とB棟建設地の間は通行できます。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

建築計画のお知らせ。事業全体の標識なので高さは地上61階、地下5階です。写真クリックで拡大画像を表示。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

各棟の詳細です。写真クリックで拡大画像を表示。




大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

完成配置図部分を拡大しました。A棟は2021年4月末に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る