日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX北海道札幌市


北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業


北3東11周辺地区再開発準備組合(札幌市中央区)は、2018年11月17日に移転開業するJR苗穂駅の南口に、ツインタワーマンションなどの建設を計画しています。

◆A街区:地上25階、地下1階、住宅、商業施設(1階)
◆B街区:地上27階、地下1階、住宅、商業・医療施設(1~3階)

予定工期はB街区が2018年11月~2021年7月、A街区が2019年7月~2022年3月でしたが、事業区域の見直しに伴い遅れるもようです。



完成イメージ

北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業

[札幌市HPより引用]

右がA街区、左がB街区です。B街区には12階建ての高齢者向け住宅(50戸)も計画されています。



位置図

北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業せ

[JR北海道2018年5月16日付ニュースリリース(PDF)より引用]

JR苗穂駅は2018年11月17日に札幌駅寄りに約300メートル移転。 橋上駅舎化され、南北それぞれに駅前広場が造られます。 写真クリックで拡大画像を表示。



施設構成

北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業

[札幌市HPより引用]

札幌市HPによれば、事業区域の見直しに伴い、準備組合を再編しています。



概要

計画名北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業
所在地札幌市中央区北3条東10丁目の一部及び東11丁目の一部
最寄駅JR「苗穂」駅
建築主北3東11周辺地区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
区域面積約2.5ha
街区名A街区B街区C街区D街区合計
用 途共同住宅(202戸)
商業施設(1階)
立体駐車場(144台)
共同住宅(199戸)
商業施設(1~2階)
医療施設(3階)
高齢者向け住宅(50戸)
立体駐車場(144台)
宗教施設商業業務施設
敷地面積4,283㎡B-1街区 7,485㎡
B-2街区 245㎡
B-3街区 652㎡
1,556㎡1,074㎡16,646㎡
建築面積1,862㎡B-1街区 4,018㎡632㎡442㎡6,954㎡
延床面積24,709㎡B-1街区 33,988㎡1,927㎡1,127㎡61,751㎡
構 造RC造RC造S造S造
基礎工法
階 数地上25階、地下1階地上27階、地下1階
地上12階
地上4階地上3階
高 さ85.29m
(軒高83.79m)
89.69m
(軒高88.19m)
着工予定2019年7月2018年11月2018年11月2018年11月
竣工予定2022年3月2021年7月2021年7月2021年7月
備 考 ※B-2街区は公共駐輪場、B-3街区は新幹線用地。このほか公共用地1,351㎡あり
※一般業務代行者:ノーザンクロス・えんれいしゃ共同体
◆札幌市HP→こちら

更新日:2018年11月13日

[航空写真はこちら]



地図

矢印はB街区を示しています。 苗穂駅から札幌駅へは2~3分です。 北口には「苗穂駅北口西地区優良建築物等整備事業」により27階建てタワーマンションなどが建設予定です。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る