日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都渋谷区


渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)


渋谷スクランブルスクエア(株)、東京急行電鉄(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)の4社は2018年11月15日、 東京都渋谷区渋谷2丁目で建設中の「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」の開業時期を2019年「秋」とすることを発表しました。 同時に、展望施設の名称を「SHIBUYA SKY (渋谷スカイ)」、15階の産業交流施設の名称を「SHIBUYA QWS (渋谷キューズ)」とすることも明らかにしました。

◆東京急行電鉄2018年11月15日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



渋谷スクランブルスクエア

2018年10月29日撮影

東棟の規模は地上47階、地下7階、高さ229.706m、延べ面積約18万1,000㎡。 展望施設、産業交流施設、商業施設、オフィスにより構成しています。 設計は日建設計・東急設計コンサルタント・ジェイアール東日本建築設計事務所・メトロ開発JV、施工は東急建設・大成建設JVです。



完成イメージ

渋谷駅地区駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)

[東京急行電鉄2018年11月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

東棟は「セルリアンタワー」(地上41階、高さ184m)を抜き渋谷駅周辺で最も高いビルとなります。 運営は東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄が共同出資する「渋谷スクランブルスクエア株式会社」が担当します。




渋谷駅地区駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)

[東京急行電鉄2018年11月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

15階、45階、46階、屋上に、日本最大級の屋上展望空間(約2,500㎡)を有する渋谷初の展望施設「SHIBUYA SKY (渋谷スカイ)」が誕生します。 デジタルテクノロジーを演出に用いた体験型空間など、雨天でも楽しめる屋内展望施設(約3,000㎡)も兼ね備えます。



施設構成イメージ

渋谷駅地区駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)

[東京急行電鉄2018年11月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

17~45階は、渋谷最大級の広さを誇る賃貸面積約73,000㎡、基準階面積最大約2,900㎡(約870坪)のハイグレードオフィスです。

15階には多様な人たちが交差・交流し、社会価値につながるアイデアや新規事業などを生み出すことを目指した未来共創拠点「SHIBUYA QWS (渋谷キューズ)」(約2,600㎡)が誕生します。

地下2階~14階は商業施設 「渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン」 です。同施設は「“VIVA”なキモチにさせる、遊び心あふれる ASOVIVA(アソビバ)」をコンセプトにした営業面積約32,000㎡の都市型商業施設です。



各棟完成イメージ

渋谷駅地区駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)

[東京急行電鉄2017年8月1日付ニュースリリース(PDF)より引用]

赤文字で加筆しています。 Ⅱ期工事では東急百貨店渋谷駅・東横店を核とする場所に地上10階、地下2階、高さ約61mの「中央棟」及び地上13階、地下5階、高さ約76mの「西棟」を建設します。 総延べ面積は約95,000㎡。 2020年東京五輪・パラリンピック後に既存建物の解体に着手し、2028年3月に完成する予定です。



位置図

渋谷駅地区駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)

[東京急行電鉄2017年8月1日付ニュースリリース(PDF)より引用]

中央棟と西棟には商業施設が入り、全体完成時には店舗面積は約70,000㎡になります。



渋谷駅街区開発計画(全体) 概要

主に「建築計画のお知らせ」より
計画名渋谷駅地区駅街区開発計画
所在地東京都渋谷区渋谷二丁目24番1他
最寄駅JR・東急・東京メトロ・京王「渋谷」駅
建築主東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設 計日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本建築設計事務所、メトロ開発、東日本旅客鉄道
施 工 【東棟】渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
【中央棟高層部(JR鉄道部分)】渋谷駅改良(中央)工事共同企業体(構成員代表者:大成建設)
【中央棟低層部(JR鉄道部分)】渋谷駅改良(北)工事共同企業体(構成員代表者:鹿島建設)
【中央棟(ビル部分)(東京メトロ鉄道部分)】未定
【西棟】未定
用 途物販店舗、飲食店舗、事務所、駅施設、駐車場等
敷地面積15,275.55㎡
建築面積18,216.49㎡
延床面積276,691.32㎡
構 造鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
階 数地上47階、地下7階
高 さ229.706m(最高229.706m)
着 工2014年6月1日
竣 工2028年3月末
備 考 Ⅰ期【東棟】地上47階、地下7階、高さ229.706m、2019年完成予定
Ⅱ期【中央棟】地上10階、地下2階、高さ約61m、2028年完成予定
Ⅱ期【西棟】地上13階、地下5階、高さ約76m、2028年完成予定

◆運営会社:渋谷スクランブルスクエア株式会社
(東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄の3社共同出資)


渋谷駅街区開発計画Ⅰ期(東棟) 概要

ニュースリリースより
名 称渋谷スクランブルスクエア(SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)第Ⅰ期(東棟)
所在地東京都渋谷区渋谷二丁目23番 外
事業主体東京急行電鉄(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)
設 計渋谷駅周辺整備計画共同企業体((株)日建設計、(株)東急設計コンサルタント、(株)ジェイアール東日本建築設計事務所、メトロ開発(株))
デザインアーキテクト(株)日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施 工渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設(株)、大成建設(株))
用 途事務所、店舗)、展望施設、駐車場など
延床面積約181,000㎡ (参考 全体完成時 約276,000㎡)
階 数地上47階、地下7階
高 さ約230m
開 業2019年秋
備 考 ◆東京急行電鉄2018年11月15日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆東京急行電鉄2018年07月12日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆東京急行電鉄2017年08月01日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆東京急行電鉄2015年07月02日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2018年11月16日



地図



2018年10月撮影

渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)

2018年10月29日撮影。西側から。




渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)

南西側から。




渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)

報道によれば2018年11月中に上棟します。




渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)

南側から。




渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)

オフィスフロアにはミクシィやサイバーエージェントなどが8~9社が入居する予定です。




渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)

南東側から。




渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)

東側から。




渋谷スクランブルスクエア 第Ⅰ期(東棟)

渋谷も超高層ビルが増えましたね。 左上は「渋谷ヒカリエ」(地上34階・高さ182.5m)、左下は「渋谷ストリーム」(地上35階、高さ179.95m)です。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る