日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟


順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟は、学校法人順天堂が東京都文京区本郷2丁目に建設した地上21階、地下3階、高さ99.72mの高層病院です。 基本設計・監理及びプロジェクトアーキテクトは日本設計、実施設計及び施工は清水建設。 Ⅰ期工事の21階建ての建物は2013年12月に、Ⅱ期工事の7階建ての建物は2016年3月に竣工しました。



順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

2017年1月25日撮影。創立175周年事業として、またキャンパス・ホスピタル再編事業として建設されました。



概要

計画名順天堂大学キャンパス・ホスピタル再編事業(仮称)B棟建設工事
所在地東京都文京区本郷2丁目
最寄駅JR・東京メトロ「御茶ノ水」駅
建築主学校法人 順天堂
基本設計・監理
プロジェクトアーキテクト
日本設計
実施設計清水建設
施 工清水建設
用 途病院(464床)、高機能な災害拠点病院
敷地面積5,156.48㎡
建築面積3,008.80㎡
延床面積45,338.06㎡
階 数地上21階、地下3階
高 さ99.72m
着 工2011年4月
竣 工B棟(高層棟):2013年12月
B棟(低層棟):2016年3月(2016年4月15日竣工式)

[航空写真はこちら]



地図



2017年1月撮影

順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

2017年1月25日撮影。JR御茶ノ水駅近くのお茶の水橋から見た順天堂大学の建物群。中央がB棟です。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

B棟の高層部はⅠ期工事で2013年12月に竣工し、既に2014年3月に開院しています。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

Ⅱ期工事で南側に7階建てのB棟低層部が建設されました。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

低層部の屋上には庭園が整備されています。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

B棟低層部は2016年3月に竣工しB棟全体が完成。2016年4月15日竣工式が行われています。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

高層部の10~20階は病床(464床)です。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

文京シビックセンターから見たB棟。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

ズームイン。



《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る