日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都文京区


順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟


2015年12月撮影

順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

2015年12月9日撮影。御茶ノ水駅から外堀通りを西に歩いていくと順天堂大学1号館が現れます。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

1号館は1993年10月に開院しました。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

その隣りがB棟です。地上21階、地下3階、高さ99.72m。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

B棟の高層部はⅠ期工事で既に2013年12月に竣工し、2014年3月に開院しています。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

高層部の10~20階が病床(464床)です。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

Ⅱ期工事では2号館が解体され、高層部の前面に増築する形で7階建ての建物が建設されています。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

2016年3月にB棟(低層棟)が完成する予定です。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

この付近には順天堂大学の建物が並んでいます。ここでは外堀通りに面して建つ建物を紹介します。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

9号館です。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

講義室、研究室、実習室、会議室などがあります。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

10号館です。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

研究室、老研センター、カンファレンスルーム、会議室などがあります。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

9号館と10号館の奥に7号館・8号館もあります。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

センチュリータワーです。地上21階、地下3階、高さ91.08m。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

イギリスの著名な建築家ノーマン・フォスターの日本初の作品です。オフィスビルとして1991年に完成しました。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

2009年に順天堂大学が取得し、大学の一部として活用しています。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

御茶ノ水駅付近にあるお茶の水橋からは順天堂大学の建物を一望できます。センチュリータワーの紅白のアンテナが目立ちます。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

お茶の水橋はJR中央線・総武線と神田川を跨いでいます。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

B棟をアップで。Ⅱ期工事部分の屋上は庭園として整備されます。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

建築計画のお知らせ。




順天堂大学医学部付属順天堂医院B棟

ちなみに御茶ノ水駅のすぐ北側には東京医科歯科大学の建物が並んでいます。このあたりは大学の建物だらけですね。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る