TOP建設中・計画中TOP東京都千代田区


(仮称)九段南一丁目プロジェクト


東急不動産と鹿島建設が出資する合同会社ノーヴェグランデは、東京都千代田区九段南1丁目に所在する旧九段会館を一部保存しながら、オフィスを中心とした複合ビルに建て替えます。 規模は地上17階、地下3階、高さ75.0m(最高85.0m)、延べ面積約67,738㎡。 設計は鹿島建設・梓設計JV、施工は鹿島建設。 2022年7月に竣工する予定です。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

2021年3月14日撮影。北西側から。

東急不動産と鹿島建設は2021年6月8日、当事業において「健康」「安心・安全」をテーマに、アフターコロナにおいて都心部に求められる持続可能な新しい働きかたを実現し、SDGsへの貢献をはじめとする社会課題を解決する次世代型オフィスを提供することを発表しました。 オフィスワーカーや入居企業に提供するサービスや価値は以下の通りです。

◆こころと身体の健康、職場での繋がりを実現する新コンセプトの職域食堂の導入
◆こころと身体の健康に配慮し、入居企業のダイバーシティ経営を推進する付帯施設の導入
◆感染症と大規模災害の両方に備えたBCP計画

※付帯施設として専用の屋上庭園、健康家具、クリニック、仮眠室、礼拝所、オールジェンダートイレなどを計画しています。

◆東急不動産・鹿島建設 2021年6月8日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



完成イメージ

九段会館定借・高度利用事業

現地にあった完成予想図。 北東側から見ています。 新築部分の17階建てのオフィス部分には、お濠や皇居外苑を望む基準階面積約750坪のオフィスフロアを配置し、お濠沿いにはテラスを設けます。




九段会館定借・高度利用事業

[東急不動産・鹿島建設 2019年9月17日付ニュースリリース(PDF)より引用]

旧九段会館は、1934年に竣工した歴史的価値のある建築物として登録有形文化財に指定されています。 2011年の東日本大震災で大きな被害を受け営業停止に追い込まれていました。

保存部分は、創建時の姿を保存・復原し、宴会場だった「真珠」や「鳳凰」の内装も創建時の姿に復原の上、一般利用が可能なカンファレンス施設などに活用します。 保存部分の屋上には、ラウンジや庭園を計画しています。



概要

計画名(仮称)九段南一丁目プロジェクト、九段会館定借・高度利用事業
所在地東京都千代田区九段南一丁目5番1ほか(地番)
最寄駅東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線「九段下」駅 徒歩1分
建築主合同会社ノーヴェグランデ
(東急不動産、鹿島建設が本プロジェクトのために出資する事業会社)
設計・監理鹿島・梓 設計・工事監理業務共同企業体
施 工鹿島建設株式会社
用 途事務所、店舗、集会場、駐車場
敷地面積8,765.85㎡
建築面積5,106.90㎡
延床面積67,738.20㎡(ニュースリリースでは約68,108㎡)
構 造S造(CFT造)、RC造、SRC造
基礎工法直接基礎
階 数地上17階、地下3階
高 さ75.0m(最高85.0m)(ニュースリリースでは高さ約74.9m)
着 工2019年9月(解体工事:2018年5月7日~2020年7月31日)
竣 工2022年7月予定
備 考 ◆東急不動産・鹿島建設 2019年9月17日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆東急不動産・鹿島建設 2021年6月8日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2021年6月14日



地図

建設地まで、東京メトロ東西線・東京メトロ半蔵門線・都営新宿線の3線が乗り入れる九段下駅の4番出入口から徒歩1分ほどです。



2021年3月撮影

(仮称)九段南一丁目プロジェクト

2021年3月14日撮影。北東側から見ています。保存部分の外観はほぼ完成していました。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

その奥に新築部分の躯体が立ち上がっています。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

保存部は免震レトロフィットを採用し、躯体や仕上材の損傷リスクを軽減します。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

東側から。保存部分にはカンファレンス施設などを計画しています。内部も創建時の姿に復元します。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

南東側から。高層部は基準階面積約750坪のオフィスになります。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

その左手。「九段坂病院」と「高齢者総合サポートセンター・かがやきプラザ」を併設する複合施設(地上14階・高さ58.73m)があります。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

仮囲いには、ほのぼのとした絵が描かれていました。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

建設地北西側に移動しました。 建設地西側は牛ヶ淵(うしがふち)に面しています。 新築部分は11階くらいまで立ち上がっているようです。 17階建てなのでもう少し高くなりますね。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

[東急不動産・鹿島建設 2019年9月17日付ニュースリリース(PDF)より引用]

ほぼ同じ位置から見た完成イメージです。




(仮称)九段南一丁目プロジェクト

2022年7月に竣工する予定です。




(仮称)九段南一丁目プロジェクトの建築計画のお知らせ

「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る