日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

NHK放送センター建替


日本放送協会(NHK)は東京都渋谷区神南二丁目にある「NHK放送センター」を建て替え、「情報棟」、「制作事務棟」、「公開棟」を建設します。 2020年東京五輪後の2020年秋に「情報棟」の工事から着手。 最も高層である地上18階、地下1階、高さ約90mの「制作事務Ⅰ期棟」は、2030年に運用開始する見込みです。 2036年の全体竣工を目指しています。

◆NHK 2016年8月30日付公表資料(PDF)は→こちら


位置図

NHK放送センター建替

[NHK 2016年8月30日付公表資料(PDF)より引用]



棟構成

名称階数高さ延床面積
情報棟地上9階、地下1階約40m約70,000㎡
制作事務棟地上18階、地下1階約90m約160,000㎡
公開棟地上4階(一部)約20m約20,000㎡
NHKホール(継続使用)地上5階、地下2階41m21,080㎡

※高さは井の頭通り地盤面から。



事業スケジュール(予定)

◆2017年末 「情報棟」の設計・施工業者決定
◆2020年秋 「情報棟」着工
◆2025年 「情報棟」運用開始
◆2030年 「制作事務Ⅰ期棟」運用開始
◆2035年 「制作事務Ⅱ期棟」・「公開棟」運用開始
◆2036年 「人工地盤・駐車場」完成・全体竣工



全体概要

計画名NHK放送センター建替
所在地東京都渋谷区神南二丁目2番1(現在地)
最寄駅JR・東急・京王・東京メトロ「渋谷」駅
建築主日本放送協会(NHK)
設 計
施 工
用 途放送局
敷地面積82,645㎡
建築面積
延床面積約270,000㎡
構 造
階 数 情報棟:地上9階、地下1階
制作事務棟;地上18階、地下1階
公開棟:地上4階(一部)
高 さ 情報棟:約40m
制作事務棟;約90m
公開棟:約20m
着 工2020年秋予定
竣 工2036年予定
備 考 ◆想定建設費
第Ⅰ期「情報棟」:600億円 
第Ⅱ期以降「制作事務棟・公開棟」:1,100億円

情報更新日:2016年8月30日



地図

「NHK放送センター」は渋谷駅の北西側にあります。



航空写真

最も高層の「制作事務Ⅰ期棟」は「東館」の位置(矢印)に建設されます。



2016年2月撮影

NHK放送センター

現在の「NHK放送センター」。 最も高い「本館」は地上23階、地下1階、高さ101mです。 鉄塔(アンテナタワー)を含むと128mになります。(高さは公表資料より)




NHK放送センター

最も高層である地上18階、地下1階、高さ約90mの「制作事務Ⅰ期棟」は写真中央左に建設されます。2028年に着工し2030年に完成する見込みです。 建て替えにより最も高層の建物は「本館」の101mから「制作事務Ⅰ期棟」の約90mになり、10メートルほど低くなります。 全体の延床面積は228,346㎡から約270,000㎡へ約4万平方メートル増えます。




NHK放送センター

「本館」は2031年~2032年に解体される見込みです。 2030年の「制作事務Ⅰ期棟」完成時には「本館」と並び立つ姿が見られそうです。



現在の建物概要

名称階数延床面積竣工
東館地上8階、地下なし185,194㎡1965年9月
西館地上8階、地下1階1968年5月
本館地上23階、地下1階1972年10月
NHKホール地上5階、地下2階21,080㎡1972年10月
北館地上3階、地下2階19,126㎡1988年3月
ふれあいホール地上3階、地下なし2,946㎡2004年1月

※全体では敷地面積82,645㎡、延床面積228,346㎡です。
※東館は1964年東京五輪の国際放送センターとして使用されています。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る