日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画


三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業の7社は、千葉市美浜区の「幕張新都心若葉住宅地区」に居住人口1万人規模のマンション群を建設します。 総面積は17万5,819㎡。 住宅に加えオフィス・商業をはじめとする複合機能も備えます。 2019年3月から入居が始まる予定で、2029年春の完成を目指しています。


◆三井不動産レジデンシャル2017年3月16日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画 完成イメージ(北西側から)

(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス

[2017年3月16日付ニュースリリース(PDF)より引用]

2029年までに段階的に約4500戸が供給され、1万人が暮らす街になります。



配置図

(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス

[2017年3月16日付ニュースリリース(PDF)より引用](街区名を加筆しています)


(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクトは8街区で構成し、A街区に低層の店舗、B-1街区に9階建てマンション、B-2~B-7街区に超高層マンションが計画されています。

◆B-7街区:地上37階・503戸・高さ132.89m・2018年12月中旬竣工予定[詳細]
◆B-2街区:地上48階・826戸・高さ172.40m・2021年4月30日竣工予定 [詳細]

2018年1月17日現在、詳細が判明しているのは以上2街区です。その他の街区は変更される可能性があります。

◆B-3街区:地上46階・675戸・2022年竣工予定(計画)
◆B-1街区:地上09階・505戸・2024年竣工予定(計画)
◆B-6街区:地上37階・482戸・2026年竣工予定(計画)
◆B-4街区:地上46階・714戸・2027年竣工予定(計画)
◆B-5街区:地上37階・703戸・2029年竣工予定(計画)

なお、B-1街区は「ゾゾパーク ホンダフットボール エリア」(ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA)として暫定利用されています。



全体概要

計画名(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画
(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
所在地千葉市美浜区若葉3丁目
最寄駅JR「海浜幕張」駅
建築主三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
敷地面積175,809㎡(8街区)
総戸数約4,500戸
入居開始2019年度予定
完 工2029年春予定

情報更新日:2017年3月21日

[航空写真はこちら]



地図

矢印はA街区の西端を示しています





超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る