日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

名鉄 名古屋駅地区再開発


名古屋鉄道は、名鉄名古屋駅に商業、オフィス、ホテル、レジデンスを中心とした巨大複合ビルを建設します。 2022年度に着工する予定で、リニア中央新幹線が開業する2027年度の完成を目指しています。


◆名古屋鉄道2017年3月29日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



完成イメージ(北東側から)

名鉄 名古屋駅地区再開発

[名古屋鉄道2017年3月29日付ニュースリリース(PDF)より引用]

報道によれば、規模は地上30階、高さ160~180m、南北約400mとのこと。 まだ構想段階のため変更の可能性もあります。



配置図

名鉄 名古屋駅地区再開発

[名古屋鉄道2017年3月29日付ニュースリリース(PDF)より引用]

計画通りなら太閤通を跨ぐ巨大ビルが誕生します。 名鉄名古屋駅は拡張され、名鉄バスセンターも高速路線バスの集約化が進められ機能強化がはかられます。



全体概要

計画名名鉄 名古屋駅地区再開発
所在地愛知県名古屋市中村区名駅一丁目など
最寄駅「名鉄名古屋」駅、「近鉄名古屋」駅、JR「名古屋」駅、地下鉄「名古屋」駅など
建築主名古屋鉄道など
設 計
施 工
用 途駅、商業施設、オフィス、ホテル、住宅
敷地面積約28,000㎡
建築面積
延床面積
構 造
基礎工法
階 数地上30階
高 さ160~180m
着 工2022年度予定
竣 工2027年度予定

情報更新日:2017年3月31日

[航空写真はこちら]



地図

名鉄百貨店本店の入る名鉄ビル、近鉄パッセの入る名古屋近鉄ビル、ヤマダ電機の入る大手町建物名古屋駅前ビル、名鉄レジャックビル、日本生命笹島ビル、名鉄バスセンターの6棟が一体的に建て替えられます。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る